歩いてみたい場所、見つけた!(滞在三日目、後編)
太郎が気持ちよさそうに寝ています。寝てる最中に、時々、
c0207698_21113316.jpg

両手がこうやって、パ~~ッ!となることがあります^^
c0207698_21122824.jpg

この時も、寝てる時に手がほんのちょっとにぎにぎと動いてたので、もしかしたら・・・と思ってカメラを向けたら、
c0207698_2114037.jpg

撮影タイミングはちょっとずれましたが、やっぱりパ~~ッ!となりました。何か夢見てるんですかねぇ^^
c0207698_21143334.jpg

--------------------------------

前回記事の続きです。

お迎え(所有者の方)を待ってる牛さんに「さようなら~」と別れを告げ、snowdropさんと一緒に次の場所へ移動です。
c0207698_21342419.jpg

続きは↓に畳んでアップしてます。



余った時間、何をしようかなと思ってたら、これから急ぎ足で行けば山の上にも行けるとsnowdropさんが言ってくれたので、それならばと、まずはバスに乗って、それからロープウェイに乗って一気に標高2,010mのところまでやってきました!
c0207698_21384623.jpg

ゆっくり撮影の時間もないかなと思いつつ、奥の方の景色を見ずに下に下りるわけにはいかないので、急ぎ足で見学です。
なかなかいい感じのコースが見えますね~。
c0207698_21505577.jpg

左側はこういう景色。この谷の奥の景色にものすごく惹かれます。自宅に戻ってからの写真チェック中、相方もこの写真に反応、そしてこのコースのことをあれこれと調べてました。ということで、いつかまた絶対にモンタフォンに行かなければ、そしてまた山歩きを楽しまなければと思いました^^
c0207698_21532792.jpg

ロープウェイの中間駅(1,480m)まで歩きます。いつもの山歩きではのんびり歩く私ですが、この時はロープウェイの最終時間に間に合わなければいけなかったので、いつもの倍以上の速さで歩いたと思います^^;
道の上に写ってる人たちも同じだったようで、かなりの早足。この人たちを見失わないように歩いたsnowdropさんと私でした(笑)。
c0207698_21573866.jpg

急ぎ足でも景色は十分に楽しめます♪中央からちょっと右側に写ってる谷の奥の方も惹かれますね~。地図を見る限りコースとしては載ってないようですが、そういった場所はますます惹かれます。
c0207698_2245088.jpg

冬はここはスキー客で大盛況なんでしょうね。
c0207698_229152.jpg

最初はこういった道をずんずんと下って行きました。
c0207698_22102938.jpg

そして景色を堪能しながらも早足で下って行くと、中間駅が見えてきました!最終便の時間よりも余裕で到着、ホッとしました(笑)。
c0207698_2212117.jpg

そしてロープウェイで下の村まで下ります。この景色を見ながら、谷に住むのなら、朝日がたくさん当たる場所、もしくは夕日がたくさん当たる場所、どっちに住みたいかなあとか、そんなことを考えてしまいました、
c0207698_22203820.jpg

帰りのバスをここで待ってると、snowdropさんが以前ここで茶トラの猫を見かけたとのこと。そんなお喋りをしながらバスの時間を待ってたら、
c0207698_2224151.jpg

茶トラの子が~!snowdropさんの先日の記事の途中辺りに登場してる子ですね♪
c0207698_22282624.jpg

そして翌日は私はもう自宅に戻るだけで、snowdropさんとご一緒の時間もこの日が最後だったので、一緒に夕食をとることになりました。
c0207698_22313066.jpg

注文したのは、”Tiroler Bauerngröstl”。チロル風のじゃが芋の炒め料理です。お肉、もしくはベーコンと炒めて、上に目玉焼きが乗ってるお料理です。
c0207698_2242112.jpg

このお料理、一般的にはどの店のも量がかなり多くて私は途中でギブアップすることもあるのですが、このお店のは量もちょうどよく、そして味もとてもよかったので、最後まで残さず食べることができました♪

そしてその後snowdropさんとはお別れです。とても名残惜しかったですが、また近いうちに会えると信じて、別れの挨拶をしました。
snowdropさん、今回は楽しい時間を本当にありがとうございました!またお会いできる日を楽しみにしています!^^

----------------------------

おまけ:最終日、帰る日の様子

この日も朝から快晴です。帰るのがもったいないくらいのお天気でした。
c0207698_224857100.jpg

帰りは、電車の乗り継ぎが二回ありました(往路とは全く別のルートで帰りました)。行きと違って席の予約はしてませんでしたが、余裕で座ることができました。最後の列車はガラガラ状態(途中から乗客は増えてきましたが)。乗った車両は、コンパートメント席の車両でした。
c0207698_22523582.jpg

他の乗客がいないし、コンパートメントだし・・・と思って、普段はできないこと、窓を開けて外の景色を楽しむことをやってみました。
 以下2枚の写真のBGMはこれ~(笑)。

富○通の提供でお送りします(笑)。
c0207698_22571173.jpg

c0207698_22573188.jpg

[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2012-09-27 01:23 |
<< 太郎を放牧 | ページトップ | 山から戻ってきた動物たち(滞在... >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin