滞在二日目、相方に言われるがまま歩いた日
今回滞在したBad Reichenhall(バード ライヒェンハル)というところは、温泉地として有名です。ドイツやドイツ語に興味のある方は、町の名前にBadとつくとそこが温泉保養地ということはよくご存知だと思いますが、ここもそうです。そして、ここは塩水の水源が豊富なことでも有名です。

いろんな病気に効能のあるアルプスからの塩水。ということで、この町のとある施設の中ではその塩水を”飲む”ことができるのですが、ここは何の施設だと思いますか?中央にある水道部分から、常時その塩水がちょろちょろと流れてます。
c0207698_659236.jpg

正解は、ツーリストインフォメーションでした!やはり保養地のツーリストインフォメーション、豪華な建物の中に設置してあるようです(笑)。
c0207698_752416.jpg

夜の8時半頃に撮影したのでちょっとぼんやりした画像になっちゃいましたが(それでも実際はまだ明るいのですよ)、この噴水の奥にある建物、
c0207698_785364.jpg

ここの壁の上からは常時塩水が流されてて、この前を通ってその蒸気を吸うと体によいといわれてるそうです。
c0207698_793645.jpg

そしてこちらは前日、夕飯後にこの場所をお散歩した時の画像ですが、一匹の猫ちゃんに出会いました!旅の最中に地元の猫に出会うのって嬉しいですね~^^
c0207698_7122583.jpg

と~っても人懐こくって、ずっとスリスリくるんですよ♪
c0207698_7125490.jpgc0207698_713542.jpg

草を食べ始めたので同じ葉を千切ったら、「ちょうだい!」とばかりに私の方に来ました^^
c0207698_7144032.jpgc0207698_719221.jpg

ちょっとだけ一緒に歩きましたが、途中で鳥を狙い始めたので、そこでお別れしました。
c0207698_7194455.jpgc0207698_7195968.jpg

さて、二日目の話題に戻りますが、この日は午前中しか自由時間がなかったので、早起きして、相方が行きたがってたとある水源地まで歩くことにしました。
続きは↓に畳みますね。



そして現地へと向かって車を走らせましたが、その前に!オーストリアとの国境付近に来た時は必ずやっておくことがあります。
それはガソリンを入れることです!消費税の関係で、同じものを買うにしてもオーストリアではドイツでよりも物の値段が高いのですが、ガソリンだけは別なんですよ~。オーストリアの方がちょっと安いのです。
ということで、まずはオーストリアのガソリンスタンドへ向かいます。ここが国境、青い看板の向こうはオーストリアです(小さい川が流れてて、そこが国境になってました)。
c0207698_7251961.jpg

c0207698_726555.jpgガソリンスタンドからは、”眠ってる魔女”の反対側からの姿がはっきりと見えてました。

そして毎度のことですが、ドイツの国境に近いオーストリアのガソリンスタンドではドイツナンバーの車の列ができてて、ここでもそうでした^^;

満タンにして、そして目的地に向かいます。またドイツ入国でーす。
c0207698_7291552.jpg

目的地が”聖なる水源地”ということを聞いた以外は何も知らされてない私(というか、あまり興味なかった、汗)、こういった道をひたすら歩きました。
c0207698_7293294.jpg

c0207698_7294843.jpgいろんなお花を見かけましたが、これは初めて見かけて印象的でした。
このコースではけっこうたくさん咲いてました(というか、時期としては咲き終わりのようでした)。

・Grüne Nieswurz(グリーンヘリボー) キンポウゲ科(学名:Helleborus viridis)
有毒植物ですが薬草としても扱われてるようです。保護植物です。

そしてこの場所まで来たんですが・・・、ここから先、奥の方への道(右の細い部分)を歩きます。しかし!相方いわく、「この道は”kein offizieller Weg”」とのこと。日本語で言うと、”公式な道ではない”・・・ということで、ハイキングの地図などには載っていない道です。そんなところ歩いて大丈夫なの(汗)? REIさん、奥に黒く雲がかかってるところはウンタースベルクの山です。
c0207698_730319.jpg

最初の方は普通に歩けたんですが、途中から道がものすごく狭くなるわ、生えてる草が邪魔になるわ、おまけにロープも鎖も何もなくってつかまるところがなくって、急に高度差が激しくなった左側の川に落ちるんじゃないかとヒヤヒヤした場面が何度もありました。相方は早く水源地に行きたくって、先に一人で行ってしまって、ここでもし私が落ちても誰も気付かなかったことと思います(汗)。
c0207698_730496.jpg

そしてやっとなんとか普通の森の中の道に来たと安心した瞬間!咲き終わってはいましたが、先日別の場所で初めて見たFrauenschuh(カラフトアツモリソウ)を発見!数えてみたら、全部で26輪くらい咲いた跡があったんです。すごい!
c0207698_731248.jpg

c0207698_7311435.jpgこのお花は本当にとても貴重なお花だけど、先日の私の記事のように、摘んでしまうバカ者ひどい人がいるのも事実。
ということで、そのお花の横にはこんな紙切れが・・・。

”どうぞ私を摘まないで下さい。私を咲かせたままでいさせて、そして見て楽しんでください。またここで次の年も咲きたいのです。 Frauenschuhより”
・・・みたいなことが書かれてます。

そして相方の目的地に到着。聖なる水源地ということで、マリアの像がありました。相方はここに来られて喜んでたけど、私は「ふーん、そうか・・・」だけの印象でした(熊本の水源地の方がもっと感動したわ!)。
c0207698_7313280.jpg

そしてまた駐車場まで戻って、用事のある場所まで戻ってとりあえずランチ。まずはビールで乾杯~。 相方は車の運転があるのでアルコールフリーのビールです。
c0207698_731438.jpg

c0207698_7315455.jpgドイツ料理ばかりでは飽きるので、イタリアンレストランでパスタランチです。
値段もお手ごろだし、魚介類も美味しいし、お肉ばかりは食べたくない私には、イタリア料理はこういった時に本当に助かります。
本当はアジア料理が食べたいんですけどね・・・、こんな田舎では何も期待できない(涙)。

午後からは、相方とその用事相手にずっと付き合って、とても退屈な時間を過ごしました。
そして夜は、こちらで行われるコンサートを聴いてきました。この建物、最初の写真、ツーリストインフォメーションが入ってる建物でもあります。
c0207698_7321250.jpg

この町滞在者は、なんとたった3ユーロでこのコンサートを聴くことができました。バード ライヒェンハルフィルによる、ヨハン・シュトラウスの『こうもり(オペレッタ)』が演奏されました。 演奏開始前の撮影です。
c0207698_7322138.jpg

そしてこの日も一日が終わりました。お天気が崩れる予報だったけど、外を歩いてる最中は雨に遭うことはなく、ホッとしました。そして翌日は相方と私は一日別行動となりました。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2012-06-17 03:46 | お出かけ
<< 滞在三日目、お隣の国の町まで観光に | ページトップ | お出かけ初日(後編)、日本のカ... >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin