早朝散歩
週末はのんびり寝ていたいのに、いつも太郎に起こされます。ニャーとは鳴かないんですが、私の周辺をうろちょろしながら喉から「ルルル~~」みたいな音をいろんなトーンで出して話しかけてきます。それがかわいくて結局起きる私、猫って本当に人を操るのが上手だなぁ…と思ってしまいます。
それにしても今朝の散歩は寒かった!氷点下5度くらいのようでしたが、それ以下に感じました。
c0207698_1385476.jpg

この画像の撮影の後、窓を開けたご近所の方が太郎と私を見て話しかけてくれました。以前は近所の人と話すことなど全くと言っていいほどなかったのですが、最近は、リードを付けてお散歩してる太郎が珍しいのか話しかけてくれる人がたまにいます。近所ではちょっと有名になりつつあるかも…です(笑)。

お散歩の後は、太郎は新しいタワーの一番上まで一気に登って肉球のお手入れ。
c0207698_1452585.jpg

この場所で長時間眠ることはありませんが、時々ここでリラックスしてくれるようになりました。
(後記:今日の夕方から夜遅くまで長時間ここで寝てくれて、相方と私、手を上げて喜んでます!)。
c0207698_1461365.jpg

c0207698_1463055.jpgその新しいタワー、予算オーバーだから…と言ってたのに、結局、一番下にもう一段付け足してしまいました(^_^;)
でもこれでかなり使いやすくなったのか、特に降りる時はこの段を通って降りてるようです。
上る時は、暴れまわってる時はこの段は使わずに一気に上まで行くことが多いです。




前回書いたように、大晦日はスキージャンプの予選を見てきました。この予選は、ドイツ語でVierschanzentournee(4ジャンプ台ツアー)、日本語ではスキージャンプ週間と呼ばれる、年末年始にドイツとオーストリアで行われる4試合で争われるスキージャンプ大会のうちの、ガルミッシュ・パルテンキルヒェンで行われた試合の予選でした。

当日、自宅を出てアウトバーンを走るとかなりの雨。不安を感じながら先へ進むと、アウトバーンを降りる直前付近では雨も降っておらず道も濡れてない状態。南の方の空は真っ黒というわけではないので大丈夫かな?とちょっと期待が持てました。
c0207698_244417.jpg

↑ドイツの最高峰、Zugspitze(ツークシュピッツェ、2,962m)も右奥に見えてます。

自宅を出て約1時間後、会場に到着。会場内からの入り口付近の様子です。
c0207698_2482066.jpg

あまりかわいくないドイツのとあるテレビ局のマスコットが会場内にいて記念撮影に応じてました。
c0207698_250147.jpg

c0207698_2494771.jpg

公式練習が始まる前には到着したのですが、既にテストジャンパーの方が次から次に飛んでました。
c0207698_2533872.jpg

思ったよりも人が少なく、選手が通る目の前の位置を確保することができました。
c0207698_2513665.jpg

有名(たぶん)選手達の画像をいくつかご紹介します。
ポーランドのアダム・マリシュ選手。けっこう愛想がいい方でした。
c0207698_2561149.jpg

スイスのシモン・アマン選手。彼もとても愛想がよかったです。
c0207698_2575034.jpg

ドイツのマルティン・シュミット選手。ドイツのテレビ局のインタビュー中です。
c0207698_355963.jpg

オーストリアのトーマス・モルゲンシュテルン選手。サイン入りのカードを配ってたので私もしっかりいただきました♪
c0207698_305485.jpg

こちらは現役は引退されてますが、オーストリアのアンドレアス・ゴルトベルガー。当日はテストジャンパーと、オーストリアのテレビ局の解説をしてました。とても愛想がよく、私とその隣にいた日本人を見て、「JAPAN?コンニチハ!」と言ってくれました(笑)。彼からもサイン入りのカードをいただきました。
c0207698_335244.jpg

日本人選手。手前は葛西紀明選手。後ろは栃本翔平選手。
c0207698_385051.jpg

予選後、サインに応じてくれた葛西選手。
c0207698_3102864.jpg

全てを見終わって会場を後にし、駐車場に向かってたら、大会関連者用の駐車場から選手達の車が出てるのが見えました。駐車場の入り口に立ってた係のおじさんに相方が「日本人選手達はもう帰った?」と聞いたら、「たぶんまだだと思う。中に入って見てきていいよ!」と言ってくれたので中へ。するとそこには日本人のスタッフの人と選手達が…!!ってことで、無理やり一緒に写真撮影に応じていただきました!
遅れて来たとある選手とは二人だけで撮影していただき…、非常に興奮してしまった私でした(笑)。たぶん、選手達からは、「なに、このおばさん?」と思われてたことだと思います(^_^;)
撮影が終わってお礼を言って帰ってたら、中に入っていいと言ってくれたおじさんが、「撮影、成功した!?それはよかった!!」ととても喜んでくれ、そっちの方でも嬉しくなってしまいました(笑)。
観戦中は時々雨が降ったりでいまいちの天気でしたが、あまり気にならない程度。この日は夜の花火はうるさかったけど、いい感じで一年を終えることができ、本当に大満足の一日でした。
[PR]
Top▲ | by alpenkatze | 2010-01-04 03:24 | 猫&いろいろ
<< 白の次は黄色…(涙) | ページトップ | あけましておめでとうございます >>
"pink valentine" Skin
by Animal Skin