秋の湖畔を散策、祝日編
今回は、火曜日(祝日)に行ってきた湖での散策の様子です。
行った場所は、オーストリアとの国境にあるドイツ最高峰Zugspitze(ツークシュピッツェ、2,962m)の麓にある、Eibsee(アイプ湖)です。この湖を一周するお散歩です。
前々回の記事の湖は周囲が46kmほどあるため一周のお散歩は無理ですが、今回の湖は周囲は8kmほどで気軽に一周のお散歩が楽しめます。この日はお天気がよかったため、季節外れで湖畔のレストランなどは閉店してるにも関わらず多くの散歩客がいました。

まずは駐車場に着く寸前、車道の横をちょうどツークシュピッツ鉄道が走っていました。この列車で標高2,600mまで登ることができ、そこからケーブルカーに乗り換えて2,962mの頂上まで行くことができます。
c0207698_234753.jpg

電車の中、満席状態なのが車の中からも見えました。お天気がいいと出かけたくなる気持ちは皆一緒かな?

湖の駐車場の側には、ケーブルカーの駅(標高1,008m)があります。ここからは、電車に乗らずにドイツ最高峰の頂上まで一気に上ることができます。行きは電車で、帰りはケーブルカーで・・・などとすることも可能です(どちらに乗っても同じ料金で、2011夏の料金は往復48ユーロとなってます)。
c0207698_23124995.jpg

しかしこういうところの日本語表記って、どうしてこうバランス悪いのでしょうね?カタカナの小さい”ユ”なんて完全に傾いちゃってるし。というか、日本語表記、必要か~?

続きは↓に畳んでアップしますね。



こちらが湖一周コースのスタート地点の眺めです。お天気がよくて本当によかった!奥に見える建物は、Eibsee-Hotelというホテルです。
c0207698_2320269.jpg

カモがたくさん泳いでました。
c0207698_23255749.jpg

c0207698_2326637.jpg

ふと湖の底の方に目をやると、一匹の虹鱒が!新鮮で美味しそう~~。
c0207698_2326487.jpg

ちなみに、夏の間は、串刺しの焼き魚が湖畔で販売されてるそうです。夏にもう一回来なくちゃいけないかしら・・・。

最初はこういった、眺めのよい道を歩きます。
c0207698_23293075.jpg

さて、ここで問題です。下の2枚の写真、どちらが正しいでしょう!?
c0207698_23314149.jpg

c0207698_23325797.jpg

簡単過ぎるかなー^^; あ、正解しても何も商品はありませんのであしからず(笑)。

湖半分近くまで来ました。奥の方に小さくホテルが見えています。
c0207698_23351382.jpg

後半からはずっと眺めの悪い場所を歩くことになりますが、所々、ビュースポットがありました。ドイツ最高峰の頂上も見えるようになりました(右側、一番高い所です)。
c0207698_23364493.jpg

途中は湖面からはかなり高さのある所を歩くようになりましたが、最後の方でまた湖面近くの道になりました。
c0207698_23381795.jpg

もう少しで一周という時に、またまた素晴らしい眺めに出会うことができました。
c0207698_23401932.jpg

そして約1時間45分かけて、スタート地点に戻ってきました。一周約2時間のコースとなってますが、お腹ペコペコで早く昼食にありつきたい私たちは、けっこう早足で歩いてました^^;
でも湖周辺のレストランは冬季閉店中の看板しか見えなかったので、私たちは早々に湖を後にし、途中見えてきた小さなホテルのレストランで昼食をとることにしました。
c0207698_2346113.jpg

料理は、可もなく不可もなく・・・って感じでしょうか^^;
左は、相方のメニューについてた、グリースノッケルという粗挽きの小麦粉団子の入ったコンソメスープ。右は、手前が私の注文した品で、ひき肉料理にキノコソースがかかったもの。本当はシュペッツレとのセットでしたが、シュペッツレは私はあまり好きではないのでレシュティに変えていただきました。
c0207698_23561527.jpgc0207698_23563045.jpg

オーストリアとの国境に近い南ドイツの町や村では、フレスコ壁画の建物を多く見かけるのですが、昼食をとったこちらのホテルもそうでした。
c0207698_23591782.jpg

玄関近くにはこんな壁画もありました♪
c0207698_23595491.jpg

c0207698_001665.jpg見た途端、思わず、「ウルーちゃん!?それともカノちゃん!??」と思ってしまいました^^

他も探してみましたが、猫の壁画はここだけでした。

この後、ガルミッシュという街に立ち寄ってまた少しお散歩をしましたが、そこにもフレスコ壁画の美しい建物がたくさんありました。

そしてその後、渋滞に巻き込まれながら自宅へと戻りました。

自宅へと戻ると・・・、日曜日同様、またまた太郎が吐いた後を発見(汗)。この日もまた、カーペットのある部屋でやってくれてました(涙)。
留守番の最中、太郎はご飯をほとんど食べないので、吐いてたのは猫草のみ。でも普段はほとんどと言っていいほど太郎は吐きません。それが長時間のお留守番となると吐いてることが多いんですよねぇ(涙)。
ということで、太郎の長時間のお留守番の回数が増えるたびに、カーペットの染みも増えていく我が家でした(涙)。カーペットのある部屋で吐くのが好きなようです・・・。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2011-11-04 23:59 | お出かけ
<< しつこい太郎 | ページトップ | 無視できない虫 >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin