器用なお手々
猫草を食べる時、たまにこうやって、邪魔な部分を手で押さえて食べている太郎です。
c0207698_0242932.jpg

周りを食べてる時は普通にムシャムシャが多いですが、上部分を食べる時に時々こうやってます。
c0207698_0244274.jpg

この方が食べやすいことをちゃんと分かっててやってるんだとは思いますが、猫なのになんとも器用なことをやって食べてるなあと、このシーンを見るたびに思ってしまいます。
c0207698_0245593.jpg

食べた後はお約束・・・ではないですが、今回もこうなりました(汗)。床の上なのでよかったわ・・・。
c0207698_0251870.jpg

太郎は吐く時、普段はわざわざ絨毯敷きの部屋に移動することが多いです。なのでこの時は安心して見てられました^^;
c0207698_0253477.jpg

昨日の朝というか真夜中2時頃でしたが、太郎の吐き始めた音で目が覚めました。私はヘルニアからの腰痛の関係で起き上がるのに時間がかかるため、こういう時は太郎が2回続けて吐く音(詳しくは、吐く前のケコッケコッ、ですね)をむなしく聞きながらゆっくりと起きる羽目になります。以前は素早く起きれたんです(涙)。そして真夜中に絨毯の掃除・・・(涙)。
その数時間後、まだ起きる時間ではないのに、太郎が私の枕の横のタワー(太郎ベッド)の上から何回も「るるるっ」と話しかけてきました。いつもは返事をしてあげるけど今回は眠くて無視・・・。するといきなり、太郎の手が私のおでこにペチッと飛んできました(汗)。爪は出てなかったけど、いきなりなんで痛かったー(涙)。こんなことが以前もあったので、私が反応しない時はとりあえずおでこか頭を手で叩けばいいということを覚えてしまったようです・・・。私を叩くことでも器用なお手々なんです(;_;) そしてその後、腕を伸ばしたら両手でつかまれて思いっきりキックされ、手の側面から出血です(T_T)

----------------------------------------

馬術の一種、障害飛越競技観戦の続きの様子です。

私たちの席からズームも何も無しに撮影すると、競技場まではこの距離です。
c0207698_0254929.jpg

ということで、ズームでなんとかお馬さんたちのジャンプ姿を撮影しました。その続きは↓に畳んでアップしてまーす。



競技場には至る所に障害物(バー)が設置してあり、それを決まった順に飛んで行かなければならないお馬さんたちです。もちろんタイムも計測されます。詳しいルールは分かりません(汗)。
c0207698_026319.jpg

c0207698_0261794.jpg

かなりの枚数撮影してましたが、バーの上を飛んでる瞬間がきれいに撮れてたのはわずかでした(涙)。
c0207698_0262996.jpg

これは後ろの足がちょっと切れちゃってるし・・・。
c0207698_0263972.jpg

まあ、でも、かっこよさは伝わるかと思います!
c0207698_0264917.jpg

c0207698_027073.jpg

c0207698_0271298.jpg

途中、時々こうやって清掃が行われてました。でもお馬さん、私が見てた限りではここで落し物はやってませんでした。えらいですねぇ。
c0207698_0272423.jpg

最後は優秀者13組でだったかな、決勝戦みたいな競技がありました。
c0207698_0273529.jpg

この一枚は気に入ってるんですが、残念ながら前足がバーに引っかかっててバーが落ちてしまいました。
c0207698_0274652.jpg

最後は表彰式です。
c0207698_0275729.jpg

こちらが優勝者のドイツの方。お馬さん、なんとなく微笑んでるように見えます~^^
c0207698_028980.jpg

表彰式にはなぜかサッカーチームのバイエルン・ミュンヘンのトーマス・ミュラーがいました。隣はたぶん彼女ですね・・・。こういった場にも彼女とか連れてくるんですねぇ。カメラマンが一斉に彼の方に移動して彼ばかりを撮影し始めて、それは違うでしょ・・・とちょっとだけ思ってしまいました。
c0207698_0282162.jpg

なかなか見る機会のない馬術競技を初めて見ましたが、おもしろかったです!今までテレビで何度も見たことはあったんですが、正直、おもしろいと思ったことがなかったのです(汗)。でも今度からは興味深く見れそうです♪
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2012-11-09 17:47 | お出かけ
<< 気になるにゃあ | ページトップ | いきなり、パ~ッ! >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin