東チロル旅行記・その2、この日は遠出をしました
皆様、前回の記事では、太郎へのお祝いの言葉を本当にどうもありがとうございました!猫の2歳、人間の年齢に換算すると、サイトによって少し違いはありますが、だいたい23歳くらいのようです。
23歳・・・、うーーん、今の太郎を見てると、人間でいうとまだまだ10歳以下のお子ちゃまのように感じてしまいますが^^; まあ、でも、このお子ちゃまみたいなところがかわいくもあるので、この先も元気でいてくれたらなあと思ってます。

----------------------------

旅の二日目、この日は、少し遠出をすることにしました。行き先は、イタリアのトレ・チーメ(独語:ドライチンネン)、2,999mの山を”見に行く”ことにしました。トレ・チーメとは、”3つの頂き”という意味があり、その名の通り3つの高い頂き(山頂)が並ぶ山です。このトレ・チーメ、ずいぶん前から一度見てみたいと思ってたのですが、今回滞在する村からイタリアの国境までが車で約1時間、そこからトレ・チーメまではそんなにかからないということで、これを機会に思い切って行ってみるということにしたわけです。

まずは朝食から始まります。こちらは滞在した宿の朝食室の一部です。日曜以外の毎朝7時にパン屋から運ばれてくる焼き立てのパン、宿の方の手作りパンと手作りジャム、フレッシュなヨーグルト(今回、このヨーグルトも旅の楽しみの一つでした!)、フルーツ、ハム、チーズなどを手前に写ってるテーブルで毎朝美味しく頂きました。
c0207698_23273925.jpg

宿から出発約一時間後に旧国境検問所を通過です。今は同じEU内なので何の検査もなくそのまま通過です。
c0207698_23325325.jpg

イタリア領内に入りました。青い看板の左下には国境石があります。
c0207698_23342256.jpg

トレ・チーメへ行く北の玄関口になる、ドッビアーコ(独語:ドブラッハ)の町に入りました。この地域は、ドイツ語では南チロルと呼ばれる地域で、第一次世界大戦まではオーストリア領だった地域です。ということで、ここでは普通にドイツ語が通じますし、看板もこうやって二ヶ国語表記になってます。
c0207698_23442268.jpg

ドッビアーコの町からまたしばらく車を走らせ、ものすごく高い通行料金(22ユーロ!!)を支払い駐車場へ向けてさらに車を走らせたわけですが、到着した場所、標高2,333mにある駐車場の周りは雪だらけでした(>_<) どうも前日に積もったようです(涙)。
c0207698_23475287.jpg

これはAlpendohle(和名:キバシガラス)という鳥かしら?観光客にえさをねだってました。
c0207698_2353372.jpg

でも幸いなことに、風は全く吹いてなかったので、寒さはそこまで感じることはなかったです。ここからトレ・チーメまでの登山路が始まりますが、道幅も広いし、傾斜もそんなになく歩きやすそうでホッとしました。
c0207698_23551092.jpg

普段はこの道を多くのマウンテンバイカーも走ってるそうですが、さすがにこの日はその姿は見えません。
c0207698_23565846.jpg

下界の眺め。下の方は太陽が照ってて暖かそう・・・。
c0207698_23574884.jpg

途中たくさんの高山植物を見かけましたが、雪に埋もれててなんだかちょっとかわいそうでした。それでもけなげに花を咲かせるお花たちです(その他のお花は、最後、畳んで別にアップしてます)。
・Sumpf-Herzblatt(ウメバチソウ) (Parnassia palustris)
c0207698_004053.jpg

途中、かわいらしい鳥さんが私の横を通過しました^^
c0207698_011853.jpg

そしてまだまだ歩きます。途中、けっこう多くの日本人観光客に会いました。やはり日本人には有名な場所なんでしょうか?
c0207698_043111.jpg

そして山小屋に到着!わりと簡単に到着できてよかった~と思ってたら・・・、
c0207698_062475.jpg

ここから見えるのは、トレ・チーメの”裏側”からの姿でした(涙)。ということで、ここから先、細い登山路が始まります・・・。
c0207698_075569.jpg

この道が、雪がべちゃべちゃになってて滑りやすくてけっこう怖かったです(汗)。ストックを持ってくればよかったとちょっと後悔。
c0207698_0103230.jpg

それでも何とか無事に、トレ・チーメを見渡せる場所に到着しました!万歳!!この絶景が見たかったのです~!
c0207698_011297.jpg

このトレ・チーメの周囲を歩くコースもあるのですが、私たちはまたカルスの村まで戻らないといけないし、どちらにしろそういったコースは私たち向きではないので、しばらくこの景色を堪能した後、下山を開始しました。
山小屋までの下りの道は、歩きやすそうな別の道を選んだのに、そこも雪が積もってて滑りやすくてちょっと怖かったです(涙)。
c0207698_0183375.jpg

こちらはおまけ画像。帰り、ドッビアーコの町で軽く食事をして帰りましたが、店内にあった猫の置き物です♪
c0207698_0192167.jpg

今回の登山路で見かけたお花を↓に畳んでアップしてます。お時間のある方はよかったらどうぞ♪



今回、たくさんのお花を見かけましたが、そのうち、印象に強く残ってるもの、珍しいものなどを中心にアップしますね。

・Bach-Steinbrech(イエロー・サクシフリジ)、 (Saxifraga aizoides) ユキノシタ科
c0207698_028324.jpg

こちらもユキノシタ科のお花。名前はちょっと分かりません。
c0207698_029244.jpg

・Blaugrüner Steinbrech(ブルーグリーン・サクシフリジ) (Saxifraga caesia) ユキノシタ科
c0207698_0302192.jpg

このお花も名前が分かりませんでしたが、かわいらしいので気に入りました♪
c0207698_031458.jpg

・Stengelloses Leimkraut(コケマンテマ) (Silene acaulis) ナデシコ科
c0207698_0325161.jpg

・Dolomiten-Fingerkraut(チゴキンバイ) (Potentilla nitida) バラ科
c0207698_0342529.jpg

・Wimper-Nabelmiere (Moehringia ciliata) ナデシコ科
c0207698_0371150.jpg

こちらは名前は分かりませんが、トレ・チーメを見渡せる所にたくさん咲いていました。
c0207698_0375388.jpg

・Herzblättrige Kugelblume (Globularia cordifolia) オオバコ科
c0207698_0385733.jpg

・Gelber Alpen-Mohn(ミヤマヒナゲシ、タカネヒナゲシ) (Papaver alpinum) ケシ科
c0207698_0402882.jpg

[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2011-08-07 00:41 |
<< 東チロル旅行記・その3、植物の... | ページトップ | 東チロル旅行記・その1、プラス... >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin