母娘コンビ相手にしつこい太郎
お散歩をやってたら、ご近所猫さんの白黒ちゃん(♀)が木の上にいるのが見えました。太郎が気付かないならいいのになあ、そのまま下を通過してくれたらいいのになあ・・・と思ってたけど、やっぱり気付いてしまいました。そしてストーカーが始まります(汗)。

「白黒おばちゃん、ここでなにやってるにゃ!ボクもそこまで行くにゃ!。 太郎のことが大嫌いな白黒ちゃん、思わず上の方へと逃げようとしてます。
c0207698_221195.jpg

するとそこへ、私も気付いてなかったのでびっくりして慌てての撮影で斜めになってしまいましたが(ソフトで修正したのでこんな変な画像になりました)、白黒ちゃんといつも一緒に行動してる、白黒ちゃんの娘の娘猫ちゃんがいきなり登ってきたではないですか!
娘猫ちゃん:「ママになにするのよっ、このバカ猫ッ!」。
太郎:「あっ、キミもいたんだにゃー!」。
c0207698_22234525.jpg

そしてこの直後、太郎と娘猫ちゃんは木を下りてにらみ合いになり、いきなり取っ組み合いになってしまいました(>_<)
一応その取っ組み合いもほんの1~2秒で終わったとはいえ、私、もう慌てましたよ・・・。でも太郎は全く興奮しておらず、毛が逆立ってることもなかったんです。これにもちょっとびっくり。娘猫ちゃんはどこかへ行ってしまいました。

そんな二匹を、上から眺めてた白黒ちゃんでありました。
「やあね、あのしつこいヒモ付き猫ったら。うちの娘になにするのよっ」。
c0207698_2212232.jpg

太郎はまたこの木の下から動かなくなりました。
「白黒おばちゃん下りてくるまで待ってよう~っと」。 太郎ちゃん、ほんと、しつこいわよ・・・。
c0207698_2212844.jpg

そしたら太郎がやっと移動を開始したんですが、すぐにストップ。そしてこの場から動かなくなってしまったんです。
「ここにいたにゃ!」。 えっ、太郎ちゃん、何がいるの?
c0207698_221223100.jpg

しばらく経って太郎がまた動き出したので奥の方を確認してみると、あらっ、娘猫ちゃん、ご近所さんのテラスにいました。
「あそこに行きたいけどにゃ・・・」。 太郎はそこへは入れないので、娘猫ちゃん、正しい行動ですね。
c0207698_22123285.jpg

反対側から覗くことにしたようですよ・・・。しつこいなあ。
「ここからだったら娘猫ちゃんのことがよーく見えるにゃ」。  見なくていいじゃない・・・。
c0207698_22124863.jpg

「あの子、なんでこんなにしつこいのっ。さっさと自分ちに帰ればいいのに」。 ごめんねぇ・・・。
c0207698_22125651.jpg

娘猫ちゃんの睨みが利いたか?太郎、目をそらしました。
太郎:「なーんかまともに見れないにゃ・・・」。
娘猫ちゃん:「ふんっ!弱虫ヒモ付き猫ッ!」。
c0207698_22131010.jpg

結局太郎が他の場所に気を取られてる隙に娘猫ちゃんはやっと他の場所に移動してくれました(ホッ・・・)。太郎は、白黒ちゃんがいた木へと戻りましたが、白黒ちゃんも既に移動済み。そうなると、今度は太郎のいつものチェックが始まります・・・。
「おばちゃんがいた所のにおい、ちゃんとチェックしとかなくちゃにゃ」。 太郎ちゃん、ご苦労様・・・。
c0207698_22132268.jpg

「白黒おばちゃんのにおいがするにゃ」。  におい、そんなに大切なの~?
c0207698_22133393.jpg

「ここにも白黒おばちゃんのにおいが・・・」。 
c0207698_22134497.jpg

「くんくん・・・。白黒おばちゃんのにおいがいっぱいだにゃ」。 もう十分嗅いだでしょ!下りてきなさい!
c0207698_22135676.jpg

白黒ちゃんと娘猫ちゃんは、最近は太郎の姿を見るとすぐにUターンして逃げて行くんですが、この時はちょっとそういうわけにもいかなかったようです。そして娘猫ちゃん、母親の所に近付こうとした太郎を追い払うために木に登ってきたんでしょうねぇ。いつも一緒の母娘コンビ、本当に仲良しの親子猫です。この仲の良さが太郎にはちょっと羨ましいのかな・・・^^;

---------------------------

REIさんへ:これはGeishaヌードルとは違いますか?
c0207698_0471921.jpgc0207698_04734100.jpg

ちなみにこれも日清さんのです。他の日清さんのインスタント麺同様、とても美味しかったです♪
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2012-11-03 07:07 |
<< 超不機嫌の夏 | ページトップ | 満足できなかった木登り >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin