太郎の恐怖心
カメラが壊れたり、上の階の住人の騒音が、引越し時に一度文句を言いに行ったけど相変わらずすごくて再度文句を言いに行ったり、床暖房の修理に来てもらったのに全然直ってなくまた風邪を引いたりで、最近ちょっとあまりいいことが続かなかったんですが、またまた不安材料が一つ増えてしまいました(汗)。
今回は太郎です・・・。

実は数日前に、床暖房の再修理にやっと来てもらいました(先週来てもらうはずが、修理人の風邪でキャンセルになってました)。今度の方はちゃんとあれこれ調べてくれて、一つ重大な欠陥が見つかってそれは新しい部品を注文しなくてはならないことが分かったのでもう一度来てもらうことになったのですが、それでも2箇所機能しなかったうちの一箇所は直って、もう一箇所(リビング)も以前よりはかなりましになりました。
その修理、途中あれこれあって2時間近くかかりました。相方がいたのでよかったのですが、太郎はいつものように怖がって、私と一緒に寝室にいました。
これは修理人が帰った後の太郎ですが、修理中は、太郎はここ(クローゼットと壁の間)で顔を奥の方に向けて震えながら隠れてました。
c0207698_311175.jpg

修理人が帰った後もしばらくは隠れてた太郎、無理して出さずに、「太郎ちゃん、もう誰もいないよ~」と言いながら過ごしてたら、ビクビクしながらも出てきたのでホッとしてたんですが・・・。

その後太郎の恐怖心はなくならないままで、普段普通に室内にあるものも怖いのか、とにかく低い姿勢でビクビクしながら部屋の中を歩き、いろんなもののにおいを注意深く嗅いだかと思えば、怖くて何度も猫パンチをやったり。ちょっとの物音にも怖がって飛び上がって驚いてます。
部屋の中でもゆっくり眠ることができないようで、お気に入りのタワーのハンモック部分で寝ようとしても、周りにあるものが気になってまた起き上がって別の場所へビクビクしながら移動して部屋の中をうろちょろ。見てて本当にかわいそうなくらいビクビクしています(;_;)
そして、困ったことに、起きてる間はずっと欲求不満のミャオミャオが続くのです。太郎は普段からこういう鳴き方は多かったのですが、今は異様なほどに日中は鳴き続けてます。

そしてもう一つ困ったこと。それは、太郎がリビングから他の部屋へ行けなくなってしまったんです。太郎のご飯があるキッチンへは行きますが、その他、寝室方面へは怖がって絶対に行きません。太郎のトイレはかろうじてリビング出てすぐの場所にあるのでそこでやってますが、それ以外では怖がって絶対に出ようとしないのです。
なので、夜はいつも同じ寝室で寝てたのに、この2日間、来ないのです(涙)。太郎はどこで寝てたかというと、リビングの大きな棚の上、夜中にここです・・・。↓の写真はずいぶん前の撮影ですが、一応お気に入りの場所でもあるので、フリースを敷いてあげてます。
c0207698_3224547.jpg

今まで、夜にここで寝るなんて、一度もありませんでした。夜は毎晩私たちの寝室へ来てました。途中寝室から出てても、リビングではタワーのハンモック部分にいたり。でも今はそれができずにいる太郎なんです。

寝てる時以外はずっとビクビクしっぱなしなので、今日、相方と一緒に、恐怖心用のレメディーを買ってきました。早速ご飯とおやつに混ぜて与えましたが、それが効いてるのかどうかは分かりませんが、やっと今、お気に入りのハンモック部分で寝ることができている太郎です。 撮影は以前のものですが、↓の場所です。
c0207698_328166.jpg

元々訪問者をものすごく怖がる太郎ですが、その人たちが帰れば今までは大丈夫でした。でも今回は異様なほどの怖がり様で、その状態が二日以上続いてて・・・。
レメディーが今後も効果を発してくれるといいのですが、困ったことに、また修理人はもう一度やってくるし、あと、その他の用事で男性数人がうちの中に入ってくる日が今月二日ほどあります。今後の訪問の人たちは短時間で終わる予定だからそこまで恐怖心を引きずらないといいのですが・・・。

こういった恐怖心って、そのうちよくなるものなんでしょうかねぇ?あまりにもビクビクしてて、とにかく本当に見ててとてもかわいそうなんです。こちらはいつもどおりに振舞って、その他では、太郎が怖がってパンチをしようとしたものを隠したり(脱ぎ捨てたソックスとか、汗)、大きな物音は出さないようには気をつけてます。


お外では普段通りに歩けてます。
c0207698_3392361.jpg

c0207698_3403027.jpg

皆さん、こういう経験ありますか?このまま放っておいても大丈夫ですかねぇ?今はまだ恐怖心が続いてても、そのうちよくなるものなんでしょうか・・・。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2012-12-16 03:46 |
<< その後の太郎の様子 | ページトップ | 噛まずにはいられない >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin