700頭の牛たちの下山
太郎が棚の上でボーっとしてました。
c0207698_2229317.jpg

「おっ!?」。  窓の外に何かを発見したようです。
c0207698_2230266.jpg

わあ・・・、お手々、汚れてる・・・(>_<)  顎の下は汚れではありませんよ(笑)!
c0207698_22301324.jpg

ということで、汚れが目立つ下からのアングルは止めて上からの撮影に切り替えたけど・・・、なんだか全体がちょっと変な形の太郎に写ってしまいました・・・。
c0207698_22302440.jpg

猫としてのきれいなカーブはどうなってるの・・・(汗)。

---------------------------------

先日、夏の放牧後の牛と羊たちの下山の様子を記事にしましたが、その2週間後、また同じような行事を別の地域へ見に行きました。
今回訪れたのは、ドイツはアルゴイ地方の小さな町。この町だけで全部で約700頭の牛たちが下山してくるということでした。  Immenstadt im Allgäu
c0207698_2234511.jpg

またまた牛ばかりの画像になりますー。続きは↓に畳んでアップしてます。



アルゴイ地方の町や村では、9月になるとこの行事があちこちで始まります。下山してくる牛たちも、場所によっては千頭近くと数が多いのが特徴です。村ごとに日にちが決まってるので、他所では観光目的で週末に行われることが多いこの行事も、ここアルゴイではそんなことは関係なく、平日にも行われます。牛たちが麓に戻ってくるのも午前9時と、早い時間の設定になってます。
ということで、土曜日に行われるのはどこかと調べて行ったわけですが、現地に到着したのがちょうど9時。既に下山してしまってた牛たちもいたようでした。路上の牛の落し物で分かるのですー(笑)。

車を降りたら、カウベルの音が聞こえてたので、慌ててその方向へと走ったら、なんとか次のグループには間に合いました!先頭の子供たちが、アルペ(アルム、牧草地と同じ意味)の名前の入ったプラカードを持って歩いてます。
c0207698_22341656.jpg

アルゴイでは、数が多いせいか、先頭を歩く牛だけが飾りを着けてるようです。
c0207698_22342520.jpg

残りの牛たちは、この日専用のカウベルに付け替えてあります。
c0207698_22343475.jpg

夏の放牧中は、こんな大きなカウベルは着けてませんよ、念のため・・・(笑)。
c0207698_22344246.jpg

プラカードを持つ子供たちは山から一緒に下りてきたわけではなく、麓で牛たちが下りてくるのを待ってたようです。
c0207698_22345199.jpg

とにかく数が多いから、牛飼いさんたちもかなり忙しそうでした。
c0207698_2235057.jpg

ちゃんとついて来てるかな~。
c0207698_22351156.jpg

ペシッと叩かれてます^^;
c0207698_22352272.jpg

ほらほら、列から外れない!
c0207698_2235336.jpg

でも美味しそうな草が見えると食べたくなるようです(笑)。 長い道のり歩いてきてるんだものね~。
c0207698_22354316.jpg

旧市街の中を歩いていきます。アルゴイ地方のこの行事は有名なので、観光客の数もすごいです。
c0207698_2235533.jpg

ここでもチーズを背負った方が。
c0207698_2236564.jpg

牛ってすごく足が速いんですよ。途中から後ろからついて行ったんですが、私はほとんど走ってる状態でした。
c0207698_22361567.jpg

引き渡し会場に到着です。テントも立ってて、中ではブラスバンドの演奏があってて、食事ができるようになってます。外には出店がたくさんありました。
c0207698_22362564.jpg

いったんこちらの柵の中に入れられます。
c0207698_22363598.jpg

c0207698_22364462.jpg

カウベルを外し、順番に引き渡しが行われます。毎回のことですが、これが非常に大変なようです^^;
c0207698_22365333.jpg

意地でも荷台に乗るもんか!!・・・の牛さん(笑)。
c0207698_2237270.jpg

結局この嫌がる子は後回しで、一番最後に詰め込まれてました。みんな嫌がってたけど、この牛の嫌がりようは半端ではありませんでした^^;
c0207698_22371378.jpg

あと一回だけ続きますー。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2013-09-30 05:56 | お出かけ
<< 見学の後はちょっと上まで歩いて... | ページトップ | 太郎の舌も紅葉の仲間入り >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin