クリスマス市、続き
12月10日、追記:ここの記事の画像がうまく表示できない現象がおきてるみたいです。この記事のアップ後、私の方では問題なく見れたのですが、今、私自身も見られない画像が何枚かあります。
ということで、この記事の下↓に画像だけアップしました。うまく見られない方、よかったら下の方で画像だけご覧ください。

12月11日、追記:画像を全て入れ替えてみました。全部見られる様なので、↓の画像のみの記事は削除しました。


昨日、「今日は暑かった!」「雪が全部融けた!」とか言ったばかりだったのに、今朝起きたら外はまた真っ白でした。
c0207698_201951100.jpg

でも、気温が零度をちょっと超すくらいなので、そこまでの寒さは感じません。
c0207698_2020310.jpg

昨夜風がとても強くなり、今朝は一時的に収まってましたがまた今も時折強い風が吹くようになりました。太陽の姿もなく、朝の10時くらいでも↑のような薄暗~い写真になってしまいます。

-----------------

前回の記事の続きです。

遅いランチは、通りにあるレストランの中へ入りました。まずはビールで喉を潤します。外は寒いけど、乾燥で喉がすごく渇いてたし、レストランの中は十分に暖かいので、このビールがとても美味しく感じました。
c0207698_20203879.jpg

左は私が食べたソーセージとザウアークラウト。やはり大きい街の店で食べるよりとても美味しい!右は相方が食べた豚肉料理(下も上もポテト)。
c0207698_20204728.jpgc0207698_2020597.jpg

相方の料理を少し分けてもらいましたが、これがウマウマ!ただ、量がものすごく多かったので、私がこれを注文せずによかったです。
それでも・・・、ああ、この豚肉は日本の豚バラみたいに塩と胡椒だけが一番美味しく食べられるのにねぇ・・・などと思ってしまうのです。こっちでどんなに美味しいものを食べても、「日本の調理の仕方が一番」と思ようになってしまった私は、「なんでここでこんなソースになるの~」と心の中で思ってしまうのです。いかんなあ^^;

調理場を挟んで奥の方はビールの醸造所になってて、ここの雰囲気もなかなかよかったです。
c0207698_20211893.jpg

私が写真を撮ってたら、このカウンターの近くで一人で飲んでたおじさんが「あっちの方には醸造釜があるよ~」などと教えてくれたのですが、店を出る時に、このおじさんが私に何か言ったんです。でもよく分からなかったので適当にお別れしたら、相方が、「”サヨナラ”って二回日本語で言ってたよ」ですって(汗)。ああ、おじさん、すみませんでした、分かりませんでした(汗)。

外に出てみると、人の数も増えてきてました。
c0207698_20213619.jpg

c0207698_2021482.jpg

c0207698_2022087.jpg

猫の雑貨もいくつか発見!これは蜂蜜の蝋燭。
c0207698_20221083.jpg

これは庭に刺す飾りかしら?
c0207698_20222177.jpg

ここにも猫が。奥のおばさんが機械で名前や柄を彫ってありました。
c0207698_202233100.jpg

猫柄のレープクーヘンもありました~。
c0207698_2022453.jpg

c0207698_20225996.jpgクリスマス市にはつきもののグリューワイン(スパイス入りホットワイン)も飲みましたが、なんと、カップが昨年のもの^^;
ということで、カップの預かり料金はたったの1ユーロでした(通常、2ユーロくらいはとられます)。

暗くなる前に自宅に戻ることにしました。
c0207698_20231275.jpg

帰り、アウトバーンに入る前は、こういった光景の中を走りました。
c0207698_20232329.jpg

c0207698_20233414.jpg

やはりクリスマス市は寒くないと盛り上がりませんね。
また別の場所を訪れる機会があったらアップしたいと思います!
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2010-12-09 23:18 | お出かけ
<< やはりビビリなままの太郎、でも... | ページトップ | 小さな町のクリスマス市 >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin