一人ハイキング
先日の日曜日、早朝4時前に目が覚めて、それから全然眠れませんでした。とりあえず5時半までベッドの中にいたけど、「もうダメだ!」と思い、起きました。PC開いて天気予報チェック、一日中いい天気・・・。
そして急に思い立って、一人でどこかに出かけることにしました(相方は前日のサッカー欧州チャンピオンズリーグ関連で酔って朝帰り・・・)。さて、どこに行こうか?と思い、行った先は・・・、

お隣オーストリアのチロル地方、そしてドイツとの国境からすぐ近くのシャルニッツ(Scharnitz)という村。海抜964mに位置します。
c0207698_0501163.jpg

電車で約2時間、ほとんどの乗客はドイツ内で降りてしまったために、この駅で降りたのは私を含めたったの3人でした(それもあとの2人はマウンテンバイカーです)
c0207698_0461926.jpg

シャルニッツでは以前、二回ハイキングをやったことありますが、一度は相方、義妹、舅も一緒でこの3人はマウンテンバイクでの走りを楽しんで私は一人で歩くということをやりました。なので今回は全く一人でもコースのことはなんとなく分かるので、”ちょっとそこまで”の気分で出かけることができました(でも一応ドイツ国外なのでパスポートはもちろん持参です!)。

駅の近くを流れてるイザール川。私が住んでる町の中心部にもこの川が流れてますが、同じ川とは思えないような色です。今回は、この川沿いを歩いて行くことにしました。
c0207698_0545626.jpg

続きは↓に畳んでアップしますね。景色などにご興味のある方はよかったらどうぞ♪



駅からしばらく歩き、また川が見えるところまで来ました。ここからしばらくは川沿いをずっと歩くことになります。
c0207698_134475.jpg

奥の方に山が見えてきました。このコースはマウンテンバイカーに人気のコースで、この時はまだ午前中でしたが、スキー板を乗せた多くのバイカーともすれ違いました。
c0207698_15867.jpg

橋の上から、歩いてきた方向を振り返っての撮影です。奥の山の手前に駅があります。
c0207698_155666.jpg

しばらくは傾斜のない道をずっと歩くことになります。このコースにもたくさんのお花が咲いてますが、その中でも特に存在感のあったお花がこれら二つの花です。

エンツィアン(Enzian、リンドウ科)、これはかなりたくさん咲いてました。
c0207698_192338.jpg

ユキワリザクラ;ヨウシュユキワリソウ(Mehlprimel、学名Primula farinosa、サクラソウ科)、これもかなりの数咲いててにぎわってました。
c0207698_1131830.jpg

途中見えてきた支流、なかなかの美しさです。
c0207698_1145386.jpg

最初はの~んびりとこんな景色を眺めながら歩いて行きます。
c0207698_1174984.jpg

そして緩い上り坂を歩いて行き、川からも段々離れてきました。たくさんのマウンテンバイカーが私をびゅんびゅんと追い抜いて行きます。
c0207698_119664.jpg

c0207698_119219.jpg

ふと下の方を見てみると、川がかなり低い位置に見えて、けっこう上まで来たんだなあというのが分かりました。
c0207698_1225813.jpg

この十字架のあるところを過ぎてしばらく経つと、上り坂コース、下り坂コースと二手に分かれてたので私は下り坂コースを選びました。
c0207698_1231113.jpg

ということで、また川が近くになりました。
c0207698_1232478.jpg

橋を渡って向こう岸へ行き、またスタート地点まで戻るコースになります。橋の上からの撮影です。
c0207698_1234371.jpg

そして今度はかなり傾斜のある上り坂・・・。これがけっこうきつかった・・・。後ろを振り返って撮影です。
c0207698_1235661.jpg

アップダウンを繰り返しながら、また橋の上へ。流れの速い支流があります。この奥は、熟練者向け用の峡谷コースがあります。相方と二人でこのコースを歩いたことがありますが、なかなか迫力満点の景色だったのを思い出します。
c0207698_1241023.jpg

c0207698_1242378.jpg

スタート地点の景色が近づいてきました。
c0207698_1243649.jpg

駅で買って持参したサンドイッチを途中で食べてたのでお腹はすいてなかったけど、喉がかわいてたのでこの山小屋で何か飲もうと思ったのですが、あまりの人の多さにここは素通りしちゃいました。
c0207698_1245137.jpg

ということで、歩き終わった後、電車の時間までまだ余裕があったので、駅の近くのレストランでビールを飲みました。このビールの美味しかったこと!歩き終わった後の一杯は特に最高です♪
c0207698_125290.jpg

自宅に戻ってくると、太郎がまたまたゴロンでお迎えしてくれましたよ。
「寂しかったにゃ~。どこに行ってたにゃ~」。
c0207698_125149.jpg

c0207698_1252356.jpg

久々の一人歩きでしたが、なかなか楽しかったです!また眠れずに早起きしてしまったらどこか行こうかなあ♪こんなに充実した一日を過ごせるのなら、不眠もいいかなと思ってしまった一日でした(笑)。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2012-05-23 02:28 |
<< どっちが本当の太郎?(&一人ハ... | ページトップ | 爪切り嫌い >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin