この日もやっぱり山歩き
またまたすごいお顔が撮れました^^;
「ゲーッ!」  ちょっとカメラ目線?
c0207698_2293084.jpg

草を食べた後に毎回ゲーッとなってるわけではないんですが、かなり固めのものを食べた後によくなってます。今回は、うちの庭にある、姑が勝手に植えたこれを食べてました。太郎がよく食べるので葉の先の多くは切れた状態になってます。うちには似たようなのが他にも植わっててこれの名前は忘れたけど、私は”でかい猫草”と適当に呼んでます(笑)。
c0207698_2212420.jpg

------------------------------

さて、7月のとある日、またまた山に行ってきました。といっても、今回も上までは一気にロープウェイに乗って登るので楽々山歩きです。
c0207698_22172756.jpg

行った場所は、オーストリアとの国境付近に位置するミッテンヴァルトという町の東側にそびえるカーヴェンデル(Karwendel)の山です。
本当は前日、相方と義父がこの付近をマウンテンバイクで走ると言うので、私も現地まで車に乗せてもらって、そして一人でこの山に行こうと思ってました。しかし、その話を聞いた相方が、いつものように「自分もそこに行きたいっ!」とうるさくわめき出した言い出したので、結局その翌日に二人だけで一緒に行くことになりました。
実はこの日は、私の○○回目の誕生日でありました。ということで、誕生日の日も山歩き~となったわけですが、お天気がその日はとても素晴らしい晴天日和だったのでなかなか素晴らしい一日となりました。

続きは↓に畳みますね~。



山の下のミッテンヴァルトは何回か訪れたことがあるのですが、この山へ登るのは初めてです。いつも下から見て気になってた、山頂駅(2,244m)にある”大きな望遠鏡”、やっとそれを目の前で見ることができました。 この望遠鏡の形をした建物の中には、このカーヴェンデルの山の自然に関する展示物などがあります。
c0207698_222743100.jpg

山からの眺めを撮影したんですが・・・、これがとても怖かったです(>_<) 目の前の山の斜面はほぼ垂直状態で岩がごろごろとした場所・・・(汗)。
c0207698_22335063.jpg

相方が、「気をつけろー!」とか言ってきたんですが、声をかけられるとよけいにビクッとして危ないです(汗)。 下に見える町がミッテンヴァルトです。
c0207698_2234519.jpg

まずは、山頂駅にあるレストランで腹ごしらえです。歩く前なのでアルコールは飲まずに、相方はアルコールフリービール、私は、シーヴァッサー(Skiwasser)と呼ばれる、直訳すると”スキー水”と呼ばれる、炭酸水とシロップを混ぜたものを飲みました。普通のソフトドリンクほど甘過ぎず、ちょうどいい感じの甘さで山歩きの最中にはもってこいです。食事は私はロールキャベツみたいな料理、相方はスープです。
c0207698_22393564.jpgc0207698_22394936.jpg

c0207698_22421137.jpgチロルから来たという3人組のバンドが、「誰か自分たちを呼んだか~い?」と言いながらテーブルを回ってたので、相方が「彼女は今日が誕生日だ」と言ったら、ハッピーバースデーなど、3曲ほど演奏してくれました。

どれくらいの曲数を演奏してくれるかは、チップの額によって変わってくると思います(笑)。

お腹を満たした後は山歩き開始です。山歩きといっても、レストランから見えてた景色の場所をぐるっと一周するだけです。
c0207698_22492560.jpgドイツの山では、黒=難しい、赤=中級者向け、青=簡単・・・と、コースによって看板に色分けの印があるのですが、今回歩く道は青の簡単コースでした。
道も、ほら、歩きやすそうでしょう?
家族連れも多かったですよ。

それでもやっぱり、上の方に行くにつれ、道は細くなって急斜面になり、つかまるためのロープみたいなのが壁に張られてる箇所もありました。
c0207698_22534562.jpg

けっこう上まで来ました。
c0207698_2255198.jpg

カーヴェンデル山脈が目の前に。ちなみに、先日の一泊旅行で行った湖は、この山脈の向こう側に位置してます。
c0207698_22562686.jpg

この周遊コースでは一番高い場所に来ました。その向こうはどうなってるかというと・・・、
c0207698_22574115.jpg

こうなってます^^; ここからは黒い印の上級者向けコースなので、もちろん私たちは歩きません。
c0207698_22582220.jpg

ケルンの上になぜかネックレスが(意味あるのかしら?)。奥に見える、横一直線の道が私たちが歩くコースです。
c0207698_2303449.jpg

こういう、ダイナミックな眺めの場所まで簡単に来れちゃうからでしょうか、トルコ人らしき人たちがビデオ映画を撮影してました。相方は最初、「ボリウッドだ!」とか言ってましたが、全然違いました^^;
c0207698_2313683.jpg

お昼頃はかなり人が多かったのに、夕方になってずいぶんと閑散としてきて、↑のビデオ映画撮影の音だけが山の上で響いてました。ロープウェイの発車までちょっと時間があったので歩いた場所を眺めてたら、ゲムゼ(和:シャモア)が走ってるのが見えました!
c0207698_2395531.jpg

もう一匹いました!かなり遠くでしたが、雪の上を歩いてたので発見しやすかったです。
c0207698_23104362.jpg

そして下へ下りて、今度はパルテンキルヒェンという町で夕食を食べていくことにしました。
c0207698_23132885.jpg

山歩きの後のビールは美味しい♪お料理は、私は芋やパスタの気分ではなかったので唯一のご飯メニューを選びました。七面鳥とお野菜をカレーソースで煮込んであります。相方は、旬のアンズダケをじゃが芋、卵と一緒に炒めたお料理です。
c0207698_23171630.jpgc0207698_23173084.jpg

そしてまた、太郎が待つ自宅へと車を走らせました(前回記事の太郎のゴロン動画は、この日のお留守番の後の撮影です~)。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2012-08-03 15:00 |
<< 太郎、3歳になりました | ページトップ | じゃらしにジャンプ! >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin