ストーカーされる太郎&人面石?(&お花)
久々に暗くなった時間のお散歩をやりました。
c0207698_237382.jpg

なんだかちょこまか動くのが後ろにいるなあと思ったら、ベスターくんがついてきてました。
「あんちゃん、またあの紐着けて歩いてるにゃ」。  遅い時間はいつもこうなのよ~。
c0207698_2371518.jpg

べスターくんがいるのに気付いてますが、この時間はそんなの無視、無視!・・・の太郎です^^;
「この時間はチビにはかまってられないにゃ」。  暗い時のお散歩、楽しいものねぇ。
c0207698_2372540.jpg

でもず~っとついて来て、時々ぴょんぴょん跳ねるように太郎の後を追ってくるベスターくんです。
太郎:「あいつ、どこまでついて来るつもりだにゃ」。
c0207698_2373568.jpg

「まったく・・・、ストーカーもいい加減にするにゃ」。
c0207698_2374727.jpg

太郎自身、昔はご近所猫さんのことをストーカーしてたのは全く忘れてしまってるようです^^;

------------------------------

さて、前回までの記事の山歩きの場所というか、相方は私が下ってくるのを待ってる間、川沿いをお散歩したりしてたそうです。その時に、相方、こんな石を見つけて持って帰ってきてました。相方は石が好きで、私は、自然界の石は持って帰るなと言ってるのですが、相方自身、「山に聞いてから持って帰ってる!」とか言います(汗)。いつも持って帰ってるわけではありません。
c0207698_3513549.jpg

これ、私が気付いたのですが・・・、私には、この石が、修道女のように見えてなりません。顔、ベール、左袖・・・、全てがそんなふうに見えてしまうんです。で、相方も、「言われてみれば・・・」となったわけですが、「山はこの石は持って帰っていいと言った(他の石はダメだったらしい、汗)」とか言っちゃって(汗)。
なんだかとっても不思議な雰囲気の石。今まで石に注目ってあんまりなかったんだけどなあ。この石は大事にした方がよさそう^^;

-----------------------------

エーデルワイスを探してる間に見かけたお花を↓に畳んでアップしてます(エーデルワイスとシルバーディステル以外)。 写真多いので適当にスルーしてくださいね~^^;



今回は撮影した順にアップしてます。ということで、後になるにつれ、標高が高い場所での撮影になります。

これはもう咲き終わり頃の状態です。群生してました。
・Gelber Enzian(イエロー・ゲンティアン)(Gentiana lutea) リンドウ科
c0207698_238175.jpg

こちらもまとまってあちこちにたくさん咲いてました。
・Wiesen-Flockenblume(ヤグルマアザミ)(Centaurea jacea) キク科
c0207698_2381377.jpg

・Nesselblättrige Glockenblume(ヒゲギキョウ)(Campanula trachelium) リンドウ科
c0207698_2382422.jpg

・Geflecktes Knabenkraut(ヒース・スポッテッド・オーキッド)(Dactylorhiza maculata) ラン科
c0207698_2383819.jpg

・Sumpf-Herzblatt(ウメバチソウ)(Parnassia palustris) ウメバチソウ科
c0207698_2384753.jpg

・Kleine Glockenblume(フェアリー・シンブルズ)(Campanula cochleariifolia) キキョウ科
c0207698_2385982.jpg

・Fetthennen-Steinbrech(イエロー・サクシフリジ)(Saxifraga aizoides) ユキノシタ科
c0207698_239934.jpg

・Ungarischer Enzian(Gentiana pannonica) リンドウ科
c0207698_2392278.jpg

・Saat-Esparsette(イガマメ)(Onobrychis viciifolia) マメ科
c0207698_239337.jpg

こちらは”狼殺し”とも呼ばれるトリカブト・・・。
・Wolfs-Eisenhut(ウルフス・ベーン)(Aconitum lycoctonum) キンポウゲ科
c0207698_239458.jpg

このマツムシソウ、ドイツ語名は直訳すると”森の未亡人花”になるかしら。由来は、多くの花が五つの部分で構成されてるのに対しこの花は四つからで、一つ”なくしている”から・・・とかなんとか書いてありました。
・Wald-Witwenblume(Knautia dipsacifolia) マツムシソウ科
c0207698_2395620.jpg

・Mücken-Händelwurz(テガタチドリ)(Gymnadenia conopsea) ラン科
c0207698_2401767.jpg

・Weißer Germer(バイケイソウ)(Veratrum album) ユリ科
c0207698_2403075.jpg

・Gemswurz-Greiskraut(Senecio doronicum) キク科
c0207698_2404035.jpg

こちらとその一つ下のは同じのだと思いますが・・・、似たような花がたくさんで特定には至らず(汗)。
・エンツィアン リンドウ科
c0207698_2405170.jpg

c0207698_241289.jpg

・Alpen-Leinkraut(アルパイン・トードフラックス)(Linaria alpina) オオバコ科
c0207698_2411564.jpg

・Felsen-Leimkraut(Silene rupestris) ナデシコ科
c0207698_2484222.jpg

・Alpen-Aster(ミヤマノギク)(Aster alpinus) キク科
c0207698_2485947.jpg

・Schwarzes Kohlröschen(Nigritella nigra) ラン科
c0207698_2491733.jpg

・Clusius-Enzian(トランペット・ゲンティアン)(Gentiana clusii) リンドウ科
c0207698_2493015.jpg

こちらのエンツィアンも特定に至らず~。
・エンツィアン リンドウ科
c0207698_2493936.jpg

・Stängelloses Leimkraut(コケマンテマ)(Silene acaulis) ナデシコ科
c0207698_2495074.jpg

[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2013-08-31 06:03 |
<< かくれんぼして遊ぶ | ページトップ | エーデルワイスを求めて(後編)... >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin