山の野生動物達
ご訪問させていただいてるsnowdropさんのブログ、Siasses Lebnでゲムゼ(日本語ではシャモア、もしくはアルプスカモシカ)の話題が出てました。コメントで、「私も画像あるので載せます!」と書いたら、早く載せたくてしょうがなくなってしまったので(笑)、今回は、今年の夏オーストリアの東チロルで出会った野生動物達の画像を、景色と一緒にご紹介したいと思います。

夏になるとここ数年は山に行くことの多い私達夫婦です。夏の山では放牧されてる動物達に会うことができますが、その他に、野生動物にも出会うことが時々あります。昨年まで持ってたカメラはズームが2倍しか効かなくってなかなか撮影もできませんでしたが、今年からは以前のよりはもっとズームが効くカメラを使用してますので、今年の夏は、2種類の野生動物の撮影に成功しました。
まずは、ゲムゼ。ここでは一頭だけ見ました。
c0207698_22391068.jpg

けっこう大きく写ってますが、実際に発見したのはこんな所。右上の茶色の柵の部分に私達はいて、ゲムゼがいたのは、川の左側の急斜面の所でした。
c0207698_22411136.jpg

緩やかな所にいるように見えますが、上の写真のように本当に急斜面なんですよ。
c0207698_22445314.jpg

この後、茂みの方へ隠れて行ってしまいました。
c0207698_2246366.jpg

ちなみに、ハイキングで行き着いた先はこんな所。湖の向こう側の雪の上を、雪うさぎっぽい動物が走ってるのが見えましたが、これはちょっと遠過ぎて撮影は無理でした^^;
c0207698_2249142.jpg

雪うさぎというと、私は、「♪雪うさぎ~、雪うさぎ~、あなたのお目々はなぜ赤い~♪」と歌いたくなってしまいます。あ、ご存知ない方はごめんなさい(汗)。



そして後日、別の場所でのハイキングの最中、相方はこんなものを食べました。
c0207698_22551870.jpg

とある山小屋での名物料理、ゲムゼの煮込み料理です!クヌーデル、赤キャベツ、フルーツ添え。ちなみに、左のスープは私が食べたニンニクスープ。
その日、既に軽く食事はしてたので改めてここで食べる必要はなかったのですが、相方がこれをどうしても食べたいと言い出し、「お腹はあまり減ってないけど、この料理が有名だと聞いてやってきた。少し量を減らして注文したいのだが…」と言うと、山小屋の方、快くこの注文を引き受けてくださいました。
そしてお味は…、相方大絶賛!ここまで「美味しい、美味しい!」と言ってるのを聞いたことがないほど、この言葉を連発してました。私はこういった肉料理がちょっと苦手なので味見だけしましたが、私でも「あら、これ美味しい!」と思ったので、お肉料理が好きな方には絶対にお勧めのお料理です。お値段もとっても良心的で、この味、この量では、私が住んでる街ではありえない値段でした。
下の画像は、このお料理を食べた山小屋。ちょうど牛達が牛舎に帰ってる最中でした。
c0207698_235298.jpg

そして次はマーモット。ハイキング中はあちこちでけっこうその鳴き声を聞いたり、巣穴からひょっこり姿を見せてる所を見かけたりしたことがありましたが、今回の画像は、グロースグロックナー山岳道路の途中にある、展望所の近くで撮ったものです。
c0207698_2312134.jpg

氷河をバックに…。
c0207698_23122347.jpg

周りの景色。左側の一番高い山はオーストリア最高峰、グロースグロックナー(3,798m)です。氷河は、温暖化のせいで毎年規模が小さくなってきています。
c0207698_23135389.jpg

ちなみに、展望所の駐車場付近にいるマーモットは、餌付けされてるせいか、通常のマーモットに比べ警戒心が少なく、餌をねだってこんな格好で待ってたりする時もあります。このマーモット、ちょっと食べ過ぎ(笑)?
c0207698_23154531.jpg

山岳道路付近はマーモットがたくさん生息しているため、道路脇にはこんな標識も立ってます。
c0207698_23181595.jpg

[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2009-10-23 00:01 |
<< お世話係を痛めつける太郎 | ページトップ | ヒヤヒヤ >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin