猫は子供の遊び場を歩いたらいけないのか?
今朝起きたら、地面がうっすらと白くなってるのが見えました。もしかして・・・と、シャッターを全部開けてみると、雪が降ってました(-_-;)
この雪はすぐに全て解けてしまいましたが、最近、急に暖かくなったと思ったらまたこうやって急に寒くなったり。4月のドイツのお天気はころころ変わりやすくて本当にうんざりきてしまいます。

それでも周りを見ると春。レンギョウの花の前で。この花の名前、今までずっと知らなかったんですが、先日のsnowdropさんの記事でやっとその名を知ることができました。snowdropさん、ありがとう♪
c0207698_2359025.jpg

うちの庭では、今年もまたラズベリーが芽を出してきました。
c0207698_005849.jpg

最初は5株くらいしか植えてなかったこのラズベリーも、今では4~5倍の量に増えました。ラズベリーは地下茎でどんどん増えていきます。ただ、うちの庭は、以前も書いたようにちょっと掘れば石ころだらけの庭、なので、芽が出でもその後いまいち育ちが悪いのが残念です。

そんな石ころだらけの庭で、今日も作業。太郎が横で興味深そうに覗きに来ます^^
c0207698_05425.jpg

最近なぜこうやって庭作業に精を出しているかというと、住み始め当初から庭の周りにあった植物の育ちを待ちましたが、うちの下が地下駐車場になってて、埋め立ての時に石をたくさん使ってあり、それらの植物が育たない。そして通行人からうちの中が丸見え。ということで、うちで新たに植物を買い、それらが視界を遮るように大きく育つように大きく穴を掘ってるわけです。大きな石のせいで、大きなスコップ(ショベル?)も役立たず、小さいのを使って掘り出したり、大変です。

さて、タイトルにもしましたが、私、ここ数日、太郎のお散歩のことでちょっといろいろ考えてしまったことがあります。
その理由のうちのメインのことが、数日前、この場所で起こりました。
c0207698_0222461.jpgc0207698_0223644.jpg

子供の遊び場です。うちの近辺には、こうやって小さい子供の遊び場があちこちに設置してあります。で、お散歩中、ここを歩いてしまうこともあります。でもそれは、早朝の子供がいない時間です。どっちにしろ、人がいたら近寄りません。
そして、ちょうど画像の場所を歩いてる時に、どこからか声がしました。それはどうも私に言ってるようでした。声がする方を見てみると、一人のジジイ老人男性。上の階からでちょっと離れた場所だったので全ては聞き取れなかったのですが、「猫」だの、「遊び場に…」だのといった単語や、その怒ったような口調から、猫が子供の遊び場である砂場にいることに文句を言ってるんだなってのが聞き取れました。
もちろん私は無視しましたよ。で、散歩を先に進めました。この人、私と太郎がここに時々来るのを見てたんでしょうね。それで待ってたのかも。
猫は外出自由が当たり前のドイツ、うちの周りのご近所猫さん達はしょっちゅうこういった場所を歩いてますし、糞尿もやり放題です(うちの前の砂場でやってるのをよく見かけます)。リード付きの猫がそれをやるのはダメなので、私も気をつけてます。それでもやってしまった場合は、持参の袋に取り出してます(小のみやってしまったことあり)。
それ以前に、猫は、子供達にとって危ない猛獣でしょうか?リード付きなら、猛犬と同じ様に子供の遊び場には行かないようにコントロールされるべき?
太郎のお散歩姿を見て、「猫にリード?」と変な顔で見る人もいますが、幸い、その他の方々は微笑ましく見てくれてるのが分かります。でもこの週末、この一人のジジイ老人男性のせいで、猫のお散歩はいけないことなのかと、いろいろ考え過ぎて気分が悪くなってしまいました。
このジジイ男性、猫が嫌いなんでしょうね。猫の散歩の前に、この周辺、リード無しで大型犬を散歩させてる人がたくさんいますよ?そして、道端にはその犬達の糞がたくさん落ちたままですよ?・・・そっちの方に文句を言ってもらいたいもんです、全く・・・。

長々と愚痴、失礼しましたm(__)m

追記:砂場で用を立たせてるわけではないですし、砂場に入ってしまったら外に出すように気をつけてはいます。ただ、砂場との仕切りの場所の、枠の部分は歩かせてました。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2010-04-11 23:59 |
<< 春の花、春の鳥 | ページトップ | 野生化進行中?&おもちゃの続き >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin