エッツタール滞在記、五日目はまたまた一人山歩き
元・ご近所猫さんのネコチャンのご心配、皆さん、ありがとうございます。今のところ毎日うちに来てるネコチャンなので、まだ飼い主さん家族は戻って来てないんだと思います。でもご飯をあげても、食べない時があるんです。なので、もしかしたらご飯のお世話は外でやってもらってるのかな・・・と思うのですが、いくら外が大好きなネコチャンでも、やはりお部屋の中にも入りたいとは思うんですよねぇ。以前、ネコチャンご家族がうちの前に住んでた時、誰もいない真っ暗な部屋の前で窓が開くのをずっと待ってたネコチャン、その姿を忘れることができません・・・。今でもそうやって待ってるのかな・・・。

----------------------

こうやって大胆であけっぴろげなこともあるかと思えば、
c0207698_20452794.jpg

横にくるりんと巻いてることも。
c0207698_20491964.jpg

そしてこうやって上手に隠してお休みしてることもたまにあります。
c0207698_20492993.jpg

どの尻尾の位置も私の好みです♪

---------------------------

旅行のお話、続けます~。
今回は前半、後半と分けずに一気に一日分書いてしまいますので、後は、この日のコースで見たお花と、最終日のことを書いて終わります。ということで、しつこいですが、後二回は続きますm(__)m

この日は一人で山歩きです。
地元のこのバスに乗って、スタート地点まで移動します。
c0207698_20494132.jpg

続きは↓に畳んでアップしています~。



バスに乗って、欧州で最も標高の高いトンネルを抜けて、標高約2,800mに位置するティーフェンバッハグレッチャー(Tiefenbachgletscher)の駐車場までやってきました。ここからスタートです。
c0207698_20502100.jpg

ここで少し問題発生!バスがほぼ満席で、進行方向とは逆向きの席が開いてたのでそこに座ったのですが、カーブが何度もある長距離の道だったため、酔いました(汗)。バスから下車後、しばらく椅子の上で休憩してたらなんとか気分もよくなってきたのでスタートすることにしましたが、このまま気分が悪いままだったらまたバスに乗って宿に戻ろうかと思ったほどでした(汗)。

さあ、ここから11km、フェント(Vent、1,895m)の村まで、途中山小屋などはない約4時間のコースです!Panoramaweg(パノラマ登山道)と呼ばれる眺めのよいコースですが、気を引き締めて歩きますっ!
c0207698_2050144.jpg

急な上り下りはない、歩きやすいコースですが、
c0207698_20502452.jpg

所々まだ雪が残ってます。でもどこも問題なく、普通の登山靴で歩けました。ストックももちろん持参してます。
c0207698_2050353.jpg

側面の傾斜がかなりあるので、気を引き締めて歩きます。眺めを楽しむ時は必ず立ち止まるように心がけます。
c0207698_20504612.jpg

木の橋の向こうにも道が細く見えてます。
c0207698_2051072.jpg

前方に、4人の男性が見えました(写ってるのは3人)。よく見てたら、この人たち、道の整備をしてる最中。大きな石を砕いたり、下に落としたり・・・。
c0207698_20511251.jpg

・・・ということは、あの人たちを追い越せば、まだ歩きにくい箇所があるのか!?・・・とちょっと不安にもなりました(汗)。でも私を追い越して何人もの人が先に進んでるので大丈夫だろうと思ってこの人たちを追い越したら、一箇所、ちょっと危ない箇所がありました(-_-;) 手を使っての移動でなんとか先に進むことはできましたが、ちょっとドキドキしました(汗)。

こういう、岩のごつごつした上も時々歩きますよ~。
c0207698_20512422.jpg

しばらく進むと、歩きやすい道に出ました。
c0207698_20513575.jpg

このコースではあちこちで羊を見かけました。
c0207698_20514941.jpg

↑この場所で、日本人グループに会いました。おじさんが、「一人でフェントまで?がんばるねー!」と言ってくれたのでいろいろ話してたら、この方たち、福岡から来られてることが分かりました。「私の出身地、○○なんです!」と言うと、おっちゃん、「親戚みたいなもんやんね!」と方言トークが(笑)。こんな山の中で九州の方に出会うとは、嬉しいものです(笑)。

さて、歩き始めて1時間半ちょっと、ヴァイスカール(Weißkar、2,656m)に出てきました。氷河から流れ出た池があります。
c0207698_2052146.jpg

c0207698_20521328.jpg池の側に記念スタンプボックスがあったので、前日のコースのスタンプの横にペタンとやりました♪

池の側で休憩してる人が多かったですが、私はまだまだ体力があったので、もうちょっと歩いてから休憩することにしました。

ということで、先に進もうとしたら、マウンテンバイカーがいました。多くの箇所では担いでになるとは思うけど、こんなコースを自転車でとは、想像しただけで怖いです(汗)。
c0207698_20523252.jpg

池から流れてきた沢を渡ります。
c0207698_20524377.jpg

谷底には、フェントの村に向かう道路と川も見えます。
c0207698_20525592.jpg

そして歩くこと3時間弱、道が分岐点になってて草原が目の前にあったので、ここでランチ休憩をすることにしました。奥には、コースの最終地点、フェントの村が見えています。
c0207698_2053914.jpg

そして休憩の後、歩くこと今度は約1時間半、やっとフェントに到着しました。4時間のコースとなってますが、ほとんど下りなので、私は4時間半で歩くことができました。
c0207698_20531952.jpg

バスが来るまで時間があったのでラードラー(ビールのレモネード割り)で休憩!まだまだ時間があったので、アプフェルシュトゥルーデルも注文しました。疲れてる時の甘いものも美味しい♪
c0207698_20533061.jpgc0207698_20534098.jpg

そしてまたバスで滞在してる村へと戻りました。

この日の夕食はまた同じレストランで。最後の夜でしたが、「またこれが食べたい!」ということで、私はじゃがいもとアンズダケとベーコンを炒めたもの、相方はサーモントラウト(ニジマス)が乗ったサラダを注文しました。ああ、もう、美味し過ぎ・・・。
c0207698_20535468.jpgc0207698_2054335.jpg

次はこの日のコースで見たお花をアップします~。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2013-08-19 00:29 |
<< 枕二つ使って休憩(&五日目のお花) | ページトップ | ネコチャン、今年もまた >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin