お隣ワンコに猫パンチ
最近、お隣で飼われてる犬(実際は、ほとんどのお世話は上の階に住むお母さん)が館内で太郎に会うと尻尾フリフリで太郎に近寄るようになりました。太郎も最初はものすごく怖がってましたが、少し慣れたのか、緊張してボワッとなりながらも慌てて逃げることはなくなりました。
c0207698_22341987.jpgこの犬、よく吠えるんですが、太郎相手には吠えなくなりました。お友達になりたいのかしら?
お散歩に連れてってあげてる高齢のお母さんも太郎を見ると、その犬に「ほら、Mietzekatze(ミーツェカッツェ)がいるわよ~」とよく言ってあります。
あ、予断ですが、猫好きっぽいドイツ人、太郎が散歩してる姿を見ると皆が皆、「Mietzekatze!」って言ってます。Mietzeがたぶん、”猫”とか”にゃんこ”みたいな単語で(Katzeももちろん”猫”)、相方いわくこれは幼児がよく使う単語とのこと。でも大人もみんな普通に「ミーツェカッツェ!」って言ってきます。猫好き日本人が猫に向かって「にゃんこ!」って言ってるみたいなもんかしら?
話がそれましたが、今朝、太郎がお散歩を始める前、いつものようにテラスでスタート地点に立ってたら、お散歩中のお隣の犬がうち方面に向かってやってきてました。犬は嬉しくて尻尾フリフリ、太郎に近づきたくて仕方のない様子^^; 太郎はこの犬は知ってるので、緊張しながらも逃げませんでした。
そして近づいてくる犬、しばらく太郎の目の前で尻尾フリフリ、前足上げて立ったりしてたんですが、やっぱり太郎には迷惑だったんですね、なんと、この犬の鼻に猫パンチを一発くれてしまいました!(;´▽`A``
一応、「あら、すみませ~ん!」とは謝ったのですが、リードを持ってたお母さんは、「こんなの普通よ~、大丈夫よ~」と言いながらニコニコ(笑)。太郎は少しボワッとなってましたが、今度は犬に向かって「シャーーッ!」。
他所の犬を見ると有無を言わずに逃げる太郎ですが、お隣の犬には緊張しながらも猫パンチまでできるようになったなんて・・・、ちょっと戸惑ってしまうお世話係でした(笑)。

犬が去って行った後、なんだかんだ言いながらやはり緊張してた太郎、お散歩には出発せずにテーブルの上へ。
「あんなに近くまでやってきて、迷惑だにゃ!」。 太郎ちゃん、気を落ち着かせて(汗)。
c0207698_238315.jpg

でもやっぱりショックだったのか、それとも今度は別の犬の吠える声がずっと聞こえてきたせいか、すぐに部屋の中に戻ってタワーのハンモック部分で一休みすることにした太郎でした。
「もうお散歩に出かける気分じゃないにゃ」。 でも結局お昼前にまた出かける羽目にはなりましたけどねぇ。
c0207698_23103372.jpg

ご近所猫さんたちには嫌われ、お隣の犬には好かれてしまった太郎でした。

ご近所猫さんといえば、元・ご近所猫さんのネコチャンが先週はよくやってきました。
c0207698_23113978.jpg

先週は、私が住んでる州では学校が秋休みで一週間お休みでした。子供たちの休暇シーズンになると必ずうちにやってきてご飯をねだるネコチャンですが、飼い主さんの行動、はっきりしてますよねぇ・・・。
c0207698_23125624.jpg

今日から学校もスタート、ネコチャンも現れませんでした。飼い主さん家族も自宅にいてネコチャンを外にずっと出しっ放しってわけではなさそうです。
次の学校の休みは、クリスマスから約2週間。ネコチャンのご飯、その前に買い足さなければ!
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2011-11-08 01:26 |
<< せっかく挨拶できたのに | ページトップ | しつこい太郎 >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin