ガタガタ震えっぱなし
金曜日、獣医さんへ出発する10分前の太郎。
c0207698_23513644.jpg

気持ちよ~く寝てましたが、相方が帰ってきたのと同時に起きたので、ベッドの下に隠れこまないよう他の部屋のドアを閉め、そしてキャリーケースの中へ。キャリーを縦にして足側から突っ込んでもすごい力で出てくるので、キャリーは斜め45度くらいにして、太郎自身を頭の方から突っ込んでなんとか出発OKに。

以前は車の中ではキャリーの網の蓋部分は開けてましたが、一度出たらもう中には入れるのは無理だし、獣医さんまで5分もかからないので太郎にはそのままでがんばってもらいました。下のマットが奥にずれたまま・・・。
c0207698_23515528.jpg

キャリーに入れられた瞬間から「アオーン、アオーン!」と鳴いてた太郎・・・。この鳴き声は獣医さんに行く時しか聞かれません^^;
車の中で鳴いてる最中の様子です。 一回だけ大声で鳴きます!音量に注意してくださいませ~。


診察室で、初めて写真を撮ってみました。先生が部屋を離れた時に慌てての撮影なのでぶれぶれです。
c0207698_23534121.jpg

緊張感から毛がたくさん抜け落ちてます。見てはっきり分かるほどガタガタ震えてて、逃げ出したいけど怖過ぎて動くこともできない状態の太郎でした。
c0207698_23535057.jpg

診察結果は問題なし!口の中を見て、「すごくきれいな歯をしてるわね~」と褒めてもらった太郎でした。体重測定を忘れられようとしたので、ワクチン、虫下し錠剤接種後に測定。結果は6.37kg、昨年は6.4kgだったので特に増えてませんでした!最初に触診で診てもらった時も、「立派な体格ね~。でも太り過ぎとかではないわよ~」と言ってもらえてちょっとだけ安心^^;
待合室でも1~2分ほどしか待たなくてよかったので、自宅を出発して戻ってくるまで30分以内で終わって、あっという間に終わりました。自宅に戻ってからの太郎は、やっといつものかわいらしい鳴き声になって私もホッとしました(笑)。
さて、今後何も問題なければ次はまた一年後です。それまで獣医さんのお世話にはならなくて済みますように!
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2013-10-27 05:08 |
<< カラスに抗議される太郎 | ページトップ | 10月はあれの季節 >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin