日本一の吊橋を渡り紅葉を堪能
まずはうまうま画像から~。

帰省すると必ず行く、友人夫妻が経営するナポリピッツァのお店でのランチです。友人の、「ビールは飲まんでよかとね!?」の一言で、ビールも追加オーダー(笑)。日本にいる間、ランチでのビールは我慢してたんですけど、ここで限界が~^^;
c0207698_23593613.jpgc0207698_01377.jpg

ランチタイムのピザには、赤ベース、白ベースがあるのですが、プラス100円でハーフ&ハーフにしてもらえます。ビールはイタリアのビールですよ~。ピザは、中がモッチモチで最高!!

c0207698_062735.jpgデザートは私が大好きなバナナタルト♪
バナナがどーーん!と入ってて、ボリューム満点です。
「全部食べきるね!?」の友人の心配をよそに、ペロッとたいらげちゃいました^^
ああ、幸せ~~♪

c0207698_010427.jpg友人夫妻のこのお店、『真のナポリピッツァ協会日本支部』の認定店なので、本場と同じ味を楽しめると思います(本場で食べたことはないけど・・・、笑)。
これはお店の前に掲げてある、認定店であることを示す看板です。
日本では現在、35店舗くらいあるようです。

そしてお出かけの話題です。今回は、大分県は九重町(ここのえまち)にある、『九重夢大吊橋』です。2006年に完成した、日本一高くて長い歩行者専用の吊橋を、母、姉夫婦と一緒に見に行きました。
c0207698_0235888.jpg今回はJRを利用して行きました。
行きも帰りもこの赤い列車、「特急ゆふ号」に乗りました。
車内もとてもきれいでした。日本の列車はやはりいいなあ。

c0207698_0275838.jpg豊後中村駅という所で下ります。
藁葺き屋根のこの駅舎は、今年、この形に建て替えられたそうです。
列車を下りた後は、路線バスに乗り換えです。

そして、到着しましたよ~。さあ、今からここを渡ります。高所恐怖症の私、大丈夫かしら?
c0207698_0373992.jpg

いったん畳みます。続きは↓に~。



入場料500円を払って、高さ173m、長さ390mの橋を渡ります。端の方はかなり揺れて、けっこうドキドキ^^;
c0207698_0393585.jpg

11月始めの方でしたが、紅葉し始めててきれいでした。ちょっともやがかかったような天候だったのが残念・・・。
c0207698_040863.jpg

c0207698_0402258.jpg

c0207698_0404386.jpgこの日はそこまで混雑もしてなく、歩きやすかったです。
開通当時は来訪客が多くて、入場制限もかかってたようです。
ちなみにこの大吊橋、年間で30万人の来訪客が目標だったそうですが、なんと、開通からわずか24日目で年間目標である30万人を達成したそうです。
入場制限がかかるのも分かるような気がしますね^^;

c0207698_0464350.jpg中間地点までやってきました。
残り半分、がんばって渡ります!
でも、帰りも渡らないといけないので、半分ではないのですが(笑)。

やっと渡り終えました~。橋の上は、何名かの警備員の方が常に歩いてあります。
c0207698_0493122.jpg

c0207698_0494763.jpgアイスを食べて一休みです。
ラベンダーソフト、うまうまでした♪

ちなみに、このソフトを食べながら橋を渡るのは禁止されてます。
他にもいくつか禁止事項があって、例えば、ペットと一緒はもちろんダメ、傘をさしての歩行も禁止です(現地では合羽も販売してました)。

紅葉と橋。
c0207698_0544557.jpg

そしてまた橋を渡って、元の地点まで戻り、駐車場のそばにあるお店でランチをしました。
c0207698_0561480.jpg”山もみじうどん”という名のうどんを食べました。
山菜と半熟卵がうまうまでした♪
もちろん麺も♪

午後になって、来訪者の数もどんどん増えてきてました。
c0207698_059189.jpg

そしてまたバスと列車に揺られ、自宅へと向かいました。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2010-12-02 23:59 | 日本2010
<< 今年も顔を突っ込んでます | ページトップ | 太宰府で秋の花にふれる >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin