腰トンが好きになった太郎
皆さんのところでは腰トンが好きな子がけっこういるようですが、うちの太郎はこれが嫌いでした。元々撫でられること自体が以前はあまり好きでなかった太郎は、腰の辺りを撫でるとよけいに反応してガブッとなったり猫パンチが飛んでくることがほとんどでした。
それが最近変わったんです!甘えてくる時にナデナデしてあげると、頭を猫草の鉢やその他のものでスリスリして、そしてオチリを上げてくるようになりました。

トントン、ナデナデしてあげてる最中です。
「気持ちいいにゃ~」。 前はあんなに嫌いだったのにねぇ・・・。
c0207698_3453499.jpg

オチリを私の方に向けてくることが多いので、トントンしてる間は太郎のオチリを目の前で見ることがほとんど。でもこの時は横から撮影できてよかった~(笑)。
「オチリは撮らせないにゃ」。 うん、分かってるわよ(笑)。
c0207698_347161.jpg

これをやってる間はだいたいいつも猫草に頭をスリスリしてます。他のものでスリスリやってても、すぐに猫草のところに移動してきます。
c0207698_3483232.jpg

ミャオミャオ無駄鳴きでうるさい時も、ナデナデし始めるとすぐにこの体勢になりますよ。
「もっと撫でれ~、もっとトントンやれ~」。 これをやってる間、抜け毛で鼻がムズムズしてくるのが難点です^^;
c0207698_351953.jpg

ちょっと落ち着いてきてゴロン。
c0207698_3522931.jpg

うっとりした顔になってても、急に猫パンチが飛んできたり、ガブガブケリケリされることもあるので油断がなりません(汗)。
「むやみに触るんじゃないにゃ!」。 えーっ、それはないでしょう!002.gif
c0207698_354931.jpg

ただのナデナデ、トントンだけですが、動画に撮ってみました。

こういうことをされるのが好きになったってことは、少しは大人になったってことなんでしょうねぇ。
一度でいいので、膝の上に乗せてトントンをやってみたいなあ・・・。膝の上、乗ってくれないかなあ・・・(涙)。

-------------------------

がんばって闘病生活を送ってた、まかないさんちのスモちゃんが虹の橋を渡ってしまいました。
皆さんからのたくさんの応援が届いてたのか、スモちゃんが本当にがんばってる様子がまかないさんの記事から知ることができてました。私も微力ながら応援させてもらってました。
スモちゃん、最後は皆さんのところにちゃんとご挨拶に行ってたそうです。そんな話を聞いちゃうとますます涙が止まらなくなってしまいますが・・・、スモちゃんが今は痛みや苦しみから解放されて、ビリちゃんと再会できて楽しく一緒に遊べてるとといいなあと願わずにはいられません。
スモちゃん、たくさんの勇気をありがとうね。スモちゃんに出会えて嬉しかったです。

スモちゃんのご冥福をお祈りいたします。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2012-02-20 00:13 |
<< 唐揚げリベンジ&鳥のさえずりの季節 | ページトップ | 太郎の顎の下 >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin