東チロル旅行記2014、四日目、たくさんの羊とエーデルワイス
「今日も他の動物がいろいろ登場するらしいにゃ・・・」  太郎ちゃんは最初に登場よ(笑)!
c0207698_173788.jpg

「ボクはゆっくり寝てるにゃ・・・」    お顔の肉がはみ出してるわね・・・(汗)。
c0207698_1732032.jpg

寝てる間にこっちからも撮影しちゃおう♪
c0207698_1733456.jpg

↑の状態の尻尾を見る度に、ヤマアラシを思い浮かべてしまうお世話係でありました^^;

-----------------------------------

旅行記、続きます。ここからは写真が多いので、適当に読み流し、またはスルーしてくださいね~。

滞在四日目もまた山歩きです。
この日は、この村(Bichl、1,493m)からスタートで、目標は、奥に写ってる山の中央の凹んだ部分の向こう側にある山小屋までです。今回のコースは、3年前に、植物のお勉強をしながら歩いた道と途中まで同じコースです。
c0207698_1734756.jpg

相方はこの日は、隣の谷をマウンテンバイクで走りましたが、出発地点(駐車場)は同じ場所からでした。

c0207698_174124.jpg歩くこと約一時間、道の分かれ目に来ました。
目標の山小屋(一番上のSajatütteの表示)までは後二時間となってます。

一番下に”Hunde an die Leine(犬はリードに繋いでおきましょう)”と注意書きがあるのですが、犬(Hund)という単語を線で消して、その下に犬の名前を書いた落書きが・・・。

なんでこんな落書きするんでしょうね??本人は楽しんでるのかな?
山歩きをしてると、たまに道標に落書きがあるのを見つけるんですが、その度にがっかりしてしまいます。

スタート地点の村にいる時から既に遠くからアルプスマーモットの鳴き声を聞くことができましたが、スタートから約2時間後の地点で、その姿を見ることができました!
c0207698_1741180.jpgc0207698_1742625.jpg

山小屋も近い場所になると、今度は放牧されてる羊たちに出会いました。
c0207698_175484.jpgこの羊、下山中のこの男性の後ろをずっとついて行ってて、リュックサックをずっと舐めたりしてたんですよー(笑)。

c0207698_175262.jpgかなりしつこい羊で、ずっと離れません(笑)。

近くにいたハイキング客はこれを見ながら皆大笑いしてました(笑)。

やっとあきらめた羊、でも今度は、右に写ってる女性(青い服の人)にしつこくついてまわってました(笑)。
c0207698_1755573.jpg

c0207698_1762721.jpgそして次のターゲットは私!

「何も持ってないわよー!」と何度も言ったら、あきらめてやっと離れてくれました^^;

ここはもう山小屋の近くで、標高も2,600m近くあり、傾斜もかなりあるので、こういう場所では牛ではなく、羊やヤギが放牧されてたりします。
c0207698_1771597.jpg

山小屋はもう目の前に見えてます。羊の集団に追い抜かれました^^;
c0207698_1772753.jpg

c0207698_1774035.jpgまだまだ後方からもやってきてたので、道を譲ってあげました(笑)。

そして山小屋まで後5分ほどとなった時、道沿いにエーデルワイスを発見しました!
c0207698_1775260.jpg

この時見つけたのは全部で4輪です。
c0207698_17885.jpgc0207698_1781894.jpg

パッと見た感じ、他には咲いてなさそうだったので、とりあえず山小屋へ行きました。
スタートから約3時間で到着です!約1,100m登ってきました! Sajathütte、2,600m
c0207698_1783276.jpg

この山小屋、2,001年の4月に雪崩で完全崩壊してしまい、その後、多くの寄付などもあり、すぐに新しい小屋が建てられ、翌年2,002年の6月に新しい小屋の落成式があったそうです。

山小屋の後ろの景色です。真ん中の一番高い山はクライミングコースになってて、この日もたくさんのクライマーが挑戦してました。見てるだけで怖かったー(汗)。
c0207698_1784428.jpg

山小屋の中が満席でとても何かを注文できる雰囲気ではなかったので、もう一度エーデルワイスを探すことにしました。
すると!たくさん咲いてましたー!!
c0207698_178554.jpgc0207698_179471.jpg

咲いてるのを最初は全部撮影してたんですが、かなりの数咲いててきりがなかったので、途中で止めたくらいです^^;
c0207698_1791624.jpgc0207698_1792426.jpg

エーデルワイスを撮影し終わって山小屋に戻ったら、中はガラガラ状態になってたので、軽く何か食べることにしました。
c0207698_1793743.jpg

c0207698_1794819.jpg”山小屋スープ”というのを注文しました。
ここの山小屋スープは大麦のスープでした。
ソーセージ入りを注文しました。

c0207698_1710048.jpg食事後は同じ道を下山です。

またアルプスマーモットの姿を見ることができました♪

そして歩き続け、駐車場は目の前・・・となった時、放牧されてた牛が牛舎へ戻ってる最中でした。4頭いましたが、牛飼いの人などは側にいなくて、自分たちだけで戻ってるのには感心しました。
c0207698_17101486.jpg

しかし!ちゃんと戻ったのは2頭のみ(笑)。残りの2頭は、そのまま真っ直ぐ進んで行ったのでどこに行くのやらと見てたら、チャペルのある方向へ・・・。道草ですね(笑)。そこで草をむしゃむしゃと食べてました(笑)。
c0207698_17102568.jpg

その後牛飼いさんがやってきて、「こらー!戻れー!」となったのですが、牛たち、逃げてました(笑)。その後牛飼いさんも追っかけをあきらめ、スマホをあれこれといじって時間つぶし、牛たちはまたのんびりと草を食べ続けてました(笑)。

その後また宿へ戻り、夕食に出かけました。
c0207698_1710449.jpgこの日の夕食は、地元でも評判のレストランへ。
3年前もここで二回食べて大満足だったのですが、この日もまたまた大満足!

奥は相方のグラーシュとじゃが芋を蒸かしたもの。
手前は私ので、豚肉のステーキをトマトと一緒にモッツァレラで包んで焼いたものと、じゃが芋を焼いたものです。
お肉も美味しかったけど、じゃが芋を焼いたのが、これまで食べたことのない美味しさで大感激でした!

次回はこの日のお花をアップします。相方もエーデルワイスを発見してました。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2014-08-11 18:32 |
<< 太郎も先輩 | ページトップ | 太郎を測定 >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin