船に乗ってアルムから帰ってきた牛たち
今週は水曜日が祝日でその翌日から相方が仕事が休みだったのとあれこれと細かい用事が入って少しバタバタとしておりました。ということで、太郎もいつもよりお留守番の時間が多くなっちゃいました。

「お留守番ばっかり、つまんないにゃ~!」。 たまにはいいじゃない。
c0207698_4374138.jpg

「出かける時間あったら、お散歩にも連れてってにゃ~」。 そんなふうにねだられるといやっては言えないのよねぇ・・・。
c0207698_439420.jpg

まあ、また来週からは通常の日々なので、太郎にお仕えする日々に戻ります^^;
太郎の脱走騒動で3回目のうちの子記念日のこともすっかり忘れてたので、その分ご奉仕もいつも以上にたっぷりやらなければ、です(笑)。

----------------------------------------

今回は祝日の日のお出かけのことを書こうと思いますー。
その前に、先日アップした農業祭りの記事で使わなかった写真を見てたら子豚のぷりけつ写真があったのでアップしておきますね。めんまねえちゃんさん、見てるー(笑)?
c0207698_4434872.jpg

さて、祝日の日ですが、この日は、夏の間アルムで過ごした牛たちが下山してくる行事を見に行きました。この行事、9月には、snowdropさんを訪問の時にも見ましたが、今回訪れたのは、6月にも訪れたケーニヒス湖(Königssee)という湖です。ここの牛の下山行事は、牛たちが船に乗って帰ってくるという、他とはちょっと変わった珍しい光景が見られます。

続きは↓に畳んでアップします。お時間ある方はよかったらどうぞ。



最近雨がとても多かったのですが、この日は一日中とてもよい天気になるとの予報でした。早朝に自宅を出発、最初は快晴の中を走ってましたが、現地に近付くにつれ(=湖が近くなる)霧が段々と濃くなってきました。
そして湖岸に到着するとこの通り、この時間(9時頃)、奥の方は全然景色が見えませんでした^^;
c0207698_4564233.jpg

それでももうすぐ到着する牛が乗った船を迎えるために、準備は着々と進んでました。
c0207698_4565172.jpg

既に観光客もたくさん集まってきてますが、後からはもっとすごい人数になってました。
c0207698_457542.jpg

なぜ牛たちが船に乗って帰ってくるのかというと、この湖の先には数百年と続いてるアルム小屋があるのですが、そこに牛たちは放牧されてて、そこへは道がなく、船で渡るしかないのです。そこにはハイキングコースももちろんありますが、人もまず最初は船で湖を渡らなくてはなりません。
湖の先には二つのアルムがあるので、牛たちも、二回に分けて運ばれてきます。

牛たちが帰ってくる前に、まず、カウベルを運んできたボートが到着しました。
c0207698_513664.jpg

牛の下山行事というと、カウベルはもちろんカラフルな飾り付けも特徴的ですが、そういったのは船から下りた後に着けるのだそうです。船の上でそういったのを着けておくと狭い船上で壊れてしまうのだとか。
c0207698_521665.jpg

ただ、そのカラフルな飾り付けは、夏の放牧が無事に終わったことを祝うという意味があります。残念ながら、今回帰ってくる牛たちで最初のグループの方は、夏の間、一頭の子牛が有毒性の植物を食べて亡くなるといった事故があったらしく、飾り付けはなしということでした。二つめのグループの牛たちの飾り付けはありました。

牛たちが乗ってる船が霧の中から見えてきました。向かって左側の船です。
c0207698_582887.jpg

湖岸に近付いてきました。湖岸側で音楽の演奏が始まりましたが、船上でも音楽を演奏しながら牛たちを運搬してくるそうです。二回目の運搬の様子を相方が別の場所で見て、楽器の演奏も見えたそうです。
c0207698_5114652.jpg

二つのボートを繋げて牛用の荷台が作ってあります。
c0207698_5142963.jpg

牛を下ろすために牛飼いの人たちがやってきました。
c0207698_5152490.jpg

そして牛を下ろすのですが・・・、これがけっこう時間がかかってました^^;
c0207698_515585.jpg

素直に下りる子もいましたが、ほとんどの牛は飛び跳ねるように船から下りてました。
c0207698_5161242.jpg

下りた牛たちは、人がたくさんいるのにびっくりしたのかしら、きょろきょろしてましたよ(笑)。
c0207698_5162793.jpg

c0207698_5163916.jpg

左から二頭目、後ろ足が跳ねてるのが分かりますか?こんな感じで飛び跳ねて下りる子が多かったです。
c0207698_5165426.jpg

下船も順調に済んで、カウベルもまた着けてもらい、後はそれぞれのうちへ帰るのを待つのみです。
c0207698_517885.jpg

c0207698_5172742.jpg

そしてみんなで一斉に出発です。先に書いたように、このグループは飾りは無しです。
c0207698_5174096.jpg

c0207698_5175045.jpg

c0207698_518137.jpg

そしてまた、この牛たちを運んできた船が、もう一つのグループの牛たちを迎えに湖の奥へと走って行きました。その頃には霧もだいぶ晴れてました。
c0207698_5181634.jpg

次のグループがやって来るのは約二時間後、それまでお茶を飲んだりして休憩しました。続きはまた今度アップしますね~。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2012-10-07 05:31 | お出かけ
<< 第二グループの牛たちが帰ってきました | ページトップ | きれいにジャンプできない場所 >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin