貴重な花に出会ったお散歩
先週末、お天気がよかったので、うちから車で30分ほどの場所まで出かけ、少しお散歩をしてきました。30分くらいだから、ここはまだ山の中ではありません。私が住んでるところよりほんのちょっと高い、海抜600m弱くらいの場所に位置する町の外れを歩いたわけですが、そのお散歩コースで、とても貴重なお花を見ることができましたので、その時の様子を今回はアップしますね。
・・・ということで、太郎ちゃんは今回はお休みなのでゆっくり寝ててくださいね~。
「今日は出番なしらしいにゃ・・・。今日もいっぱい写真撮られたのににゃ・・・」014.gif
c0207698_0432569.jpg

-------------------------

c0207698_0471054.jpgさて、お散歩へはお昼過ぎから出かけたのですが、私はランチがまだだったのでまずは腹ごしらえから。お腹すいたままでは、普通のお散歩も楽しめませんしね♪
駐車場のすぐ横にあった店で、焼きソーセージとポテトサラダを食べました。
山歩きではないので、しっかりビールも飲みますよ~!

この日、この店ではハーレーダビッドソン関連のパーティーみたいなのがあってて、バイカーの方たちがたくさんいました。そのせいか、メニューも、この日は軽食しかなかったようです。
c0207698_0494634.jpg

そしてお散歩に出発ですが、最初はこんなのどかな風景の中を歩きました。
c0207698_049579.jpg

いったん畳みます。続きは↓に~。



この後、目的地への方向が間違ってたことが分かり引き返すことになったのですが、放牧されてる動物たちに出会えたから方向間違ってよかったかも。
c0207698_0501112.jpg

c0207698_0501858.jpg

ヤギもいました。
c0207698_0503184.jpg

c0207698_0503741.jpg

この黒い子のアップ顔も撮影したかったのですが、
c0207698_05050100.jpg

お尻しか見せてくれませんでした^^;
c0207698_051076.jpg

このロバは、目に炎症があるためにこういったカバーを着けられてるそうです。
c0207698_0511557.jpg

そしてその後は正しいお散歩コースへ。川沿いのコースなんですが、こういった道を歩きました。
c0207698_0512511.jpg

アマドコロがたくさん咲いていました。
・Wohlriechende Weißwurz (Polygonatum odoratum) ユリ科
c0207698_0514179.jpg

c0207698_0514824.jpg

スズランもたくさん咲いてましたよ~。
・Maiglöckchen (Convallaria majalis) ユリ科
c0207698_052449.jpg

c0207698_0521542.jpg

そして川沿いに出てきましたが、この川は、一人ハイキングをした時に見たのと同じイザール川です。
c0207698_0522924.jpg

↑ここ、実は、ドイツ語ではFKK(Freikörperkultur)と呼ばれる、ヌードになることが許可された場所でそういった方々がこの日もけっこういらっしゃったんですが、ほとんどはけっこう年配の男性ばかり・・・(そんなの、見たくもないし!)。改めてこのコースに咲く花のことを書いた本を読んでみたら、”FKKの変な雰囲気が漂ってるので決して女性一人では歩かないこと!”とありました(汗)。・・・相方一緒でよかった(汗)。
しかし、とあるお花を私たちは探してて、それがどこにあるかよく分からなかったので、相方は一人の男性にそのお花をこの周辺で見たことあるか聞いてみることにしました。その間、私はもちろん別の場所で別の方向を見て別のことやってましたよ(笑)。
そしてその方の情報を元に、なんとかそのお花を見つけることができました。

その前に、一人ハイキングの時に見つけたのと同じお花もこのコースで見ることができました。
・Mehlprimel (ユキワリザクラ;ヨウシュユキワリソウ) (Primula farinosa) サクラソウ科
c0207698_0523635.jpg

・Silberwurz (チョウノスケソウ) (Dryas octopetala) バラ科
c0207698_0524833.jpg

そしてついに、このお花、発見しましたー!
日本語ではカラフトアツモリソウと呼ばれる、ラン科のお花です!これ、今までの山歩きの最中にもずっと探してたんですが、数が少ないお花でなかなか見つからず・・・。しかし、とある本に、なんとうちから車で30分のこの場所に咲いてるとの情報があったので、それで開花の時期も調べ、お天気がよかったこの日に探しに来たというわけなんです。
・Gelber Frauenschuh (Cypripedium calceolus) ラン科
c0207698_0525879.jpg

すっぽんぽんのおじさんの情報を元に、こういった場所でやっと見つけることができました!
c0207698_0531346.jpg

実は最初に見つけた時に、一本摘まれた跡があり、かなり腹立たしくなりました。このお花、私が持ってる本には、最初の開花まで16年かかり、もし自分の庭に植えようと持ち帰ったとしても死んでしまう、とても繊細な花とあります。日本では、絶滅危惧種に指定されてるそうで、ドイツでももちろん、そういった保護種に指定されてる花としては有名なようです。そんな花を摘むとは・・・、許せん!!022.gif まるで姑のよう。
c0207698_0532250.jpg

c0207698_0533916.jpg

c0207698_0534873.jpg

この場所で、全部で7本くらいあったでしょうか。もうちょっと歩くと、他の場所でも咲いてたようなんですが、この日はとりあえずこれで満足してこの場所を後にしました。
余談ですが、このお花のドイツ語名の”Frauenschuh”とは、直訳すると”女性の靴”といった意味になります。そういえばなんとなく靴っぽい形にも見えますね。
こういった貴重なお花は山の中にばかりあると思ってましたが、案外近くにもあるものなんですねぇ。どうぞ多くの人には見つかりませんようにー!ずっとこの先も生き延びて、華麗な花を咲かせてほしいものです。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2012-05-29 05:00 | お出かけ
<< ビールの味が半減してしまう時 | ページトップ | 休暇シーズンが始まると現れる・・・ >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin