幸運の黒猫のお店
今日はこれから衆議院選挙の投票に行ってきます。ちょっと前に”在外選挙人証”を取得したのでやっと日本の選挙に投票できるようになりました。日本での投票日は12月16日のようですが、こちらでは5日~9日が投票期間です。皆さん、大事な一票、無駄にしないようにしましょうね♪

-------------------------

「スンスン・・・」。  太郎がいつものようにミーアキャット立ちでにおい嗅ぎを楽しんでます。
c0207698_640528.jpg

「このにおい、たまらんにゃあ」。  香りを楽しむ植物は決まってます。どれでも嗅ぐわけではありません。
c0207698_6401562.jpg

「およっ?」。  なにか気になるものでも見えた?
c0207698_6402581.jpg

「なにもなかったにゃ。スンスン♪」。  また楽しそうに嗅ぎだしました。本当に毎回楽しそうなんです!
c0207698_640355.jpg

なんのオチもないですが、痛い腰を我慢してぐっと屈んでの撮影、これらの写真を無駄にすることはできませんでしたw

--------------------------------

前回記事で書いた、”猫にゆかりのある店”の写真をアップします~。
このお店がそんな店だとは知らず、最初は、「なんか猫がいっぱい描いてあるんだけど!?なんで!??」と、店に入る前からテンションが上がったまま撮影を続けてた私でした。
続きは↓に畳んでアップしてますので、ご興味ある方はよかったらどうぞ~。



クーフシュタインの町に到着後、しばらくは買い物を楽しんで、その後、なかなか雰囲気のよさそうなこの狭い通りに入りました。
c0207698_6405175.jpg

こちらのワインハウスがなかなかいい感じで、通りを挟んだ目の前にある建物(食事処、ホテル)もこのワインハウスの建物でした。
c0207698_6411385.jpg

ということで、ウェイターさんたちがこの通りを通って目の前の建物までメニューを運んで行くので、「注意!」の看板があるわけなんですが、その下にある猫の絵が気になって、気になって。なんでここに猫が~??となったわけです。
c0207698_6412335.jpg

ワインハウスレストラン入り口の横にロバが3頭いました。顔を寄せてきたりして、かわいいなあと思って見てたら、あら~、奥の方をよ~く見ると・・・、
c0207698_6413526.jpg

あんな所にも猫の絵が!私は最初、ネズミ避けか何かのために描かれてるのかと思いました^^;
c0207698_6414868.jpg

このワインハウスの入り口のところにセルフサービスのグリューモストコーナーがあったのですが、そこにはショールをかけた黒猫ちゃんが!また猫がいる~~と、興奮しっぱなしの私でした(笑)。
c0207698_642187.jpg

ちなみに、グリューモストとは、グリューワイン(ホットワイン)と似たようなものですが、モスト(発酵途中のりんご酒)を原材料にしたホットワインの一種です。
c0207698_642125.jpgどこかの店でグリューワインを飲もうとは思ってたけど、このワインハウスの食事が美味しかったこと、それに歴史あるワインハウスだからこのグリューモストも美味しいはずに違いないと思って、夕方、クリスマス市見学後にこれを飲んだのですが、これがまあ、美味しいこと!!
相方は車の運転があるから私のを一口試しに飲むだけのはずが、「なんだ、この美味しさは~!?」と言って、その後しょっちゅう「あと一口!」って言ってくるんです(汗)。
でもそれほど美味しかったんですよ~♪

c0207698_6423151.jpgウェイターさんたちが運んでいくメニューがどれもとても美味しそうに見えたので、ここでランチをすることにしました。
すると、お店の中に入ると、まず目に入ってきたのがこれ!
入り口に敷かれてたマットですが、またあの猫の絵が描かれてます!

店内のあちこちにはクリスマスの飾り付けがありました。
c0207698_6425526.jpg

そしてビールで喉を潤したわけですが、最初は全然気付かなかったのですが、途中まで飲んでこれを発見!なんとビアグラスにもまたこの猫の絵が!
c0207698_643542.jpg

相方はアルコールフリーのビールをこの↓グラスで飲んだわけですが、ここにもまた猫が~。後からお店の人が教えてくれたのですが、通常はこのグラスのように家と猫がセットの絵になってますが、↑のビアグラスだけ、”猫とビアグラス”の絵になってるそうです。
c0207698_6432433.jpg

なんだかかわいい店だわ~、でもなんで猫がシンボルマークになってるのかしらねぇと相方と話しながら周りを見てたら、天井にネズミ捕りがかかってました(笑)。
c0207698_6433689.jpg

その近くにある予約席のマークもこれ・・・。
c0207698_6434911.jpg

c0207698_6435984.jpgこちらはワインメニューですが、もちろんここにもまたこの猫が・・・。

c0207698_6441140.jpgそして食事が運ばれてきたわけなんですが、サラダに付いてたパンがこんな袋に入ってました♪
暖かいパンがとっても美味しかったけど、この袋もかわいいわあ。

前日の夜も外食でかなりの量食べてたので、この日のランチは少量ずつの皿の注文にしました。お魚のサラダを二人分に分けて盛ってもらいました。右は、栗のスープとレシュティ、相方と分けて食べましたが、どれも激ウマでした!
c0207698_6444746.jpgc0207698_6445989.jpg

c0207698_453564.jpg食事が終わってお勘定を頼むと、レシートにもまた猫の絵が~。
同じ猫とはいえ猫づくしで嬉しくなってしまった私です♪
さて、どうして猫がこんなに描かれてるのか、そのわけが分かりました。

このお店、600年の歴史があるワインハウスなのですが、一匹の黒猫にまつわる伝説のようなものがあるそうで、そのお話がお店の中に書いてありました。
簡単にいうと、その昔、ここに貧しいホテル主が住んでて、「私の魂をあげてもいいから、この樽にこの地域で一番のワインを入れておくれ!」と悪魔に頼んだそうです。その願いを聞いた悪魔はワインを樽に入れ一匹の黒猫を樽の上に置き、「この猫は幸運を運んでくる猫だ」と言ったそうです。その後、この店は、「猫が座ってる樽のワインをくれ!」と注文する人でにぎわい、ホテル主もお金持ちになったそうです。その後牧師さんも関わってきていろいろあって(すみません、省略します!、笑)、この黒猫はこのワインケラーで平和のシンボル、そして一番美味しいワインを造るシンボルともなり、ワインケラーに忍び寄る悪魔たち(※この悪魔たちは、最初にこの黒猫を樽の上に置いた、結果的には”侮辱された”ことになる悪魔によって送られた者たち)を追い払う役目を負っているのだそうです。

・・・なるほど~と、これでやっと猫の役割が分かりました(・・・と言っても、相方はその場ですぐにこれを読んで「だからかあ」とか言ってたんですが、私は自宅に戻ってじっくり、じっくりと読んで、やっと内容が分かったのでありました、汗)。

c0207698_6464650.jpgこちらは自分用のお土産に買った猫のビアグラスです♪
こんなの他所では見たことないので、思わず購入しちゃいました♪

ワイングラスは今回は購入しませんでしたが、次回、クーフシュタインに行く機会があったら絶対に購入しますっ!!

[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2012-12-06 18:41 | お出かけ
<< 相方、私、それぞれの購入品 | ページトップ | 要塞のクリスマス市見学 >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin