マダニと間違える
4月の始めにはマダニに刺されてることの多かった太郎ですが、最近は全然刺されてないようです。フロントラインはしてますが、これをやっても刺されることは刺されるので(刺した後、マダニ自身は48時間以内に死亡)、外から帰って来た時は念入りに太郎の毛をチェックしています。マダニはすぐには刺さず、しばらく毛の上を張ってるので、白い毛の部分だとすぐに分かります。

マダニ(独:ツェッケ)に対してすごく敏感になってしまった私、床の上に黒い点があると、「ツェッケ!?」とすぐにチェックするようになってしまいました^^;
そして、太郎に黒い点が見えると、それもマダニと勘違いして、しつこく触ってチェックするので太郎に嫌われることも多いです(-_-;)

こうやってスヤスヤ寝てる時も、「あれ、ツェッケかしら!?」と気になってた箇所が・・・。
c0207698_2038334.jpg

c0207698_20381786.jpg拡大して、この部分です。
これ、今では既に毛の模様だと分かってますが、一時期、「マダニだ!」と間違えることがありました^^;

黒い点の様な模様は本当に紛らわしいです!

気持ちよくお休み中・・・。
c0207698_20383213.jpg

ベッドからは楽々はみ出てしまいますw  でもそんなの太郎には関係ないようです^^;
c0207698_20384244.jpg

ちなみに、↑と同じベッドでお休み中の、太郎の昔の姿です。
c0207698_20422460.jpg最初は同じ型の子猫用ベッドを使ってましたが、すぐにキチキチになったので、太郎がうちの子になって約2週間後にこの大きいサイズのベッドを買い足しました。
その時は、ある程度予想はしてたとはいえ、まさか太郎がここまででかく成長するとは思ってもみませんでしたw

でかいでかいと言われ続けてる太郎ですが(実際でかいけど、汗)、こんなに小さな時期もちゃんとあったのですよ(笑)!
c0207698_20423432.jpgティッシュの空き箱の中にすっぽり入ってしまってます^^

あっ、ティッシュボックスのサイズ、日本とほとんど同じですからねっ!
ドイツだからティッシュのサイズもばかでかいということはありませんからー(汗)!




ここからは、いつもの山歩きの記事です。いつも長いし、記録のためのアップでもありますので、適当にスルーしてくださいね~。

5月半ばまで雨ばかりでしたが、その後やっといいお天気が続くようになったので、週末だったら激混みになる山を狙って、平日のとある日、電車とバスを乗り継いで山まで行ってきました。
c0207698_20424340.jpgまずは中央駅まで行って、こちらの電車に乗車です。この電車、途中で3箇所方面に切り離されるので、目的地の表示をきちんと確かめてから乗車が必要です。

以前、週末にこの電車を利用したことがあるのですが、その時はぎゅうぎゅう詰めで立っているのも一苦労でした。今回平日もぎゅうぎゅうまではいかないまでもかなりの混みようで、座れない人がたくさんいました。

その後バスに乗り継いで、目的地のSpitzingsee(シュピッツィング湖)まで来ました。そこからロープウェイに乗りました。公共の交通機関利用で山に行く時は、時間節約のため、なるべくこういうのは利用するようにしてます^^;
c0207698_20425236.jpg

けっこう古いロープウェイのようでして、乗客が来るたびに、係のおじさんが隣の倉庫から一台ずつ手で引っ張ってきてくれてそれに乗車、スタートのスイッチをおじさんが押しに行くまではゴンドラも動かず・・・と、なかなか貴重な体験でした(笑)。
c0207698_20443180.jpg

約15分ほどの乗車で標高1,613mの場所にある山頂駅に到着、そこからスタートです。
最初からなかなかいい感じの道です。
c0207698_20444310.jpg

10分もしないうちに分かれ目に到着です。まずは右手に見えてた頂上を目指します。
c0207698_20445341.jpg

急で危ないのでロープが張ってあります。横が断崖絶壁とかじゃないので、ロープがある場所だからといっても、怖さなどはありません。
c0207698_20452491.jpg

そしてすぐに頂上に到着~。お手軽過ぎます(笑)。  Taubenstein、1,692m
c0207698_20453456.jpg

ロープウェイの山頂駅もすぐ近くに見えてます。
c0207698_20454579.jpg

しばらく景色を楽しんだ後、次の目的地へと向かいます。
一週間くらい前まではものすごく寒い日々が続いてたので、まだ雪が残ってる箇所もありました。
c0207698_20455491.jpg

平日の山歩きはいいですね!この写真↓の道を歩いてる間、ずーっと一人でした!この山は南ドイツではものすごく人気の場所で、夏の週末は激混みの山なんですが、それが信じられないくらいです。
奥に見えてる鞍部を越えると、山小屋が見えてきます。
c0207698_2046448.jpg

鞍部まで来ました。右奥に小さく、山小屋が見えてます。
c0207698_2046155.jpg

道沿いにはたくさんのリンドウが咲いていて、それはもう見事でした。
c0207698_20462668.jpg

山小屋へは行かず、まずは左側に反れて、もう一つの山の頂上を目指します。右上に方に小さく十字架が写ってます。
c0207698_20463870.jpg

さっきまで上に見えてた壁が同じ位置に・・・。目指す山はRotwandという山、Rot=赤、Wand=壁・・・の意味がありますが、この岩壁が所々赤く見えるのがこの名前の由来なのか、気になるところです。
c0207698_20464942.jpg

頂上到着です!最初の山の頂上から約一時間ちょっとでの到着です。 Rotwand、1,884m
c0207698_20465935.jpg

その後はさっさと山小屋を目指します!だってお腹すいたし~(笑)。
c0207698_2047997.jpg

ネットで調べてた時は激混みの様子の山小屋の写真が多かったのですが、やっぱり平日はいいですね、外の席もガラガラ・・・(笑)。   Rotwandhaus、1,737m
c0207698_20472265.jpg

オーストリアとの国境まで数kmに位置するこの山小屋、スマホはオーストリアの電波内になってました。

さて、ご飯は、レンズ豆のシチューです。これも美味しかったですが、他の客が注文してた他のメニューもすごく美味しそうで、この山小屋の食事はドイツの山小屋のわりにはなかなかよさそうでしたよ。飲み物は、山歩きの最中なのでラードラー(ビールのレモネード割り)です。
c0207698_20473928.jpg

そして下山です。ロープウェイは利用せず自力で下りるので、別の道を歩きます。 約800mの下山です。
c0207698_2047492.jpg

下りの道が、これまた超つまらない道でした。↑の景色は最初だけ、その後約2時間、林道をテクテクと歩きました・・・。いつも履いてるハイカットの山靴は今シーズン初めてだったせいか、中が硬くなってたのかな、両足の小指に豆ができてすごくつらかったです(涙)。

そしてやっと湖に到着、その後またバスと電車を利用して自宅へと戻りました。
c0207698_20475744.jpg

次回、お花をアップします。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2014-05-26 22:21 |
<< ピントが合わせが難しくなってきた | ページトップ | 西日が差し込む時間 >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin