牛と羊たちが山から帰ってきました
太郎がタワーの一番上で気持ちよさそうにしてました。じ~っと見られると、カシカシとしてあげたくなっちゃいます。反撃無し、今日は機嫌がいいのかな・・・?
c0207698_216441.jpg

・・・ちょっとつまんでみたくなりました。あ、危ないかしら(汗)。
c0207698_216571.jpg

「お世話係、いちいちボクの反応気にするにゃよ」。  今日は大丈夫でした^^;
c0207698_2171064.jpg

「ゆっくりしたい時もあるにゃ」。  ほっぺの横からまた何かはみ出てる・・・(笑)。
c0207698_211163.jpg

そしてお昼寝となりました。反撃がないのはないで、ちょっと寂しいような・・・^^;
c0207698_2172063.jpg

---------------------------------------

前々回記事の最後にちょっとアップした、オーストリアはチロル地方、レルモース(Lermoos)の山の上からの写真を撮った日の約10日後、また同じ村に行きました。
この日は朝から曇り空、ドライブ中は時々かなりの量の雨も降ってきたのですが、車から下りるとほとんど雨は止んでる状態になりました。
10日前の青空とは打って変わって、山の上には雲がかかり雪もうっすらと積もってます。
c0207698_2173249.jpg

この日は、相方がマウンテンバイクで走ってる間(また!)、私は、夏の間に山の上に放牧されてた牛や羊たちが麓に帰ってくる行事を見学しました。

写真ばかりダラダラ続きますので、これ以降は↓に畳んでアップしてます~。



秋になるとこうやって麓に帰ってくる家畜たちの下山行事があちこちで行われてて私も過去に何度か記事に書いたことがありますが、今回のこのレルモースの村の行事は、家畜たちが麓に帰ってくるのが13時の予定と、遠くからやって来る観光客にも優しい時間設定となってました(笑)。

さて、第一陣が帰ってきました!まずは羊さんたちから~。
c0207698_217509.jpg

そしてその後を牛さんたちが。
c0207698_218315.jpg

みんなきれいに飾りを着けてもらってますね。
c0207698_2181528.jpg

こちらの方は何を頭に乗せてるか分かりますか~?
c0207698_2183385.jpg

チーズです。ちょっと見えにくいですが、背中に背負ってあるものの後ろ側に”TUFTLALM”の文字が。このアルムでは乳製品の製造をやってるのでこの格好のようです。ずいぶん昔のハイキング初心者の頃、このアルムまで歩きました。
c0207698_2184332.jpg

この少年がねぇ、モザイクをかけるのがすごくもったいないくらい、いい笑顔をカメラの方に向けてくれました。
c0207698_2185523.jpg

c0207698_219681.jpg犬も少女も素敵な笑顔でしたよ~。

毎年必ず見かける、牛飼いさんをてこずらせるような子がまたここにも(笑)。
c0207698_21113970.jpg

所有者への引渡し会場へと歩いていきます。
c0207698_21115168.jpg

またこの子がぐずぐずとやってました(笑)。
c0207698_211234.jpg

そしてこちらが引き渡し会場です。
c0207698_21122136.jpg

この飾り、夏の放牧が無事に終わったことも意味します。
c0207698_2112351.jpg

c0207698_21124646.jpg

飾りはこうやって外されていきます。
c0207698_21144255.jpg

チロルのマークとエーデルワイス。
c0207698_21145236.jpg

カウベルと飾りはこうやって集められます。
c0207698_2115267.jpg

そして所有者の下へ・・・。
c0207698_21151235.jpg

牛舎まではこうやって運ばれていきますよ~。
c0207698_2115261.jpg

牛の引渡しが先に行われてて、羊たちはちょっと退屈気味・・・?
c0207698_21154095.jpg

飾りを食べてる子もいました(笑)。
c0207698_21155079.jpg

途中相方も戻ってきたのでご飯を食べて、そして周辺をお散歩してまた駐車場へと戻りました。
右側に見えてる、うっすらと雪が積もった山の一番高い山はダニエル(Daniel、2340m)、この山から羊たちは戻ってきたそうです。牛たちがいたトゥフトゥルアルム(Tuftlalm、1496m)は、その右手前の木が茂った山の上の方にあります。
c0207698_2116133.jpg

そしてまた自宅へと車を走らせました。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2013-09-25 20:47 | お出かけ
<< 余裕のネコチャン | ページトップ | ”鹿のふん”ならぬ、”牛のふん” >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin