ご近所猫さんを見張る太郎
一ヶ月くらい前のことです。太郎、またまたボワッとなってました。
「あそこに誰かいるにゃ!」。  あ、ほんとだ、キジトラちゃん
c0207698_21182779.jpg

写真では分かりにくいですが、丸印のところにキジトラ柄の子がいます。
c0207698_21271921.jpg

私はこのご近所猫さんは、太郎が唯一怖がってるキジトラちゃんかと思ってたのですが、それにしては太郎は先にどんどん進んじゃうし、その後の太郎の行動も怖い子相手に対するものではないなあと思ってたら、写真で確かめたらこの子は別のご近所猫さんでした。似たような柄でもそれは別の猫だってこと、太郎にはちゃんと分かってたのですね。すごいなあ。私はこの記事を作成するまで気付いてませんでした^^;
c0207698_21304219.jpg

慎重に慎重に近付いてたら、キジトラご近所猫さん、一気に木の上まで逃げてしまいました!
「そんなところに逃げるんじゃないにゃ~!」。 太郎が恐れるキジトラちゃんだったら木の上には逃げず、太郎相手にはいつも余裕の態度を見せます。
c0207698_21373540.jpg

ご近所猫さんが太郎のことをじーっと見つめますが・・・、
c0207698_21415466.jpg

太郎もボワッが収まって、ずっと上の方ばかり見ています。
c0207698_21434988.jpg

このキジトラご近所猫さん、木の上でおろおろしててちょっと気の毒でした^^;
c0207698_21443383.jpg

太郎を見ながら、シャーの連発のご近所猫さん。
c0207698_21463125.jpg

「木の上、いいにゃあ。ボクもあそこに行きたいにゃあ」。 羨ましそうな太郎です^^;
c0207698_21471195.jpg

しばらくこんな感じで時間が過ぎて、さあ、どっちが先にあきらめる・・・と思ってたら、
c0207698_21485539.jpg

やっぱり太郎が上り始めちゃった(汗)。ご近所猫さんはさらに上の方へ・・・。太郎はこの後すぐにあきらめて地面の上に下りました。
c0207698_21495076.jpg

↑の後、太郎は木の下でかなり粘ったんですが、キジトラの子がずーっとシャーシャー言ってて、しつこい太郎がいる限りは絶対に下に下りられないと思ったので、太郎には悪いけど、太郎を抱えてうちの庭の方に連れて行きました。その時は太郎が私にシャーってしましたよ(汗)。

でもねぇ、太郎もまだまだあきらめず・・・、ご近所猫さんの見張りを庭の中から続けるんですー。
「あの子が何するか、見張っとかなくちゃダメだもんにゃ!」。 しつこいねぇ、太郎ちゃん。
c0207698_21543319.jpg

キジトラご近所猫さんも、太郎がここにいることは分かってるので、まだまだ木の上から下りてきません・・・。
c0207698_2155346.jpg

こーんな感じで、この猫さんも、「意地でも下りるもんか!」みたいな感じだったのです。
c0207698_21562363.jpg

ということで、太郎をさらにテラスの方に連れて行ってご近所猫さんからの距離をとったら、この猫さん、やっと下に下りてきて慌ててどこかへ走って行きました。その時私は太郎をストップさせてたので、またまた私がシャーシャー怒られました(汗)。

その後は太郎が同じ場所に上りました^^; 枝の上まで行くのは普段は禁止ですが、ここはまだ私の手がどうにか届く場所だったので特別許可しました。
最初はご近所猫さんがいた場所のにおいを一生懸命嗅いでましたが、高い所大好きの太郎、周りの景色を眺め始めました。
「ここ、久しぶりに登ったにゃ」。 太郎ちゃん、今日だけにしてね。
c0207698_2201295.jpg

「ここ、楽しいにゃあ」。 ご近所猫さんのことなどすっかり忘れて、わくわく顔になってましたよ^^;
c0207698_221820.jpg

この後下に下りたので、ご近所猫さんが走り去った方向にでも行くかと思いきや、普通にお散歩を続けた太郎でした。高い所に行けて満足だったようです。とりあえず、追っかけは続かず、ホッとしたお世話係でした。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2012-05-12 00:15 |
<< まだまだこんなことして遊んでます | ページトップ | よだれ!?&嫌な虫の話 >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin