「ほっ」と。キャンペーン
よかったらお読みください
私がブログを立ち上げて間もない頃からご訪問いただいてコメントもよくくださるliliaさん、そのliliaさんのブログ(←クリックするとジャンプします)に動物愛護のことなどが書かれてます。
その中でも、過去の記事にも書かれてあるのですが、とても気になるのが茨城県阿見町の鬼畜ブリーダーの件。
私は海外在住なので、こういった件が日本のメディアでどこまで報道されてるのかが全く分からないのですが、liliaさんの記事を読んで本当にショックを受けました。
私がそのことについていろいろ書くよりも、liliaさんの記事を読んでいただく方が説得力がありますので、皆様、よかったら一度リンク先の方へ行かれて読んでみて下さいませm(__)m

私は今でも日本が大好きだし、日本はとてもいい国だと思ってるのですが、その日本でこういったことが起こってるかと思うと、とても残念な気持ちになります。
多くの方がご存知のように、こちらドイツでは犬猫の店頭販売は禁止されてるし、野良犬、野良猫だって見かけません(長期休暇の前にペットを置き去りにしていく人などの問題は存在するようですが…)。私は日頃ドイツの悪口ばかり言ってるのですが、こういう点に関してだけはドイツもドイツ人もまだまだま捨てたもんじゃないなと思いました。

c0207698_4543223.jpg「よかったら読んでみてにゃ」。(画像はうちでの初日の太郎)。
・・・ドイツの猫からのお願いでしたm(__)m

前回の記事では愚痴を書いてしまいましたが…、ちょっと反省です。だって、世の中にはこんなに不幸な子達がたくさんいるのだから…。あんなことでぐじぐじ言ってる場合ではないですね…。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2010-01-20 04:58 | その他
<< 滑り台を楽しむ猫 | ページトップ | 太郎ちゃん、お疲れ? >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin