飼い主さん登場でやっと退散
この前まで”寒い、寒い”って言ってたのに、明日の土曜日はなんと30度の予報!この気温差、疲れるなあ・・・。

------------------------

前回記事の続きです。

うずまきさんに段々近付いてきたものの、やはり相手のことを直視できない太郎です。でもこれ、猫界のマナーなんですね~(教えてくださった方々、ありがとう♪)。ということは、太郎はちゃんとマナーをわきまえてるってことでいいんですよね!?
c0207698_22422413.jpg

うずまきさんはじーっと太郎のことを見つめたままです。うずまきさん!こういう時は直視したらダメだそうですよっ(笑)!
c0207698_22443336.jpg

「この子・・・、じっとボクを見てて、失礼だにゃ」。 でも意味もなく興奮して近付く太郎ちゃんにも責任あるんじゃないの?
c0207698_2246481.jpg

「みんなが言ってるように、他の方を見なきゃダメだにゃ!」。 太郎ちゃん、そうらしいねぇ。でもうずまきさんは、太郎ちゃんに近付いてほしくなかったみたいよ。
c0207698_22474611.jpg

喧嘩になることはないと確信は持ててたので、太郎の膨らんだ尻尾などを動画に撮ってみました。

すると太郎が、いきなりうずまきさんの前に飛び出しました(汗)!
太郎:「キミーッ!ボクのこと、じろじろ見るんじゃないにゃ!」。
c0207698_2256470.jpg

うずまきさん:「なんだよーっ!そっちが勝手に近付いてきたんじゃないかー!」。
c0207698_22561731.jpg

太郎:「それでもじろじろ見るのはダメだにゃ!」。
うずまきさん:「勝手なこと言うなよっ!」。
c0207698_22585192.jpg

うずまきさん:「見てなくてもどうせ近付いてきたくせに・・・」。
太郎:「にゃんだとぉ!?」。
c0207698_2301099.jpg

太郎:「ここは僕がいつもお散歩してる場所だにゃ!」。
うずまきさん:「勝手なこと言うなー!ヒモ付きのくせにー!」。
c0207698_2334963.jpg

すると、うずまきさん、一気に逃げ出しました!太郎ももちろん追いかけます。お世話係ももちろん一緒に走ることになります。
うずまきさんが逃げた場所は他所のお宅の窓の前だったので、太郎はそこまで行かないようにリードでストップさせました。 うずまきさん、やっぱりたるたるお腹です(笑)。
c0207698_23112592.jpg

「お世話係、あそこまで行かせてにゃ!」。 これ以上はだめですっ!!
c0207698_23155552.jpg

「そしたらここで粘るもんにゃ」。 太郎ちゃん、しつこ過ぎるよ・・・。
c0207698_23165767.jpg

この粘り、いつまで続くのか、やだなあ・・・と思ってたら、ラッキーなことに、ちょうど太郎の右方向から一組の若い夫婦と小さい男の子がやってきました。人が来たら怖い太郎、これでここから退散かなあと思ったのですが、すぐには逃げません(汗)。
するとその子が、「あ!パウリーがここにいるよ~!」と言いました。うずまきさんの本名はパウリー、そしてどうもこの人たちはうずまきさんのご家族のようです。するとその子が今度は太郎を見て、「あ!パウリーがもう一匹いる~!」と言いました(笑)。同じ模様に見えたんでしょうね^^;
ご夫婦もうずまきさんを見て、「パウリー、ここにいたのね~」とか言ってます。太郎もようやく退散を始めましたが、うずまきさんウォッチングをあきらめたくないようで、うずまきさんが移動し始めるとまた追いかけ始めました(汗)。その時も太郎の尻尾はボワッ、うずまきさんは腰が引けててかなりの緊張姿、なので、変なことにならないように私は太郎のリードをしっかり握って先に進ませないようにしました。飼い主さん夫婦は太郎の尻尾を見て笑ってましたけどね^^;
それでようやく太郎はうちの庭の方へ戻ろうとしましたが、なんと太郎、うずまきさんの飼い主さんのご主人の方に尻尾立てて近付こうとしたんですよ~。まあ、でも、最後はやっぱり怖くて逃げましたが^^;
そしてこのご夫婦とお子さんとうずまきさん、みんな仲良くご自宅方面へと戻って行きました。太郎も一緒に行きたそうでしたが、他に見物人がいたのでそれが怖くて、やっと自宅に戻ってくれました。
飼い主さんご家族が来なかったらいつまで続いてたかこの追っかけ・・・。他所の猫を見ると異様なくらいにまで興奮する太郎、一緒に歩くお世話係は大変です(汗)。

------------------------------

c0207698_23315337.jpg前回記事のカップ麺、青い方を食べました。
スープのエビの味が濃厚で、なかなかの味でした!
辛いもの好きの私は辛さがちょっと欲しくなったので、一味を振りかけて食べました。
赤いカップの味にも期待したいと思います。

[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2012-04-28 00:35 |
<< 夜の春祭り会場 | ページトップ | 約半年振りのご近所猫さん >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin