意味のある?ない?掃除
二日前、風力で落ち葉を集める機械を持った掃除人がやってきました。これ、ただでさえうるさいのに、今回はなんと二人がかりで掃除してあったのでしばらくはものすごい音でした。
c0207698_5154946.jpg

以前皆さんもコメント欄で仰ってましたけど、これってうるさい上に電力の無駄遣いのような気がします。だって、(うちの区域に限って言えば)こうやって集めてもその後すぐに落ち葉を片付けるわけではないし、風が吹けばまた散らばってしまいます。
c0207698_517218.jpg

掃除人が去った直後はご覧の通り、通りには落ち葉一つ落ちてません。でもその後二日経っても横に集められたこの落ち葉を片付ける気配はなしです。落ち葉は既に風で道の方に舞い戻ってきてます。
c0207698_5204472.jpg

それとも、天気予報チェックして、”しばらくは風が吹かないから~”ってことでやってるのかしら。うーん、そこまではまさかやってないでしょうね。さて、この落ち葉がまた風に舞って道を完全に覆うのはいつのことかしら。

「あの機械、うるさいだけだから嫌いだにゃ」。 そうねー、せっかく掃除してくれるんなら、落ち葉も片付けてほしいよね。管理費も一応払ってるわけだし(笑)。
c0207698_525527.jpg


--------------------------

先日の湖での散策の帰り、ガルミッシュという街にも立ち寄って少しだけお散歩をしました。その時の記事にも書いたように、オーストリアに近い南ドイツの町や村ではフレスコ壁画の建物を多く見かけます。ガルミッシュの街もフレスコ壁画の建物で有名ですが、それらの建物をいくつか撮影してたので、↓の方に畳んでアップしますね。



ここは駐車場のすぐ側の景色ですが、奥にアルプスが見えています。立ち並ぶ家々も、この景色に調和してます。
c0207698_535549.jpg

けっこう交通量の多い道が街の真ん中を通ってますが、その道路沿いの建物もこの景色を壊さないものが多いです。
例えばこちらはマクドナルド、古い建物でもなさそうですが、一応それなりに周りに調和するようにデザインしてあります。
c0207698_5402789.jpg

こちらは薬局です。
c0207698_541356.jpg

残りの画像はフレスコ画のみを中心に撮影してます。
フレスコ画といえば、やはり宗教画、それからその土地の人々の生活の様子を表したものが多いです。
c0207698_5433365.jpg

c0207698_543474.jpg

c0207698_5452981.jpg

私は↑のようなアルファベットの文字を読むのがすごく苦手です・・・。レストランなどでメニューがこんな文字で書かれてたらもうお手上げです(汗)。

商売関係の建物には、上の3枚のようにかなり派手に描かれた建物が多いですが、普通の民家やアパートなどにはちょっとだけ描かれてることが多いようです。
c0207698_5445287.jpg

c0207698_545252.jpg

こちらは壁画ではなくとあるショーウィンドウに飾ってあったものですが、猫とカエルの組み合わせを見ると、どうしてもめんまねえちゃんを思い出してしまいます^^;
c0207698_5471442.jpg

ドイツのカエルグッズは、グリム童話の”かえるの王様”の影響のせいか、こうやって王冠を被ってるものが多いような気がします。

フレスコ壁画で有名な町や村は他にもいくつかありますが、ガルミッシュの近く、オーバーアマガウという村では、赤ずきんちゃん、狼と七匹の子ヤギ、ブレーメンの音楽隊、その他のグリム童話が壁画として描かれた家々を見ることもできます。これらは見ててとても楽しいですよ^^
写真はあるので、いつか機会があったらまたアップしたいと思います♪
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2011-11-11 17:32 | お出かけ
<< 太郎とうちゅおの距離、縮まる? | ページトップ | 二代目のおもちゃ >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin