湖沿いのチロルの山へお出かけ、その1
太郎、またまた、『ドンタコスな日々』のドンタコス下僕さんちのとある倶楽部に入会させていただきましたよ~!こちらがその会員証です♪
c0207698_21424454.jpg

入会させていただいた倶楽部の名は、”妖怪ぺろりんちょ倶楽部”。ぺろりんとやってるお顔だけをこうやって見るとけっこう怖いものがあるかも(*_*) 倶楽部には、かわいい子ももちろんいますよ~^^
下僕さん、ありがとうございました!

それから、この写真もアップしなきゃと思いつつ、すっかり忘れてたんですが、思い出した今アップすることにしました^^;
c0207698_21481534.jpg一ヶ月ほど前に飲んだポルトガルワインです。
ブロ友さんちでけっこうよく見かけるこの猫柄のボトルのワイン、日本でも購入可能のようですね。
REIさん宅訪問時のまかないさんの記事、梅酒を漬けられたtokidokitasuさんの記事、ソランくんの表情がとても素敵なANKOさんの記事で同じボトルを拝見しました。
軽くて飲みやすいこのワイン、すぐに空になりましたよ~。 もちろん一人で飲みましたともー(笑)。

そういえば日本では猫ラベルのドイツワイン(”Katz”という名で、青や緑のボトル)をよく見かけましたが、私が住んでる地域ではそういったワインは全く見かけません。
ドイツでも売ってるのかしら・・・??


さて、先日の一泊旅行の記事を今日から始めますー。
今朝(日曜日)もそうだったんですが、出発の日(水曜日)、元・ご近所猫さんのネコチャンがテラスで待ってたのでご飯をあげました。ご飯をあげても相変わらず私と太郎にはシャーシャーするネコチャンです。
c0207698_2204614.jpgc0207698_221158.jpg

c0207698_2213816.jpg「ネコチャンが来たにゃ!」と、喜ぶ太郎。
この日、出発までは余裕で時間があったので太郎のお散歩もしていったのですが、ネコチャンを追いかける太郎と一緒に私も慌てて走ることに。そして、ネコチャンが、今住んでる場所に戻るために、交通量がけっこう多い道路を渡る瞬間も目撃しました。
車が来てないか左右確かめて、一台の車が通り過ぎた後に道路を渡ったネコチャン。ちゃんと確かめてるとはいえ、危ない・・・。
どうぞ今後、事故に遭うことだけはありませんように。

太郎とのお散歩の後、出かけた場所は、オーストリアのチロル地方にある、アッヘンゼー(アッヘン湖、Achensee)という湖です。ここへはうちからは車で一時間半と日帰りも可能で、過去にこの周辺の山をハイキングしたこともありますが、今回は一泊することにしました。

続きは↓に畳んでアップしますね。お時間ある方はよかったらどうぞ。



ここから先、コンデジ、デジイチの画像が混じってますので、サイズが一定ではありません。あしからず・・・。

うちから約一時間ちょっとで国境越えです。といっても何もありませんけどね~。カーナビも何も言わないし(日本では、県境越えると”○○県に入りました”とか言いますよね?)。 ”Tirol”と刻まれた石碑もあります。
c0207698_22255857.jpg

そしてその先にあるのは旧国境検問所です。今は誰もいないのでひっそりとしています。
c0207698_222924.jpg

そして数分走ると、湖が見えてきましたよ~!これがアッヘンゼーです。
c0207698_2231012.jpg

道路沿いの駐車場に車を停めて湖を眺めます。湖向こうに見える村はペルティサウ(Pertisau)という村です。実は私、今回はここに宿泊するとばかり思ってたんですがねぇ・・・、相方が予約した宿は全く違う場所に位置しておりました(涙)。
c0207698_22332450.jpg

そしてまた車を走らせ、宿に到着です。まあ、一泊だけだからいいけど・・・、でも、一泊だけだからもっといい場所に泊まりたかったような・・・。夜はけっこう車の音がうるさくて気になってしまいました。
c0207698_22354452.jpg

宿のすぐ側には、観光客に大人気の蒸気機関車(Achenseebahn)の駅がありました。公共の交通機関を利用してくる人には便利な場所ですね。
c0207698_2238067.jpg

とりあえずチェックインを済ませ、これまた宿のすぐ側にあったロープウェイ乗り場からロープウェイに乗って、1,840mの山の上まで一気に登りました。
下から見た山の景色はたいしたことなかったのに、ロープウェイから下りた途端この眺め!だから山は止められない~(笑)。
c0207698_22434720.jpg

しかし、一つがっかりすることが。↑の写真でも真ん中辺りにもそれを利用してる人の姿が見えてますが、ここには、”Airrofan”というアトラクションが設けられてて、乗り場には行列ができるほどの大人気となってます。ロープウェイの山頂駅付近と、Gschöllkopf(2,039m)の間をケーブルで繋いであり、鳥の様にこの間を往復できるわけなんですが、これを利用する客の叫び声が非情にうるさいのです。
c0207698_22521297.jpgc0207698_22554251.jpg

この叫び声を聞いていると、遊園地にいるような気分になってしまいます。相方は、「オクトバーフェスト会場みたいだ」と言ってました(オクトバーフェストには移動遊園地があります)。私は今まで何度もオーストリアの山に行ってて、なぜこんなものを山の上に作るのかと思うようなものを目にする機会がよくありましたが、また今回もそうなってしまいました。

さて、ちょうどお昼時だったので、ハイキングを始める前に腹ごしらえです。ロープウェイ山頂駅のすぐ側にあったこちらの山小屋(Erfurter Hütte、1,834m)で食事です。
c0207698_2324656.jpg

c0207698_2342996.jpg私はベーコン入りのクヌーデルスープ(サラダ付き)、相方は同じベーコン入りクヌーデルのザウアークラウト添えを注文しました。
クヌーデルは腹持ちがいいので、山歩きの前の食事には最適です。

食事を終え、さあ出発~と歩こうとしたら、牛が一匹トラックで運ばれてきました。何かあったのかしら。
c0207698_237355.jpg

豚さんもいましたよ~。
c0207698_2372120.jpg

そして今からこの道を出発です!
c0207698_2374627.jpg

続きは次回に~。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2012-07-22 23:09 | お出かけ
<< 湖沿いのチロルの山へお出かけ、その2 | ページトップ | サラダの後は・・・ >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin