今期初のハイキングは大失敗
前回の記事でも書いたとおり、オフ会の前日、私と相方は、とある山に登ってきました。
数年前から二人でよく山に行ってるんですが、最初はとても苦だったハイキングも、お花の写真をいろいろと撮影し始めてから楽しめるようになってきました。そして、山小屋での食事もいつも楽しみ。眺めはもちろんですが、今回もその二つを楽しみに出発しました。

しかし!その当日、7時半に起床して朝食とって、太郎のお散歩もちゃんとやって…とやってたのに、自宅を出発したのは相方のせいで10時半過ぎ。「山に行くには遅過ぎよっ!!」と文句言ったら、「今日は天気予報では夕立はこない。夜も9時過ぎまで明るいから大丈夫」と相方は言います。それはそうだけど・・・とは思いつつ、心の中は不安。そして、現地に到着する前、まだアウトバーンを走ってる最中にものすごくお腹がすいてきました。リュックには一応バータイプのミューズリーを何本か持って来てるけどこれでは足りない。なので相方に、「アウトバーン降りてスーパーが見えたらすぐにそこに停めて」とお願いしました。

しかし・・・、ドイツの田舎に行ったことのある方はご存知かもしれませんが、スーパーなんてそんな所には一軒もありゃしない。ましてここはドイツ、コンビにもありません(涙)。
相方が、「自分のバナナをあげるよ」と言ったのを聞いて、「えっ、自分の分しか持ってこなかったの!?」と、ムッカーー!ときました。

車を停めて、靴を履き替えたりして準備してたらもうすぐお昼(涙)。「ランチ食べてないよ!こんな状態で歩くのはありえない!」と言えば、「バナナあげるよ」。あたしゃ猿か!!

駐車場には既にたくさんのお花が咲いてました。
左手前はナデシコ科の花、真ん中はハマウツボ科の花、右のはちょっと分かりません(汗)。
c0207698_22322517.jpgc0207698_22323551.jpgc0207698_22325044.jpg

「ねえ、あっちの道じゃない?」と私が言うと、相方、「いや、こっち」と言うのでそこに行けば、その脇の道では牛がの~んびりと休憩中。
c0207698_22343498.jpgc0207698_22344712.jpg

しかし!この道はやはり間違い033.gif ・・・引き返すことになりました(涙)。

最初は川沿い、そして、その後は石がゴロゴロした道をひたすら歩くことになり、景色はいまいち状態。こういうコースは私はあまり好きではありません。
c0207698_22382274.jpgc0207698_22383491.jpg

その後大きめの道に出ましたが、マウンテンバイカーがひゅんひゅん下って行くのを見て、「私も連れてって~~」な気持ちになりました。
あまりのお腹のすきように、見えてくるのは食べられそうなものばかり・・・。
左はギョウジャニンニク、右は、たくさんあったスギナの中から見つけた、まだほんのちょっとだけつくし状態のもの。
c0207698_22413833.jpg c0207698_22415385.jpg

c0207698_22443420.jpgこれは食べられません・・・。
通常の5倍くらいの大きさはあったカタツムリ。

歩き続けて約2時間半(涙)、最後の最後にものすごく傾斜の大きい道が待ち構えてました(大泣き)。ふらふらになりながら歩きましたが、下りの人とすれ違う時だけは変な風に見られないようにシャキッ!として足を速めました。
そしてついに、景色がいい所に出てきました~!
c0207698_2248194.jpg

そして数分歩くと、目的地の山小屋が見えてきました!空腹状態で3時間、770m登りました・・・(山小屋がある場所は標高1,327mの場所)。
c0207698_22502977.jpg

さあ、遅いランチを楽しむのよ!と思い、山小屋で早速メニューを見てみると、やはりそこは山小屋、たいしたメニューはありません(それは分かってたけど・・・、涙)。ということで、無難な、ウィーナーソーセージ入りのレンズマメのスープを注文したのですが、このスープ、なんか全然暖かくない!ソーセージも冷たい!!
普通だったらそこですぐに文句も言うのでしょうが、とにかくお腹に何か入れなければ・・・の気持ちが強かったので、すぐに食べてしまいました。ああ、食事だけを楽しみに登ってきたのに(涙)。

食事が終わってすぐに外に出て、お花を撮影しました。
左から、バターカップ(キンポウゲ科)、リンドウ科、サクラソウ科の花。
c0207698_22583170.jpgc0207698_22584453.jpgc0207698_22585717.jpg

登りに3時間もかかったので、いくら遅くまで明るいとはいえ、下りを急ぎます。下りは別のコースを歩いたんですが、別のコースに入った途端、なかなかの眺め。
c0207698_2311192.jpg

小川もありました。こういう感じの道はけっこう好き。
c0207698_2324087.jpg

でも、あっという間にこの景色も終わりで、また眺めの悪い森の中を延々と歩くことになりました。
この下りの道がまたまたなんか変な道で、結局、登りと同じでたっぷり3時間かけて駐車場に到着する羽目になりました(涙)。高さは先に書いたように770m登ったんですが、距離は、往復で合計18キロ歩きました(>_<)

駐車場到着の直前、放牧されてた馬に草をあげて喜ぶ相方。右の馬はなかなか小屋から出てきませんでした。
c0207698_2375498.jpgc0207698_2381410.jpg

帰りの車の中、行きと同じ様にまた、「スーパーあったら停めて~~」と言ってたんですが、そこにはやはりスーパーはなし。ただ、見えてきたレストランの横でアイスを売ってたので、そこでいったん停まって相方が降りて私の栄養補給分のアイスを一つ買ってきてくれました。
そして自宅に到着したのは8時過ぎ。「太郎ちゃん、遅くなってゴメンね~」と言いながらご飯をあげたのですが、その数分後、太郎はその前に食べてたらしいご飯をぜーんぶ吐き戻し(-_-;)
猫草が見えたので多分そのせいでしょうが、ふらふら状態で大量の吐瀉物を掃除しながら、少しだけ悲しくなった一日でした。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2010-06-08 23:20 |
<< お散歩中止で怒る太郎 | ページトップ | いきなり!初オフ会! >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin