まだ浅過ぎたようです
6月のとあるお天気がよかった日、太郎がまたここに登りました。土を持ってからは乗らなくなってたので、また今回もすぐ下に降りるだろうなあと思ってたら、
c0207698_94572.jpg

「ここ、お気に入りの場所だにゃ♪」   なんと!そのままくつろいでくれました!ちょうどいいくらいに沈んだのかな?
c0207698_951530.jpg

「うーん、なんかやっぱり違うにゃ~」   喜びも束の間、すぐに下に降りてしまいました。残念!
c0207698_953691.jpg

でも、土を増やした時よりは確実に沈んできてます。秋にはまたちょうどいいくらいになるかも、ですね^^


---------------------------------------------

都合により、コメント欄は今回閉じてます。

---------------------------------------------







ここからは畳んでアップしてる分です。

6月の半ば過ぎ、ドイツとの国境沿いに位置する、チロルのシャルニッツ(Scharnitz)をマウンテンバイクで走ってきました。ここは何度か訪れたことのあるコースで、2年前、一人歩きをしてその時に記事にもしました。でもマウンテンバイクで走るのは初めてです。イザール(Isar)という川沿いのコースで、マウンテンバイカーに人気のコースですが、同じドイツ在住のKotoraさんも同じく2年前の夏にここをマウンテンバイクで走ってますよ~^^

コースの始めにある駐車場です。正午前に到着してほぼ満車状態でしたが、一台分開いててラッキーでした。
c0207698_257321.jpg

そして走り始めますが・・・、なんか、2年前と同じ場所ばかり撮影してる^^;
c0207698_95571.jpg

c0207698_96886.jpg

一応このコースは初心者向けとなってて、勾配をほとんど感じない道になってますが、ほんのちょっと最初だけ、勾配がけっこうある道になってます。それがきつくて、最初から、「私はやっぱり歩きたい・・・」と思いながら走ってたら、小学校1年生くらいの子供たち5~6人が(引率者もいます)、「楽しい~!」と言いながら走ってて(-_-;)
こんなチビッ子どもに負けてたまるかと思い、なんとかその後もがんばって走りましたが、上り道は歩くよりもかなり腰にきてしまい、腰痛持ちの私には本当につらいスタートとなりました(;_;)

でもきつかったのは最初だけ、その後はわりあいスムーズに走ることができました。
c0207698_961777.jpg

所々に橋がかけてありますが、全て自然素材ですよ~。
c0207698_962977.jpg

イザール川の源流がある付近です。川自体も色がきれいですが、源流付近は透明そのもの。
c0207698_964146.jpg

こちらのご家族、向かって右は奥さんですが、後ろのカーゴには子供二人が乗ってました。私、一人でもヒーヒー言ってたのに、子供二人乗せて・・・、すごいです。
c0207698_965354.jpg

そして、アルム小屋の入り口に到着です。マウンテンバイクの数がすごいでしょう~。
c0207698_9728.jpg

奥に見えるのがアルム小屋で、ここでお食事もできますが、ちょっと雲行きが怪しかったので、ここで折り返してスタート地点まで戻ることにしました。
c0207698_98165.jpg

c0207698_982533.jpgそして駐車場に戻ってきました。
この日の走行距離は約28キロ。
復路は下り道で楽々だったので、約14キロの走行距離・・・と言った方が実質的には正しいかも^^;

そして、駐車場の近くにあるレストランで食事休憩しました。2年前も、電車の待ち時間を利用してここでビール飲みました。  
c0207698_2571551.jpgc0207698_2572617.jpg

大きい方のビールが私ので、食事は、手前のお肉料理(グラーシュ)が私の・・・。
レストランで食事をすると、いつもなんですが、私の注文が相方へ、相方の注文が私へ・・・と、間違って提供されてしまいます(-_-;)

お腹いっぱいになった後は自宅へ向けて車を走らせました。

ついでにお花もアップします~。
自転車走行中はもちろん撮影はやりませんが、所々休憩した場所で、今年まだ撮影してないお花が見つかれば撮影しました。このコースは、いつ来てもいろんな花が咲いてるのが楽しみです。

・Knäuel-Glockenblume(Campanula glomerata)  リンドウザキカンパヌラ  キキョウ科
c0207698_9115072.jpg

・Rot-Seifenkraut(Saponaria ocymoides)  シャボンソウ  ナデシコ科
c0207698_9121262.jpg

・Grünliche Waldhyazinthe(Platanthera chlorantha)  ラン科
c0207698_9122465.jpg

こちらは以前何度か書いたことありますが、直訳すると、”猫の小さな足”というお花。
こちらのピンクは雌株です。
・Gewöhnliches Katzenpfötchen(Antennaria dioica)  エゾノチチコグサ  キク科
c0207698_9123745.jpg

こちらの白いのは、↑と同じ花の雄株です。↑の、ちょうど道の反対側に咲いてました。
c0207698_9124896.jpg

・Gewöhnliche Simsenlili(Tofieldia calyculata)  チシマゼキショウ科
c0207698_913195.jpg

・Bewimperte Alpenrose(Rhododendron hirsutum)  アルパイン・ローズ  ツツジ科
c0207698_9131653.jpg

こちらの花は、手持ちの本に、”かなり珍しい”と書いてありました。発見したのも初めてのような気がします。
・Rundblättriges Wintergrün(Pyrola rotundifolia)  ラウンドリーブドウィンターグリーン  イチヤクソウ科
c0207698_9133411.jpg

こちらはコケモモの花です。コケモモの実は、こちらではコンポートがお肉料理の添え物によく使われてますが、私はそういった組み合わせが苦手なので、コケモモ自体をあまり食べたことないです。
・Preiselbeere(Vaccinium vitis-idaea)  スノキ属ツツジ科 
c0207698_9134530.jpg

・Stern-Steinbrech(Saxifraga stellaris)  スタリー・サクシフリジ  ユキノシタ科
c0207698_9143984.jpg

[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2014-07-06 23:50 |
<< 爪とぎ、作り直しました | ページトップ | 下から覗いてみよう >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin