太郎も気を使ってるのです
太郎、相方、私が外にいた時の一コマです。ちょっと離れた場所にいる太郎を呼んだら、尻尾をピンと立てて戻ってきました。19秒頃、ビクッとしてるのは、相方が大きな音を立てたからです。


「お世話係にばかりベタベタしたら焼きもち焼かれそうだしにゃ」    私はかまわないけどね~♪
c0207698_2126437.jpg

「猫もけっこう気使ってるんだにゃ」    うん、分かるわよ~。
c0207698_21265219.jpg

「たまにベタベタしてやればこっちのもんだにゃ」   太郎ちゃん、それでいいわよ!
c0207698_21271041.jpg

でも相方だけにでなく、私にもそんな気持ちでベタベタされてたのならちょっと寂しいかも・・・と思ってしまったお世話係でありました^^;

-----------------------------------------

一ヶ月前に歩いた山でのことをちょっとだけ・・・。

昨年も何度かこの場所からスタートした山歩きのことを書きました。今回もここからスタートです。 Engalm、1203m、 in チロル
c0207698_21272221.jpg

山歩きの本やサイトでは2時間半のコースとなってる山小屋まで、3時間で到着しました! Lamsenjochhütte、1953m
c0207698_21273091.jpg

山小屋の後ろの山はクライマーに人気のコース。遠くにいるクライマーたちの姿が見えました。
c0207698_21274028.jpgc0207698_21274987.jpg

下山中、途中に通るアルム小屋(Binsalm、1500m)で、珍しいものを見ることができました。 この写真は、登りの時の撮影です。
c0207698_2128623.jpg

石でできたこの三角の建物はチャペルです。ここで結婚式があってました!
c0207698_21281869.jpg

中央の、白いドレスが花嫁。向かって左斜め前のスーツの男性が花婿です。
c0207698_21283776.jpg

ここを通りかかったハイキング客が、「チロルの典型的な結婚式ね~」とうっとりとその様子を見てましたが、この結婚式の人たち、チロルではなく、ドイツのフランケン地方からやってきた人たちなのだそうです^^;
ディアンドルやレダーホーゼ姿の招待客が多かったので、一般のハイキング客には”チロルの結婚式”と間違われるのも無理ないかもですね(笑)。実は私も最初はそう思ってしまいました^^;
しかし、なんでわざわざこんな山小屋にやってきて結婚式なんでしょうねぇ。日本人がハワイで結婚式を挙げるようなものなのかしら(笑)?

ウェディングケーキに入刀中の花嫁と花婿の後ろ姿です。ケーキは、黄緑色のすごいケーキでした。写真に撮れなくて残念でした。
c0207698_21284629.jpg

今回の山歩きに関しては、こちらに詳しく書いてます→Lamsenjochhütte 1953m
山歩きの詳しい内容については、今後はこうやって別に書いておこうと思ってますので、詳しい情報が必要な方は、↑にリンクしたサイトを見ていただけると幸いです。

[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2014-09-05 22:39 |
<< はみ出た頬 | ページトップ | ドイツで山談義オフ会 >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin