大きい犬じゃなければ立ち向かう!?
今日は相方が残業オーバーを利用しての休みだったので、いろいろとすったもんだの末、またまた湖に行きました。予想最高気温は24度となってたし、朝の太郎とのお散歩時はかなり肌寒くも感じたので、私は泳がないという条件で。でも、泳ぐ前、現地の駐車場に到着して車から降りた瞬間、ちょっと頭に来るような一言を言われ、私、カッチーーン!と来て、そのまま「帰る!」と言って一人で帰ってきちゃいました♪
来た道、アウトバーンをそのまま歩いて帰ろうかと思ったけど、それじゃあ警察に捕まっちゃうと思って、トウモロコシ畑の横の車道をトボトボと駅方面へ。気温はそんなになかったけど、アスファルトの上、怒りで頭から湯気が出てたんで、暑かったーー!!

駅で電車を待ってたら、私の横で何か気配を感じたので見てみると、一匹の犬がいました。その犬、”Besuchshund(=訪問犬)”と書かれたハーネスを着けてました。
訪問犬??何の訪問??と思って見てたら、周りの人も不思議に思ったのか、犬の飼い主さんに「これ、何なんですか?」と聞いてたので横からその会話を聞いてみると、これから老人ホームを訪問して、犬との触れ合いを楽しんでもらうことになってるが、中に入るにはこのハーネスを着けてないと入れない・・・とのことでした。「この犬、芸もするんですよ~」と言って、その場で後ろ足二本で立ったりの芸を見せてくれました。犬はとても嬉しそうで、飼い主さんも、「これがこの子の仕事なんですけど、この子、楽しんでやってるんですよ~」と言ってありました。
犬と一緒に老人ホームを訪ねて犬がお仕事、いいですね~。またまたここでも、動物が癒しの対象になってることを実感しましたよ。

さて、昨日の夕方のお散歩中でのことです。
太郎がとあるものをじーーーっと見つめてます(相方がリードを持ってます)。
c0207698_23314031.jpg

視線の先にいるのはこの子です。飼い主さんは奥のベンチで休憩中でした。
c0207698_2342813.jpg

犬がさらにこっちへやって来ようとして、どうしようか考え中の太郎。
c0207698_2349875.jpg

実はこの直前、カメラを持ってなかったのでその時は撮影できなかったんですが、私がこの犬を発見したので、相方に、「犬がいる!リード無しだから気をつけて!」と言ったのに、相方は、「危なくなりそうだったら抱えて逃げるから」と言ってそのままそこに留まるんです。
危ないよー・・・と思ってたら、なんと、太郎、毛を逆立たせながら犬に向かって歩き出したんですー(汗)。
もう、びっくり・・・。大型犬だったらすぐに逃げますが、いくら小さい犬が相手だろうと、立ち向かうのは危険。わー、危ない・・・!と思ってたら、太郎、いきなりつま先立ちになって背中を丸め、全身の毛を逆立たせて「フーーーッ!!!」と怒り出したんです(>_<)
そこで犬は近寄ってくるのを止め、太郎の方をじーーっと見つめてました。その後ワンワン吠えてたけど、太郎はちょっと後退しただけ。そして私はカメラを自宅から取ってきて、写真のような光景になりました。
お隣に住んでるワンコが同じくらいの大きさなので、それで慣れてしまったのか・・・。犬の方が吠えなければ別にいいんですが、うちの近所には猫を見るとワンワン吠えて追い回す子もいるので、なーんか怖いんですよねぇ。吠えてこなくても、太郎がこんな感じで「シャーーッ!」って言ってしまうし^^;
この時は相方がいたのでよかったですが、とりあえず、私一人の時は犬にはまだまだ注意したいと思ってます。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2010-07-19 23:59 |
<< ネコチャンと遊びたい太郎、でも・・・ | ページトップ | またまた頂いてしまいました~ >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin