Pちゃんと太郎、またまた接近の秋
昨日は朝一番で、今まで使ってたカウチの引渡し(e-bayに出品)をやって、その間太郎はベッドの下へ避難してました。引渡しが終わった後、私はお散歩をやって太郎の気を落ち着かせました。
c0207698_1133591.jpg

今日は侵入者訪問者もすぐに帰ってよかった~と思ってたら、その後、宅配便やらご近所さんやらが来て玄関のベルを鳴らされて太郎はまたまたビビリ気味。その後、なんとか太郎も落ち着いて、新たなお気に入りの場所となったこの爪とぎの上でお手入れをやってました。
c0207698_1134745.jpg

Gaviちゃんのおねえちゃんから、動物用のヒーリングミュージックをネット経由で頂いたので、それをかけたら太郎はこんなリラックスした表情に^^  Gaviちゃん、おねえちゃん、ありがとう!!!
c0207698_1135732.jpg

でもそれもつかの間、相方から電話があり、「暖房の修理人、この前の続きで今から来るから~」と(-_-;)
まあ、でも、こういうことは一気に終わらせたいからこの日でよかったかも。約1時間後に修理人が来て、太郎はリビングにあるマットトンネルの中で隠れてました。そして修理人は約10分で帰って行ったのですが、今回の太郎、また多少落ち着きをなくしてましたが、もう大丈夫みたいです!先週からのように引きずることはないようです。ホッ042.gif

やっと太郎も落ち着いたようなので、今回は今までに撮りだめしてた写真から記事をアップします~。
ええと、↓の話題は、約2ヶ月ちょっと前の出来事です(汗)。

-------------------------

相方と太郎と一緒に庭にいたら、お隣に住むPちゃんがやってきました。Pちゃんは太郎に近付きたくてしょうがなかったのですが、太郎はPちゃんを少しうざく感じ始めたのか、部屋の中に戻ってしまいました。私も中に戻り、テラスにいるPちゃんに、「ごめんねぇ、猫は遊ぶ気ないみたい」と言いながら太郎からリードを外したら、一瞬の隙を狙って太郎がまた外に出てしまいました。
太郎は庭の植物の下に篭城。時間も夕方だったのでそのままリード無しで外にいさせるわけにはいかないと思って捕まえようとするも、根元にいる太郎の所まで私の手は届きません(上に向かってぼわっと広がってる植物なので)。するとPちゃんが、「猫に草をあげよう!そしたら出てくるかもよ~」と言って太郎が好きそうな草を摘んできました(以前、太郎が外で草を食べるところを見たことがあるのを覚えてたようです)。
そしてこれは、Pちゃんが、「ほら、美味しい草だよ~」などと言いながら太郎に草をあげてるシーンです。
c0207698_21402573.jpg

私も相方も、うーん、太郎は反応しないかも・・・と苦笑いしながら見てたんです。
「この子、しつこいにゃ」。  ・・・みたいな表情の太郎なんですが、
c0207698_21403475.jpg

なんと!太郎、食べ始めました!!これには私も相方もびっくりでした。
c0207698_21404723.jpg

「せっかく持ってきてくれたから食べてやったにゃ」。 逃げないだけでもすごいのに、食べるなんて・・・。
c0207698_2141064.jpg

太郎とお話をするPちゃん。
c0207698_21411240.jpg

「また摘んできてあげるね~」と言って、その場を離れたPちゃん。太郎は逃げずにそのまま待機、Pちゃんの方向を見ています。
c0207698_21412624.jpg

「ほら、美味しいよ~。お食べ~」と草をあげるPちゃん。太郎、また食べてましたよ~。
c0207698_2141392.jpg

その後、Pちゃんに嫌気がさしたのか太郎は出てきたので、そこでリードを装着。Pちゃんにはお礼を言いました。
こうやって外だけでなく、玄関先でもたまに鉢合わせになる二人なんですが、太郎、尻尾立ててPちゃんに近寄ろうとすることもあるんですよ~^^; Pちゃんとは館内でも何回も顔を合わせてるせいか、安全な人との認識になってしまってるようです。うちの向かい側の棟に住む、同じ年齢くらいの女の子にも近寄ろうとしたことのある太郎、幼稚園児くらいの女の子は好きとまではなくとも、なんとなくOKなようです。
大人に対してもこれくらいの余裕があるといいのですけどねぇ・・・、なかなかそうはいかないようです(汗)。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2012-12-20 17:08 |
<< 大雪の日の太郎 | ページトップ | 寝室に来てくれました! >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin