おしゃべりご近所猫さんがまたやって来た
だいぶ前のことですが、今年始めに二度ほど見かけたおしゃべりご近所猫さん(が久しぶりにうちのテラスにやってきました。この子、約半年ほど前に比べるとかなり痩せてるし、毛もかなり汚れてたんで、もしかして野良猫さん??とも思ったのですが、ご飯を見せても全く興味を示さなかったので、やはりどこかで飼われてる子ではあるようです。

「おばさん、久しぶりだねー。おばさんちの子、いる?」。 この子、今回もまたとーってもおしゃべりで、ずっと「るるるっ」だの、「ぐるるるる~」だのとたくさん喋ってました^^
c0207698_23132036.jpg

「おばさんちの子に会いたいんだけどなあ」。 私があの手この手でナデナデしようとしても、この子は窓際に見えてる太郎の方が気になってたようで、太郎の姿ばかり目で追ってました。
c0207698_23155895.jpg

「おばさんちの子、出てこないの?」。 うーん、ちょっと待っててねぇ^^;
c0207698_23165748.jpg

おしゃべりご近所猫さんは太郎のことが気になってしょうがないという感じでしたが、この時、↑の写真ではまだ明るく見えるものの既に夜の9時過ぎだったので太郎にリードを着けて出すべきかちょっと迷ってしまいました。写真、写り方によってはもうこんなに暗いし、実際もけっこう薄暗かったです。
c0207698_23191785.jpgc0207698_23192866.jpg

ほとんどのご近所猫さんは太郎を見たら逃げて行くのに、この子はとっても太郎を気にしてるから、それを見た相方が「太郎ちゃんに会わせてあげなよ~」とずっと言うので、太郎にリードを着けて出てみました(自分でやればいいのに)。でもやっぱり太郎はちょっと興奮気味で・・・^^; それでもおしゃべり猫さん、逃げはしませんでしたよ!鼻をくっつけての挨拶もできてました!

太郎:「君、うちのテラスで何やってたにゃ!」。
ご近所猫さん:「どうしてそんなに興奮するんだ~?」。
c0207698_23242229.jpg

ご近所猫さん:「ほら、こうやって横になっておしゃべりしようよ」。
太郎:「なんのおしゃべりだにゃ!」。 ご近所猫さんがせっかくリラックスしてくれてるのに、愛想のない太郎です(-_-;)
c0207698_23254877.jpg

太郎がいつまで経ってもこんな感じだから、まったりとしてたご近所猫さんも起き上がってしまいました。
ご近所猫さん:「お話したかったけど、君、その気ないみたいだね。残念だよ」。
太郎:「ボクは知らない子とは気軽にお話なんてしないにゃ!」。 それなら追っかけもしないでちょうだいっ!
c0207698_23294972.jpg

ということで、おしゃべり猫さん、残念ながらどこかに帰ってしまいました。そして太郎がいつものごとく追っかけ(汗)。大人になってから知り合った猫とは仲良くできないのに、追っかけだけはしっかりやるので、一緒に走る羽目になるお世話係は毎回大変です(汗)。

所詮ヒモ付き猫ですからね・・・、見失います。
「あの子、どこに行ったにゃ!?」。 それならうちのテラスで一緒にまったりすればよかったじゃない!
c0207698_233311100.jpg

もう暗かったので、これ以上先に進むことを許されなかった太郎は私に向かってシャーッ、シャーッの連続でした(汗)。

写真にはなかなか撮れませんが、お散歩中はとにかくご近所猫さんの追っかけが多い太郎です。私も一緒になってバタバタ走る羽目になるので、猫と一緒に走ってる姿を見られ、ご近所さんの目が毎回非情に気になるお世話係でありました。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2012-09-05 19:38 |
<< お座布団として大活躍 | ページトップ | 舌出し寝姿 >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin