捕まえられる距離
ここ数日、太郎と一緒に外に出ると、うちの庭の近くでキツツキをよく見かけます。今日もやって来ました。
室内から窓越しのズーム撮影ですが、こんな姿です。
c0207698_23311175.jpg日本ではキツツキは見たことなかったんですが、木にとまってる姿、それから木を突く姿からすぐにキツツキだと分かりました。
でも正式名称は、”アカゲラ独:Buntspecht)”というようです。
実際にはキツツキという名前の鳥はいなくて、キツツキというのはキツツキ目キツツキ科に属する、かなりの数の鳥の総称なんだそうです。

c0207698_23374020.jpgお腹、それから後頭部が赤い色になってます。
ここを突いて、何をやってるんでしょう?
エサ探し?それとも巣作り??
キツツキの巣がこんなところにできたら、ちょっと楽しいかもー(笑)。

鳥といえば、先日、アムゼル(和:クロウタドリ)が目の前にいて、飛んでいかないもんだからちょっと緊張してしまいましたよー。こんな近くにいるもんだから、太郎もドキドキ(笑)。
c0207698_2353438.jpg

c0207698_23534036.jpg↑のアムゼル、よく見えませんが、拡大するとこうなります。
このアムゼル、太郎と私に全然気付いてないんですよ。

もちろん太郎はその間ずっと「ミャミャミャッ!」と言ってました^^;
c0207698_23554031.jpg

もちろん捕まえようとして飛び掛りましたとも!でもヒモ付き猫ですしね~、もちろん無理でした(笑)。太郎はとっても悔しそうでした。同じドイツ在住の2にゃんは観察だけで十分楽しそうですが、太郎は観察だけではダメ、すぐに捕まえようと走り出します・・・(自宅内でも、汗)。外で、一緒に走る羽目になる私は正直大変です(汗)。ヘルニアの痛みもまだありますしね(涙)

それと、7月末から置きっぱなしになってたお隣さんのこの黒いカバーですが、
c0207698_23585275.jpg

なんと!昨日、片付けられました~!片付けたのは、時々お外のお掃除にやって来る人たち。昨日と今日、うち周辺の一斉掃除が行われてるようなんですが、このカバーも一緒に片付けられました。
c0207698_01691.jpg

このままこの上に大量の雪が積もっても地面にもよくないでしょうし、片付けられてすっきりしました♪

------------------------------

二日前に用事で町へ行ったので、通りがかったところでまたまた1杯やってきました(笑)。
こちらは、前回記事の、クランプスの行進が終わった場所です。町のあちこちに小さなマルクトがあるんですよ。
c0207698_05112.jpg

こちらの店のグリューワイン、”Kirschglühwein”を飲んでみました。Kirshce=サクランボ
c0207698_082326.jpg

このグリューワイン、サクランボ(※果汁です)が入る分少しさっぱりした味にも感じましたが、予想以上に美味しかったです!また飲みたい~~!
c0207698_0111647.jpg

[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2011-12-16 06:08 | 猫&いろいろ
<< 太郎とお隣ワンコ | ページトップ | ドイツのなまはげにぐちゃぐちゃ... >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin