タグ:獣医さんでのこと ( 8 ) タグの人気記事
Top▲ |
獣医さんに行ってきました
昨日は一年に一回の、太郎のワクチンに行ってきました。

相方が帰ってくる前は何も知らずにのんびりと寝てた太郎です。ミルカちゃんがテラスにいたので、それが気になって外を見てます。
c0207698_190792.jpg

相方帰宅と同時にキャリーの中に太郎を入れ、早速出発! 車の中での撮影です。
c0207698_1902197.jpg

「出してにゃ~!アオーン!」   毎度のことですが、大変でした(汗)。
c0207698_1902974.jpg


車の中、病院での待合室、ずーっとアオーンと鳴きっぱなしで大変でした(汗)。
車の中での様子を動画に撮ってみました。 ご覧になられる方、音量にご注意くださいませ!


診察室で、キャリーの蓋を開けたら、太郎は石になってました^^; 今回は院長先生が診てくださったんですが、院長先生と相方が話してる間、ずっとこの状態でした(笑)。
c0207698_190417.jpg

ワクチンのために、診察台の上に乗せられた太郎です。
c0207698_1905097.jpg

またまたアオーンと鳴いてました^^;  院長先生も感じのいい先生で評判もとてもいいのですが、太郎は男性が苦手なので、代診の先生(全て女性)の前での方がアオーンと鳴くことはなかったかも^^;
c0207698_1905883.jpg

ワクチン接種も無事に終わり、今回は、太郎がリード無しで自由に外を歩いてるということで、マイクロチップも入れてもらいました。マイクロチップ代は約25ユーロ、これに最終的には19パーセントの消費税もプラスされます。 その後、自宅でネットで登録しました。
気になる体重は、昨年、一昨年ともに6.4キロ前後でしたが、今回は6.1キロ。以前より太ってなかった(笑)!
測定前に、「ちょっと太り過ぎてるかも・・・」と言ったら、院長先生は、「いや、この体型だったらそんなことはないですよ」と言ってくださったので、その時点でホッとしてた私です^^;
あと、虫下しの錠剤を3ヶ月ごとに飲ませるようにともらってきて、今朝、無事に1錠飲ませることができました。

さてさて、次回の獣医さん行きは、また一年後で済みますように!一年に一回とはいえ、毎回本当にドッと疲れます・・・。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2014-10-10 19:15 |
ガタガタ震えっぱなし
金曜日、獣医さんへ出発する10分前の太郎。
c0207698_23513644.jpg

気持ちよ~く寝てましたが、相方が帰ってきたのと同時に起きたので、ベッドの下に隠れこまないよう他の部屋のドアを閉め、そしてキャリーケースの中へ。キャリーを縦にして足側から突っ込んでもすごい力で出てくるので、キャリーは斜め45度くらいにして、太郎自身を頭の方から突っ込んでなんとか出発OKに。

以前は車の中ではキャリーの網の蓋部分は開けてましたが、一度出たらもう中には入れるのは無理だし、獣医さんまで5分もかからないので太郎にはそのままでがんばってもらいました。下のマットが奥にずれたまま・・・。
c0207698_23515528.jpg

キャリーに入れられた瞬間から「アオーン、アオーン!」と鳴いてた太郎・・・。この鳴き声は獣医さんに行く時しか聞かれません^^;
車の中で鳴いてる最中の様子です。 一回だけ大声で鳴きます!音量に注意してくださいませ~。


診察室で、初めて写真を撮ってみました。先生が部屋を離れた時に慌てての撮影なのでぶれぶれです。
c0207698_23534121.jpg

緊張感から毛がたくさん抜け落ちてます。見てはっきり分かるほどガタガタ震えてて、逃げ出したいけど怖過ぎて動くこともできない状態の太郎でした。
c0207698_23535057.jpg

診察結果は問題なし!口の中を見て、「すごくきれいな歯をしてるわね~」と褒めてもらった太郎でした。体重測定を忘れられようとしたので、ワクチン、虫下し錠剤接種後に測定。結果は6.37kg、昨年は6.4kgだったので特に増えてませんでした!最初に触診で診てもらった時も、「立派な体格ね~。でも太り過ぎとかではないわよ~」と言ってもらえてちょっとだけ安心^^;
待合室でも1~2分ほどしか待たなくてよかったので、自宅を出発して戻ってくるまで30分以内で終わって、あっという間に終わりました。自宅に戻ってからの太郎は、やっといつものかわいらしい鳴き声になって私もホッとしました(笑)。
さて、今後何も問題なければ次はまた一年後です。それまで獣医さんのお世話にはならなくて済みますように!
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2013-10-27 05:08 |
ワクチン接種
先月末、獣医さんから一枚のハガキが届きました。
c0207698_44434.jpg

ちなみに裏はこんなデザイン。
c0207698_4443290.jpg10月は太郎のワクチン接種の月です。
昨年のワクチン接種の日以来、今回も無事に獣医さんにお世話になることはありませんでした。

今後もまた健康に過ごせるよう、どんなにアオーンと悲しく鳴かれようが、この日は太郎にはがんばってもらわなくてはなりません!
重い太郎を運ぶ私たちもがんばらなければなりません(笑)。

今日は一日中とてもいいお天気でポカポカ日和でした。ワクチン接種は夕方からの予約。お昼頃お散歩に出たら、暑かったのかしら、夏みたいにテーブルの下で休憩し始めた太郎です。
c0207698_4504769.jpg

お散歩終了後に、キャリーを準備しました。中に入ってチェックをする太郎です。
「これ、なんか覚えてるにゃ・・・。嫌な予感がするにゃ・・・」。 太郎ちゃん、気のせいよ(汗)!
c0207698_4521930.jpg

その後はいつものようにぐっすりお昼寝です。
c0207698_4541093.jpg

相方が帰ってくる頃、目を覚ましました。無理に起こさずに済むからよかったあと思いましたが、それは間違いだったかも(汗)。
c0207698_4545742.jpg

「外、まだ明るいにゃ。夕方のお散歩に行くかにゃ?」。 太郎ちゃん、今日は無理なの・・・。
c0207698_45537100.jpg

太郎もベッドから起きたので、さあ、今から行くわよ~~と、太郎をキャリーに入れようとしたんですが、これがもう、今までにないくらいの抵抗にあいました(汗)。逃げまくる太郎を二人がかりで捕まえて、中に入れようにもなかなか入らず(-_-;)
なんとか入れて地下駐車場へ行くものの、既に「アオーン!アオーン!」とものすごい声で鳴くので、ご近所さんがびっくりしてました(汗)。
車の中、それから獣医さんの待合室でも「アオーン、アオーン!」と、普段とは全く違う鳴き方の太郎でした。そして診察室でも今回は珍しく鳴きました(今までは、診察室では震えてて何もできない状態でした)。診察台の上では、緊張から抜け毛がひどいし、たくさん汗をかいてて診察台の上にたくさんの肉球スタンプができてました^^;
診察の結果、全て健康と言われ、一安心。ワクチンの注射をやってもらい、あと、リード着けてとはいえ毎日外に出てるなら虫下しも飲んだ方がいいと言われ一錠その場で摂取。そして気になる体重は・・・、昨年は6キロでしたが、今年は、6.4キロでしたー。400グラムも増えちゃった(汗)。
これ以上太らせないように気をつけなくちゃと思ってお散歩にも連れてってるんですけどね~、食べる量がやっぱ多過ぎるみたい(-_-;)

ということで、虫下しは太郎の場合は一年に2回がいいと言われたので、半年後の錠剤は既にもらってきました。その間、なにもなければまた一年後にワクチン接種です。
また今後一年間、獣医さんのお世話にはならなくてすみますように!
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2012-10-20 05:12 |
太郎が「アオーン!」と鳴く日
昨日は太郎のワクチン接種のため、夕方から相方と一緒に獣医さんに行ってきました。獣医さんに行くのは一年前のワクチン接種以来、その間特に何も起こらず元気でいてくれたことは本当にありがたいです。

さて、昨日は既に朝の時点でキャリーケースを地下室から持ってきて、玄関の側に置いておきました。何も知らない太郎は、早速キャリーのチェックです。
「これ、なんだにゃ?」。 1年も使ってないと忘れちゃうのねぇ。
c0207698_22571397.jpg

中にも入ってチェック~。
c0207698_231880.jpg

そして上に乗ってまたチェック。
c0207698_2312635.jpg

・・・と、キャリーに対しては特に悪いイメージも持ってなさそうで安心したんですが、夕方、さあ今から行くぞーとなって中に入れようとしたらやはりかなり抵抗しました(汗)。中に入れてからはすぐに地下の駐車場に向かったのですが、車に乗る前から大きな声で「アオーン、アオーン!」と鳴く太郎。この鳴き声、1年ぶりに聞きました^^;
そして車の中でもしばらくまだ「アオーン、アオーン!」と鳴いてましたが数分後には鳴くこともできないほどになり、私の膝の上で顔をうずめて固まってしまった太郎でした(これも昨年と一緒です)。
獣医さんでは、待ち時間も2分ほどですぐに診察室に呼ばれホッ。キャリーから太郎を出すと、緊張のためかかなり体温が高くなってしまっていて、抜け毛もかなりすごかったです。でも聴診器での診察は異常なし、触診もOK、体重は6キロジャスト、「これ以上増やさないようにしましょう」と注意されました(汗)。
そしてたまに目やにが出てることもあるので目の検査もしていただきました。多少赤いけれどそれほどひどいわけでもなく、アレルギー性のものかもとのこと。オーガニックコスメで日本でもおなじみのWeledaや、こちらもオーガニックコスメのDr.ハウシュカで有名なWala社などから出てるホメオパシーの目薬、”Euphrasia Augentropfen(ユーフラシア点眼薬)”というものを使ってみることを勧められました。これ、人間にはもちろん、猫にも大丈夫なのだそうです。処方はもちろん必要ないし、私もアレルギーで目が痒くなることがしょっちゅうなので、太郎との兼用で今度試しに買ってみようかと思ってます。
診察台の上では石になってしまった太郎、ワクチン接種はあっという間に終わりすぐにお会計、そしてまた自宅へと戻りました。自宅に戻ってから太郎はすぐにトイレへ行って大、小やってすっきり(笑)、その後は疲れたのか、ぐっすりと寝てました。さあて、次回一年後のワクチン接種まで、獣医さんにはお世話にならないで済みますように!

そして今日はいつも通りお散歩・・・と行きたい所ですが、雨が降ってるのでテラスのテーブルの上で我慢の太郎です。
c0207698_2335387.jpg

雨の日は鳥が低位置を飛んだりしてることが多いので、それが気になってつい首を伸ばしてしまう太郎です。
c0207698_2337955.jpg

「あんなに近くにいるのに捕まえられないにゃんて・・・」。
c0207698_23375150.jpg

・・・と油断してたら、テーブルから下りて反対方向に進み始めてしまいました!雨の中、やだーー!!
c0207698_23383622.jpg

・・・と思ってたら、すぐに戻ってきました^^;
「濡れちゃったにゃ~~」。
c0207698_23394898.jpg

でもこの後、やっぱり小雨の中をちょっとだけ歩く羽目になってしまいました。お散歩猫のお相手は本当に大変です(汗)。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2011-10-26 23:41 |
一年経てばこれもやらなくちゃ
昨年の今頃はチビ太郎のお世話が大変で、ずっと部屋の中に閉じこもったままが多かったのに・・・、
c0207698_2220434.jpg

あれから約一年後の今、こうやってあなたと二人で一緒にお外を歩いて、季節の移り変わりを感じられるようになったのよ~、太郎ちゃん。
c0207698_2221419.jpg

紅葉も、飛んでる虫も、いつでも見られるわけじゃないものね。
c0207698_222219.jpg

落ち葉もすっかり増えちゃったね。今月中に雪もやってくるかな?
c0207698_22224962.jpg

ということで、太郎ちゃん、あなたがうちの子になって約一年ってことは、あそこに行かなきゃいけない季節ですよ。覚悟はいいですか?
「なんのことか分からないにゃー」。 分からない方がいいかもね・・・。
c0207698_22243631.jpg

昨日、太郎のワクチン接種のために獣医さんまで行ってきました。
この日は朝のうちに地下室からキャリーを取り出して、玄関の近くに置きっ放しにしてました。獣医さんには過去三回行ったことのある太郎、キャリーに入れることに関しては今のところ全く問題がないので楽です。
今回も、準備した途端に中のチェックですよ^^;
c0207698_22314613.jpg

あくびまでしちゃって・・・、
c0207698_22321118.jpg

まだまだ余裕の表情ですね~。
c0207698_22323994.jpg

前回獣医さんに行ったのは、去勢手術での3月、でもキャリーが準備されると何が起こるかまではまだ理解できてないようです(というか、ずっと理解しないままでいてほしい!)。
c0207698_2234091.jpg

夕方6時からの予約だったんですが、相方が予定より早く帰ってきたため、獣医さんに電話して4時の予約に変更してもらいました。夕方はいつも混むことが多いので、早く行けることになってよかったです。
車に乗せるために太郎をキャリーに入れて運び出したら、車に乗る前から「アオーン、アオーン!」と大声で鳴き出した太郎。太郎のこんな鳴き声は初めて聞きました^^;
車の中でも最初数回鳴いてましたが、後はぴたっと大人しくなりました。相当緊張してたようです。
獣医さんでは約10分ほど待合室で待って、その後診察室へ。キャリーから出すと、太郎、肉球が緊張の汗でびっしょりになってて、診察台の上に梅のハンコがいっぱいついたほど。獣医さんも、「たくさん汗かいたわね~」と仰ったほどで、キャリーの中に敷いてるタオルをとったら汗で濡れてるのが分かったほどでした(笑)。
体重は5.3キロ、「これ以上大きくならないようにしましょうね~」と言われました^^;
耳の裏チェック、それから聴診器でも心音チェック、健康状態は良好。ワクチンの注射はスムーズに済み、条虫駆除の錠剤も飲ませていただき(予防のため)、診察はスムーズに終了しました。
車での帰り、自宅近くになったのでキャリーのドアを開けて太郎を撫でてあげたら、太郎、私の膝の上にゆっくりはってきて、私の膝と腕の間に顔をうずめてきたんです~。こんなこと初めて・・・^^;
そして昨日はもちろん夕方のお散歩はなし、太郎も疲れてて、トイレとご飯を済ませたらぐっすりと寝てました。とりあえず無事に終わってホッとしました。
また一年後のワクチンまで、獣医さんにはお世話にならずに済みますように。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2010-10-07 22:57 |
何とか無事に終わりました
前回の記事で書いたように、昨日は太郎の去勢手術の日でした。手術自体はどうにか無事に終わってお昼には太郎をお迎えして自宅に戻ってきたのですが、その直後から相方とその母親のことでいろいろあってそれが太郎の状況に影響してしまったような感じもします。そのことなしには太郎の術後の様子が語れないので、ちょっと愚痴も入って長ったらしくなりそうですが、ここで少し消化させて下さいませ~m(__)m

前日の夜8時以降の食事禁止は、特に問題ありませんでした。問題は当日の朝。ご飯がもらえずに悲しくなった太郎は自分のベッドの中でふみふみちゅぱちゅぱ。その後は、相方に対してすごい目つきで噛み付いて(甘噛みですよ、一応、笑)、ああ、イライラしてるなってのが分かりました(-_-;)
獣医さんの予約は8時半。すぐ近くなので、8時15分に出発。朝の8時半からの診療開始なので、手術が一番に行われてるようです。到着後、予約時間にすぐに診察室へ呼ばれ、手術前の太郎の診察。特に問題はなし。そして麻酔についての話。普通の注射の麻酔と、点滴の麻酔の2種類あって、点滴でやる方が最小限の量の麻酔で行われるので猫の体への負担は少なくて済むが20ユーロほど高くつくがどちらがいいかと聞かれました。ということで、選んだのは点滴の方。それが理由で早く目が覚めたのかどうかは分かりませんが、10時半には獣医さんからうちに電話がかかってきてました(その時は電話に出られませんでした)。

太郎を預けて、今度は相方が人間の病院へ行くので私は一人で自宅へ。相方、前日から咳をしてたのですが、当日熱が出てしまいました。休みをとってもらっててよかったですが、本人曰く、「太郎ちゃんの去勢のことを考えてたらよけいに気分悪くなってしまった」とのこと(汗)。・・・そこまで深く考えてたのね(-_-;)
相方は結局今週は仕事は休みになりました。

太郎と相方がいない間は私は今までできなかった掃除に集中!太郎のトイレの掃除、窓拭きなどをやりましたが、それだけでけっこうくたくたに(汗)。
11時半過ぎに、獣医さんからの電話のことに気付いたのでこちらからかけてみると、もうお迎えが可能だとのこと。ただ、この日は12時までの診療なので、それまでに来られないなら後は夕方4時以降に来てもらうことになると言われたのですぐにお迎えへ。

弱々しくなった太郎をキャリーに入れ、支払いを済ませ自宅へ。費用は、手術などの費用が74,21ユーロ、それプラス消費税が19%かかるので、合計88,31ユーロでした。今のレートで1万1千円くらいです。

自宅に戻ってからの太郎は、うちに初めて来た時のように部屋のあちこちをチェック。そしてトイレへ入り大量のオシッコ。その後はリビングの窓辺へ。
c0207698_2392127.jpgc0207698_2363965.jpg点滴の後が痛々しい・・・。
3時間後には外していいと言われてました。

外が気になって見てて、窓辺ではこんな感じでした。
c0207698_4262859.jpg

そして、太郎の様子を見ながら昼食を・・・と思ってたら、そこへ姑がやってきました。ここからです、私の怒りが始まったのは・・・。結果的に姑は、太郎がもういるとは思わなかった、私達が数日前に購入した木(3本)を植えるのを今日手伝うから・・・と言って来たのですが、お昼の12時過ぎですよ?普通、こんな時間に来ますか?
なので、相方に嫌みったらしく、「うちらはご飯食べてないので外での仕事もできないよ。彼女は?あなた、熱があるから庭仕事できないでしょ?(どっちにしろ、太郎のこともあるからとりあえず帰ってもらった方がいいのでは?の意味で)」と聞けば、相方、姑に昼食はとったのかと聞いてました。その間、太郎が姑を怖がって落ち着かないので一緒に寝室へ行きました。
で、しばらく経ってリビングに戻ると、相方と姑が一緒に昼食とってるんですよ・・・。カチン!ときました。私は嫌みったらしく、飲み物とお菓子を持って太郎のいる寝室へ。
食事は夕方までダメだけど、水はOKと言われてたので水を傍に置いてあげました。
c0207698_428333.jpg

しかし、水を飲んだ数分後嘔吐。寝室にも太郎のベッドはありますが、ふみふみができるベッドをリビングから持ってきたら少し休んでました。
c0207698_4294681.jpg

c0207698_4295851.jpg

その後また水をちょっと飲んでまた嘔吐。その間、外で相方と姑がちょっと彫れば石ころだらけの庭をせっせと掘ってるのに、私が全然外に出ないわけにもいかず私も出てみましたが、やはり手伝う羽目に・・・。太郎は外のことが気になって眠れません。窓際をうろちょろ。で、ようやく寝たかと思えば、姑が「トイレに行くわ~」と言って何度か中に入るので太郎はまた逃げる。そして私も時々中をチェックしに行きましたが、水の近くで嘔吐の後があったのでその後相方が獣医さんに電話。とりあえず水は飲ませるな、食事も今日は止めた方がいいと言われました。
そんなこんなで5時過ぎに姑帰宅。私は最後の一時間は手伝わず、また太郎の傍にいたら、ふみふみちゅぱちゅぱやってそのまま寝てしまいました。というか、やっと寝られた・・・という感じでした(涙)。
c0207698_4361543.jpgc0207698_4362874.jpg

しばらく経って太郎が目を覚まし、とりあえず水をやってみたら、嘔吐はなし。そして、とてもお腹がすいてたのでしょう、なんどもお皿の方にくるし、えさが入ってる棚に行けば必死でついて来る。なので、6時半頃にちょっとずつ猫缶をあげたら喜んで食べてました。その後も嘔吐無しで、3時間ほどぐっすり寝て、こんな感じで目が覚めました。
c0207698_439896.jpg

この姿を見て、なんだかとても安心しました!そしてその後、別の部屋にあったおもちゃのエビちゃんを口にくわえて運んできたのですよ~~。それを見て更に安心、太郎の大好きな猫ミルクをあげたらたくさん飲んでました。いろいろ怒りはあったけど、その夜はとりあえず安心して眠ることができました。
そして今日は、太郎は至って通常通り!獣医さんからも今朝電話があって太郎の様子を聞かれたのですが、すごく元気に遊びまわってると相方は言ってました^^
今日の様子はまた次回書きますね~。

もうちょっと手短に書きたかったんですが、愚痴を含め長々とすみませんでしたm(__)m
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2010-03-26 04:50 |
太郎、がんばりました!
前回の記事にも書いたとおり、昨日の夕方、太郎と一緒に二回目のワクチン接種に行ってきました。
一回目のワクチン接種の時、キャリーの中で太郎は発狂しそうなくらいにミャーミャー鳴いてたので、もうキャリーの中には入ってくれないかも…と思ってました。で、どうしようかな~とは思ったんですが、昨日は朝から、地下室に置いてるキャリーを取ってきて玄関の近くに置いてました。
c0207698_0141372.jpg早速太郎のチェックが入ります。
「あっ、嫌な予感がするにゃ」。

c0207698_0152610.jpgでもすんなり中に入って中もチェックです(笑)。夕方もこの調子で扉を閉めるぞ!と計画を立てるお世話係。

c0207698_0172848.jpg閉じ込められるのが嫌ですぐに出てくるかと思いきや、あれれ、けっこう楽しんでます。獣医さんに行った時のこと、すっかり忘れてるのね…(汗)。ま、その方が私としても助かります^^;

c0207698_0205495.jpg毛づくろいまで始めちゃいました(笑)。

c0207698_0212694.jpg寝始めてしまいました。こりゃあ前回のこと本当に忘れてしまってるようですね…。


続き
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2009-11-08 00:50 |
獣医さんに行ってきました
先週金曜日、獣医さんに行って初めてのワクチンを打ってもらいました。
さて、太郎の反応ですが、お漏らしはなかったんですが(出発前にトイレに行ってたからかも)、キャリーケースに入れられっぱなしがとても嫌だったようで、車の中、病院の待合室でずーーっと「出してくれ~~!」と鳴いてました。
診察室に入れたのは予約時間から30分ほど過ぎた頃、金曜日の夕方とあって待ってる人もけっこう多かったのですが、太郎はずっと前足二本を外に出しながら鳴きっぱなしでこの待ち時間が一番辛かったです。
レトリバーっぽい犬がいるのが見えたので、椅子の所では待たずに受付の近くで待ってたんですが、受付の人に「あそこで座って待ってていいですよ」と言われたのでとりあえず待合室の方へ…。早く順番来ないかなあと思って待ってたら、診察室から一匹の犬さんが出てきて、それを見たレトリバーさん、太郎と私の目の前でワンワン吠え始め…(-_-;)
私も心臓ドキドキするくらいびっくりしてしまったほど。で、気になって太郎を見てみたら、あれだけニャーニャー鳴いてたのが、キャリーケースの隅で固まってしまい、鳴くこともできなくなってしまってました。ああ、太郎ちゃん、ごめんね(;_;)
そして名前を呼ばれ診察室へ。キャリーケースから出してもらった太郎、恐る恐る診察台の上を歩いてました。いくら知らない所とはいえ、やっと出してもらって少し落ち着いてたようでした。
でも!注射の時に動いてしまって、針を三回も刺される羽目になってしまいました(>_<)
一応、評判のよかった近くの獣医さんに行ったのですが、今回見てもらった先生は最近入ったばかりの代診の先生。まあ、悪い先生ではなかったですけど、うちの相方、「うちの太郎ちゃんに三回も針を刺しやがって!あれ以上続いてたら絶対文句言ってた!!」と言ってました(^_^;)

自宅に戻ってきてからは、ご飯を食べ、ミルクを飲み、トイレを済ませたらすぐにベッドに直行した太郎。とても疲れてたようで、いつもよりかなりぐっすり眠ってました。
最初はこの格好から…。
c0207698_5472874.jpg

c0207698_549091.jpg

なんか、笑ってるようにも見えますね(笑)。
c0207698_549167.jpg


太郎ちゃん、4週間後にもう一回ワクチンに行きますよ!がんばってね!
c0207698_5502539.jpg

「もう行きたくないにゃ・・・」。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2009-10-12 05:54 |
| ページトップ |
"pink valentine" Skin
by Animal Skin