黒いカバーが怖い太郎
ある日、太郎は窓からとあるものを見てものすごく怖がって室内をうろちょろしてました。それが見える窓にも近づけなくなってしまったほどでした。
でも好奇心だけは旺盛な太郎、翌朝のお散歩でそれに近づいてみることにしたようです。
でも怖がって先に進めません。 「あれ、なんだにゃ!?」。
c0207698_0551939.jpg

太郎が怖がってるのは、切断された木の枝にかけられた黒いビニールカバーです。これがうちのリビングからも丸見えでした。
c0207698_0563544.jpg

実はこの木の枝、もう二ヶ月くらいこのままの状態なんです。同じ棟内に住むお隣さんが庭の周りの木々の枝を切断、庭の外側(その方の敷地外)にそれを置きっぱなしにしたままの常態なんです。そして嵐が来る前日の夜に、枝が飛ばないようにでしょうか、カバーがかけられました。そして今はカバーは外されてますが、枝はまだそのまま。なんで自分で片付けないのか?木が自分ちのものでないからかしら。それでもそのまま放りっぱなしってありえないですよねぇ。

「あれ、気になるにゃあ・・・」。 背を低くしながらゆっくりと近づこうとする太郎ですが・・・、
c0207698_124848.jpg

「やっぱり怖いにゃ!!」。 慌ててうちのテラスに引き返しました^^;
c0207698_133493.jpg

それでもやっぱり気になるので、もう一度近づくことにチャレンジする太郎です。
「この黒いのが何か確かめないと、怖くてお散歩にも行けなくなるにゃ」。 そうよ太郎ちゃん、がんばって!!
c0207698_155030.jpg

「うーん、でもやっぱり怖いにゃあ」。 太郎ちゃん、勇気の一歩を踏み出すのよ!!
c0207698_17179.jpg

「あっちから近寄ってみようかにゃ」。 怖いので、まっすぐには進まず、横の方から攻めることにしたようです。
c0207698_185262.jpg

まだまだ低腰のままです(笑)。
c0207698_192237.jpg

「近くまで来たにゃ!」。 お!太郎ちゃん!すごいよ!
c0207698_11003.jpg

でもやっぱり怖かったようで、一歩後ずさり~^^;
c0207698_1103415.jpg

「やっぱりあっちから近づいた方がいいかにゃあ」。 太郎ちゃん、どこからでも一緒だと思うけど・・・。
c0207698_1111943.jpg

・・・と思ったら、さっきよりもっと近づくことができました!
c0207698_1115487.jpg

「えいっ!こりゃっ!」。 猫パンチでやっつけるつもりのようです。
c0207698_1124975.jpg

「なんでやり返してこないかにゃ?どんなにおいの子かにゃ?」。 太郎ちゃん、これは何もやり返してこないから安心していいわよ~。
c0207698_114519.jpg

「ひゃあっ!やっぱり怖いにゃ!」。 あなた一人で怖がってるだけよ・・・。
c0207698_1145813.jpg

「この黒い怪獣め・・・」。 後ずさりした後、悔しそうな表情になる太郎です^^;
c0207698_1155629.jpg

「ようし!思い切って中の方を確かめるにゃ!」。 太郎ちゃん、その意気よっ!!
c0207698_1171986.jpg

「上の方も大丈夫だにゃ!」。 ほうら、なんともないでしょう!?
c0207698_1182634.jpg

その時、私がちょっと物音を出してしまったので、ビクッとなってしまった太郎です^^;
「お世話係、びっくりさせるにゃよ」。 太郎ちゃん、ごめんねぇ。
c0207698_1194019.jpg

「この黒いのが怖かったんじゃないにゃ。お世話係の音にびっくりしただけだにゃ」。 はい、はい、分かってますよ~。
c0207698_120328.jpg

しかしその後、またどこからか物音が聞こえて、それにびっくりしてカバーの前で思わず二本足立ちになってしまう太郎なのでありました(笑)。
「こ、怖かったにゃー」。
c0207698_1214392.jpg

太郎、翌日からは何事もなかったのようにこのカバーの横を普通に歩いてました。この恐怖を克服しないことにはこの方向へはお散歩には行けなくなっちゃうので、私もホッとしました^^;
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2011-09-07 01:27 |
<< 悪いことをしてるのは分かってる... | ページトップ | 眠いけど・・・ >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin